CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main | 2013年01月»
2012年の助けあいジャパン 3つの変化 [2012年12月31日(Mon)]

こんにちは、代表の野田祐機です。
今年も残すところあと少し。もう12時間切りましたね。


さて、今年助けあいジャパンは大きな変化の年となりました。
震災から2年、いろんなことが進んできています。今日は、今年最後のブログとして大きくかわった3点をご紹介します。


1.助けあいジャパン 公益法人へ
20121210_懇親会資料.043.jpg

今年のトピックで一番大きいのは、助けあいジャパンが一般社団法人から公益社団法人にかわったことです。
震災後の夜に立ち上がった助けあいジャパンは昨年夏に一般社団法人化、今年の3月23日には公益法人に認定されました。
立ち上がりから1年での公益認定を受けたのは異例の早さだそうです。
し・か・も! 
申請書を書いて1ヶ月程度で認定されたのも異例の早さだったそうです。

公益法人だからこそできる事業やメリットもあります。
その反面、公益法人だからこそやるべき情報公開、財務情報の透明性と組織として責任を持って対応すべきことは多いです。
公益のために活動する。そのために法人としてきちんと仕組みや組織を整えてきたのが今年のポイントだと思います。



2.宮城県、福島県からの事業委託、事業も徐々にスタート
レンジャー.jpg

377643_372252779510050_262457245_n.jpg

今年の三月には宮城県からの事業委託、その結果を受けて6月には福島県からの事業委託を受けました。現地からの情報発信をする、情報レンジャーがスタートしました。

また、きっかけバスやつぎへのそなえなど、事業も徐々にスタートしてきました。
去年はWebでの情報発信が主だったのですが、Webとリアル、東京と東北といった二つの軸での活動もスタートできてきました。

そして、復興支援の中で得た知見をもとに、次の災害にどう備えるべきか? という議論も進み、第一弾として「つぎへのそなえ」というサイトもオープン。
来年は情報を拡充させていく予定です!



3.代表交代、理事体制の強化

さとなおさんと自分.jpg

3番目は自分ごとですいません(笑
7月1日に、創始者のさとなおさんから私に代表のバトンが託されました。21歳の若返りで、若いやつがんばれよ! という意味も込めての世代交代です。詳細はさとなおさんのブログ

実はこの代表交代は一つの形であって、大きいポイントは理事体制を確立させたところにあります。
これまでのさとなおさん、石川さんを中心とした体制から、違うメンバーが入ってそれぞれに役割をもって組織をつくることを意識しての体制の強化だったのです。


最後に
1,2,3に共通していることは、公益法人としての体制を作りはじめたこと。
これが助けあいジャパンの今年の大きな変化です。

組織の話になると内向きになりがちですが、その中で東北で25名の雇用も生みました。
これまでのボランティア中心の運営から有給職員も入った運営になってきたのです。


急に新しいメンバーが増えると組織の体制、ルールを作るのが手一杯だった感は否めません。
視点が東北、内部よりになってしまい、東京で情報を見てもらっている方、これまでボランティアで手伝っていただいた方にとっては、あまり見えづらい一年だったかもしれません。


そういうこともあり、実はこのブログもスタートしています。
もっとオープンに、もっとみなさんに必要な情報を届けるために、来年は現地の情報と合わせて助けあいジャパンの活動情報もオープンにして行く予定です。

現時点では助けあいジャパンの説明のページも修正され、新しく公益法人助けあいジャパンのページも作成しています。 


団体として、ようやく体制が固まったこの1年。イロイロと進んできた反面、まだまだ出来ていないことが多いです。色んな方にサポートしていただいて、今の助けあいジャパンがあると実感しています。
改めて今年1年おせわになった皆様、寄付や物品提供をいただいた企業の皆様、本当にありがとうございました。

来年2013年も被災地に寄り添って、息長く活動していきますので、今後も宜しくお願い致します。 
では、今年も残り数時間ですが、みなさま良いお年を。
今年食べた東北のおいしいもの [2012年12月28日(Fri)]

こんにちは。サイト運営担当の新海@静岡です。

すっかり暮れも押し迫ってきましたね。
それなのに仕事も部屋も全く片付いておらず、だんだん焦ってきていますあせあせ(飛び散る汗)

さて、
水曜日の板谷のブログ記事にもありましたが、先日24日に東京国際フォーラムで行われた『げんき咲かそう!ふくしま大交流フェア』に私も参加してきました。
静岡で行なったのと同様、現地でレンジャーが撮影した動画を放映する担当として、福島県広報課ブースにお邪魔させていただきました。

朝早くにきれいな富士山を眺めながら静岡を出発し、国際フォーラムへ新幹線
来年の大河ドラマ「八重の桜」の出演者たちも登場することもあってか終日、大盛況となった会場。

fukushima_daikouryuukai.jpg

「双葉町の人が映った!」とつぶやきながら、動画をじーっと見つめていた小学生の女の子がとても印象的でした。
またしてもたくさんの笑顔に会って、とっても元気がもらえた一日となりましたぴかぴか(新しい)

会場をゆっくり見て回る時間はそんなになかったけど、片づけ前のラスト30分でいろいろなブースを回って情報収集。

『みんなのアクション』に掲載するイベント情報や、『旅して応援』に掲載するツアー情報、ふるさと納税制度など、今後のサイトリニューアルに向けて掲載できそうなものなどなど。
(今週、早速掲載したものもいくつかありますよ♪)

そして、外せないのが何か美味しそうなおみやげ。
物産展へ行ったら、何か買わずにはいられない私。今回も福島の珍味を2点ほど購入。

なかなか現地まで行くことのできない人にとっては、被災地のいろいろな物をお取り寄せで買うことも、気軽にできる応援の一つですよね。
※助けあいジャパンサイト『買って応援』<コチラ>

今年を振り返ってみると、実にいろいろな東北のおいしいものを食べましたよ。

東北の食.jpg

陸前高田のバウムクーヘン、福島の桃、いかにんじん、カリント饅頭、コーヒー牛乳、南三陸のホタテ、珍味いろいろ、女川カレー喜多方ラーメンバーガー
どれもおいしく楽しくいただきました。

その中でも一番ヒットだったのは…

助けあいジャパンの懇親会で食べて、少し余ったのを持ち帰った『伊達の銀麹漬け』かな。
鮭の身が大きいうえにイクラも入った麹漬け。食べごたえがあって、ご飯のおともに最適手(グー)

でも、記者発表の試食会にお邪魔して、帰って速攻で注文した『デカプリホ』も捨てがたいなぁ。
身がプリプリで大きくて、お刺身とコキールと両方楽しませていただきましたるんるん

東北は本当においしいものがたくさんありますよね。
来年もいっぱい食べて応援したいと思います!

それでは、今年一年、お世話になりました。
来年もまた、助けあいジャパンと被災地への支援をよろしくお願いします。


かわいい上の写真の中でお取り寄せ可能な商品かわいい
・(福島県)カリントまんじゅう
 http://www.sweets-sakai.com/wagashi.html
・(福島県)いかにんじん
 http://www.sakyu-iizaka.com/ikanin.html
・(岩手県)夢の樹バウム
 http://www.securite.jp/shopping/309/
・(宮城県)デカプリホ
 残念ながら完売のためふぞろいのプリプリホタテ
 http://store.shopping.yahoo.co.jp/oisix-y/sc1-5472.html
・(宮城県)たこわさび、昆布イカ、伊達の銀麹漬け 牡蠣佃煮
 http://store.shopping.yahoo.co.jp/sanriku/2d5aea5a5eb.html
仕事も身の回りも棚卸し! [2012年12月27日(Thu)]

おはようございます。
田中美咲@福島県いわき市です!

クリスマスは、野田代表のブログにも載せていただいたように
クリスマスツリーになって、仲間たちと渋谷でやっているシェアハウスでパーティーをしていましたクリスマス

クリスマスが終わり、もう年末!そしてすぐ年越しですね。
年末年始、みなさんはお仕事の棚卸しや
お家の中の大掃除をはじめているのではないでしょうか?


自分の抱えているお仕事を
自分じゃなきゃできない仕事なのか
それって他の方法でできないのか

そして重要度、緊急度軸でわけるなどして、
ごごごっそり棚卸ししていきましょう☆

他にも、仕事だけでなく身の回りの物も♪

私は身の回りの物をクリスマスに久しぶりに帰った実家で大掃除しました。
1年以上使っていないものは捨てる!
というルールと、
いいものを長く使う
と決めた自分へのルールだけ決めて。


するとなんとゴミ袋5つ分!
一人旅をよくするので、本当に生活に必要なものはバックパック1つで済む事はわかっていたけれど、手放せずにいました。。
スクリーンショット 2012-12-26 11.27.09.png

震災があって、
本当に必要な物ってなんだろう、
これって本当に必要なのかな?とよくかんがえるようになりました。

みなさんも、ぜひ、
年末のこの時期に身の回りのものを見渡して、
身を軽くして、2013年をきらきらしていきましょうね♪

福島は雪が積もりだして、どんどん寒くなってきました。
みなさんも風邪には気をつけてくださいね!
引き続き、助けあいジャパンを宜しくお願い致します。
げんき咲かそう!ふくしま大交流フェア [2012年12月26日(Wed)]

板谷です。

みなさん、三連休はどの様に過ごされましたか?

わたしは、クリスマスイブの24日に「げんき咲かそう!ふくしま大交流フェアに行ってきました。

ふくしま大交流フェア
ふくしま大交流フェア

ふくしまの元気と魅力を発信する首都圏最大のイベントが東京国際フォーラムで開催されました。

県内外から80近い団体が出展し、福島の特産品の展示販売や木工体験、移住相談を行われました。

助けあいジャパンは福島から情報レンジャースタッフがイベントの取材に入りました。
取材した動画は後日、情報レンジャー@福島のサイトにて公開されるので、ぜひご覧ください!
http://inforanger.tasukeaijapan.jp/fukushima/

IMG_20121224_112414.jpg
福島県広報課の梅宮さんに取材する情報レンジャーの鈴木隊員西澤隊員、新しいユニフォームデビュー戦でした。

フリース.jpg
新しいフリースのユニフォーム

ふくしまの食をPRするグルメコーナーでは、県内の郷土料理やB級グルメが勢揃い。

B級グルメ.gif
有名どころの喜多方ラーメン・円盤餃子・なみえ焼きそば・会津ソースカツ丼など勢ぞろいで、みんな長蛇の列でした。

IMG_20121224_114329.jpg
ご存知ですか?「白河だるまバーガー」わたしは、白河高原清流豚カレー風味カツの方をいただきました。うまかったっす!混雑する前にゲットしました。


キビタン写真.gif
復興シンボルキャラクター「キビタン」可愛いんだけど、想像より大きい。

大混雑の会場内を移動するのに苦労してました。

キビタンの部屋っていうホームページもあるんですよ!
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=32018


キビタン以外にもたくさんのゆるキャラが集合してて、子供たちが大喜び!


こんなイベントがあると県内外に避難している方々は、積極的に参加されているようです。

助けあいジャパンがモニターに取材動画を流していたら、「あっ、この人知ってる。元気だったんだぁ」と東京に避難している方が、喜んでくれました。

情報レンジャーが取材した動画をもっともっと広くみなさんに見てもらえるようにしなければ!



こんな便利グッズがあるなんて! [2012年12月25日(Tue)]

こんにちは。新沼です。
今、北上での打合せの帰りの新幹線の中でこの記事を書いています。新幹線の中が本当に暖かくていいです。外は雪が吹雪いているのですが。一緒に来ている野田は「東北をあまく見ていた」と連呼しています(笑)

さて、今回は助けあいジャパンに全く関係ない個人的ブログになりますがご容赦ください。なぜならば、これは本当に画期的で、かつガジェット好きにはたまらないなと思ったものがあります。

で、それが、これ。

DSCN0915.jpg

わかりますか?USB充電式のハンドウォーマー
こうゆうものが出てるなんて知りませんでした。充電すれば繰り返し使えるとは、なんともエコです(本当に?)

DSCN0917.jpg

説明書を読むと、稼働時間は3時間〜4.5時間。参考値にもなりませんが、今日使った感じでは3時間前後といったところでしょうか。そして、バッテリーチャージャーにもなると書いてあります。残念ながら専用のアダプタを使わないといけないため、個人的にはバッテリーチャージャーの用途には使わないと思います。モバイルバッテリーも持ち歩いているので。

災害時には電気を確保することが難しいため、こういった「便利グッズ」はなかなか使えないのですが、普段使いだと本当に便利だと感じました。これからもこういったグッズを探していこうと思います。

十人十色なクリスマスイブ [2012年12月24日(Mon)]

どうも、クリスマスイブいかがお過ごしでしょうか?
代表の野田です。

この三連休は引っ越しをしていて、バタバタしております。
少し風邪も引いてダウン気味。。。いかんいかん、気を取り直してがんばらねば!

さて、クリスマスですがFacebookを見ているとみんながどんな日を過ごしているかが分かりますね。

スタンダードにクリスマスっぽいことをした人も。
163317_401898706556632_1376745955_n.jpg



ケーキもおいしそう!

280548_401661606575649_1485318_o.jpg



こちらはクリスマスなのに餃子!??? 男の子ですね!
(競馬帰りの打ち上げだそうですw)
418055_10200196103523899_96573756_n.jpg


助けあいジャパンの福島のメンバーは今日は東京で取材。
がんばってます!
622759_438859472848692_337413345_o.jpg


ちなみにこの大交流会は福島県のPRや福島県から東京へ避難した方との交流会も実施。
綾瀬はるかさんも参加されて、八重の桜のPRを福島弁でされていたそうです!


また、うちのメンバーの田中美咲ちゃんはシェアハウスで盛り上がっています。
このコスプレにはノーコメントとします(笑 
16797_499218600118337_830915936_n.jpg





東北にみんなでバスでいって、サンタが100人やってきた!という支援をしている人たちも多いみたいです。(遠野まごころネットさん)
77042_403169656430139_1855438566_n.jpg


548680_404095409670897_116659535_n.jpg


現地のNPOで仮設住宅の支援をされている友人の栗村さんはこんな格好。 ステキです。Facebookにこういう写真が上がっていたので和みました。

398639_322943371153931_152329356_n.jpg


314646_183064825172650_548151598_n.jpg

ぼくのFacebookには復興支援をされている方が多いからでしょうが、そんなクリスマスのタイムライン。写真の許可いただいたみなさま、ありがとうございました。



昨年は私も東北にボランティアに行ってきました。今年は別のメンバーが行っています。
クリエイティブの可能性 というタイトルでこれまでに5回続けたツアーです。 今回は初めて福島に入るし、陸前高田のボラセンの閉所式も参加。


はじめて東北にいくメンバーが多いみたいですが、さまざまなことを見て、聞いて、感じて、帰ってきてもらいたいものです。
残念ながら風邪のため、出迎えにはいけず。。。 すいません!




十人十色なクリスマスイブ。
素敵なメリークリスマス東北の被災地の皆様にも届きますように。
さて、ぼくは引っ越しの片付けなんとかがんばります!風邪も気合いで治します!
ボラバスツアーが掲載されるまで [2012年12月21日(Fri)]

こんにちは。サイト運営担当の新海です。
サイト編集や有給スタッフの打ち合わせが重なり、昨日・今日と東京の本部にいます。

今日は冬至。
かぼちゃを食べてゆず湯に入らなくては、、と思うより前にまず私の頭に浮かぶのは「温泉に入るカピバラ

kapibara.jpg
【伊豆シャボテン公園 冬至「カピバラのゆず湯」開催のお知らせ】

毎年の風物詩なのですが、これが思い浮かぶのは静岡県民だけなのでしょうか。。


さて、冬至の話題は一切関係なく、、
今回は助けあいジャパンサイトのコンテンツがどのようにして掲載にいたっているのかをご紹介しようと思います。

助けあいジャパンのサイトには様々なコンテンツがあり、そのコンテンツごとにチームを作って、記事の作成を行い、サイトを更新しています。
そのチームのメンバーは全てボランティアで、本業の合間にいろいろな記事を作成しています。

例えば、
『きょうの政府・省庁情報』は平日毎日
『ボランティアツアー・ボラバス募集状況』は週1回
『復興状況マップ』は月1回
と常に新しい情報を震災以来、出し続けています。

この中から、ボラバス募集状況が更新されるまでの流れを簡単に紹介します。

volunteerbus.gif

このコンテンツは、ボランティアツアーを探していて、利用して初めて助けあいジャパンを知ったという方も多いようで、サイトの中で大事なコンテンツの一つとなっています。

1.毎週月曜日に掲載希望状況のチェック(ボラバスページの掲載希望フォームにてツアー情報を随時受付)

2.前週の掲載一覧から終了したツアーを削除。古い日程の修正。新規依頼ツアーの追加。

3.更新した一覧をチェックし、ボランティア作業のないものは『旅して応援』の訪問de応援!!として掲載。

4.新規掲載のツアー内容と主催者がわかるような文章を作成。

5.更新した一覧をデータに変換し、サーバにアップロード

6.サイトに掲載された内容を確認し、作業完了ぴかぴか(新しい)

この作業を4人で分担して毎週やっています。
作業を細かく分けて分担することで、仕事を持っている方が自分の空き時間に手伝いやすい形となっているのです。

それぞれのできる分野をできる時間の範囲でお手伝いしてもらう…こうして助けあいジャパンのサイトは日々、新しい情報を発信することができるのです。


かわいいボランティアツアー募集状況は<コチラ>
かわいい旅して応援・訪問de応援!!は<コチラ>
福島支部の怒濤の立ち上げ [2012年12月20日(Thu)]

こんにちは!
田中美咲@東京麻布十番です新幹線

先週から、怒濤の移動スケジュールです!
横浜(実家)→渋谷(シェアハウス)→埼玉県加須市(避難所)→福島(福島支部事務所)→いわき市(いわき市役所)→埼玉県加須市(避難所)→麻布十番(東京本部!今ココ)


選挙のこともあったり、来年の準備などでドタバタしていますが、
ふと考えると、7月から立ち上げの担当責任させてもらった福島支部がもう半年が経ったんだと気づきました。早い!!

それはもう、限界を超えて怒濤の立ち上げでした笑

★怒濤の立ち上げの2ヶ月の流れ★
7月11日  サイト担当の新海さんと助けあいジャパンに正式に入らせてもらって
7月12日  福島支部の採用準備をはじめ
7月18日  採用募集開始をし
7月25,26日 面接をし
7月28,29日 最終面接をし
7月末にはメンバー17名が決定。福島支部にすてきな仲間が入ってきてくれました!
みんな、入ってきてくれて本当にありがとうございます!!!

8月1日  研修開始@飯坂温泉
8月6~10日 岩手から福島まで東北3県の被災地を巡る4泊5日のバス研修
-お盆休み-
8月13日~ カメラワークや動画編集、キャッチコピー講座など超豪華講師たちによる研修2週間
8月最終週 各地にてOJT研修

そして9月からは本格的に活動が始まりましたひらめき
------------------------------------------------------------------


入社してくれた福島のみんなには怒濤の研修でパンク状態だったでしょう。。
そして、今も常に変化する組織である助けあいジャパンに着いていくのもそうですし、
その変化を自分のものにするのにすごく大変だと思います。

私自身も忙しすぎて、初めてのことばかりで、
何も準備されていないところからフルスピードでがむしゃらにやっていたので、
知恵熱を出して倒れたのも思い出しました笑
それもいい思い出ですわーい(嬉しい顔)

そんな福島支部も20代前半から60代の経歴も経験も違う18名のメンバーが揃い、
情報レンジャー@福島はもう既に200本以上のコンテンツをアップし、
ふるさとの絆電子回覧板は避難者の方や県庁の方からも必要としていただいています!!

そして、福島支部は18名のメンバーだけではなく、
たくさんの方々のお力を借りて成り立っています。
連携していただいている団体・自治体


これからも、助けあいジャパン福島支部は
福島県民であるメンバーが決めた
ふくしまの宣言に向って走っていきますので宜しくお願い致します☆
福島支部宣言.png



<助けあいジャパン福島支部>
〒960-8141 福島県福島市渡利番匠町56-5 テラス18 107号
TEL:080-6826-9961(福島支部事務局)
ブログ:http://tjfukushimashibu.seesaa.net/
メール:misaki@tasukeaijapan.jp
復興庁『ボランティア・公益的民間連携班』ほか [2012年12月19日(Wed)]

2012年も最終コーナーで、まだまだやることいっぱいあり焦っている板谷です。

わたしが助けあいジャパンに事務局長として働くようになって1年と少しが経ちました。

助けあいジャパンもわたしも多くのボランティア・サポーターの皆さまに支えられている。
ありがとうございます!!!

fukkoucho.gif
助けあいジャパンは復興庁連携プロジェクトとして活動をしています。
(復興庁から金銭的サポートは受けておりません)

復興庁の組織に『ボランティア・公益的民間連携班』があり、助けあいジャパンから
わたしもメンバーとして月2回のミーティングに参加しています。

このチームの役割は、震災後時間が経過する中で、ボランティア活動に対する地域のニーズが
多様化している中、ボランティア活動のニーズとその果たしている役割は依然として大きいこと
から、NPOやボランティア団体等の自主性を尊重しつつ、その活動を円滑にするため、
NPO等への情報提供、及びNPO等との連絡調整を強化することです。

昨日(18日)「年末年始に向けたボランティア団体等へのメッセージ」を発表しました。

『年末年始も「孤立」を防ぐ多様なプログラムを』

これは助けあいジャパンのサイトにも「支援のヒント−復興庁からのメッセージ」として掲出しています。
hint_title.gif
上席政策調査官田村太郎氏の口述メッセージの文字起しにボランティアもみんなが協力してくれました!

kantei.gif
また、首相官邸サイトにも『冬休みの復興応援特集』を発信しています。
何かできることはないか、と思っているみなさまへ。この冬にできる復興応援まとめ。

この中には助けあいジャパンのコンテンツへのリンクもされています。

「ボラツアーで、東北へ行こう」・・・ボランティアツアー・ボラバス募集状況
volunteerbus.gif

「助けあいの入り口」・・・何かしたいという方向けに、支援の内容別に情報をまとめ
iriguchi.gif

被災地に行ってボランティア活動をする・観光に行く。被災地に行かずに支援・応援をする。

いろんな支援・応援の方法があるので、自分のできる支援・応援もあるはずです。

東北を忘れない。続けることが大切。頑張りましょう!


【お知らせ】
・助けあいジャパンでは「助けあい復興サポーター」を募集しています。東日本大震災の情報を継続して発信するため、そして、次に起こるかもしれない震災への備え「つぎへのそなえ」を継続するためにも、ご協力いただきますようお願い申し上げます。
http://mp.canpan.info/tasukeaijapan/



ページェントのように、根付いた活動に [2012年12月18日(Tue)]

最近、日中帯はそんなに寒くない仙台から、おばんでがす。新沼です。

方言について詳しく知っている訳ではないのですが、岩手では「おばんでが【ん】す」と「ん」が入るようです。確かに私もその方がしっくりきます。そんなことを書きたくて夕方の更新となりました。(←すみません、言い訳です。)

さて、12月の仙台といえば「SENDAI光のページェント」ですよね。定禅寺通りのケヤキ並木をLEDでデコレーションするので、ライトアップするときれいな光の木々が浮かび上がります。クリスマスシーズンなので、カップルやら忘年会に参加する社会人やらでとても賑わうそうです。そして車も渋滞するとか。

そんなイベントも、昨晩は雨のせいか混雑していませんでした。宮城支部から徒歩7分程度。折角なので帰りがけに近づいてみました。

DSCN0823.jpg

雨の中のページェントもとてもきれいですね。会社帰りで私のように撮影している方が何名もいらっしゃいました。

初日には情報レンジャーがこの点灯式を取材しました。レポートはご覧になりましたか?
光のページェント点灯式|宮城県仙台市.png
【光のページェント点灯式|宮城県仙台市】

先日、ある懇親会で知ったのですが、実はこのイベント、1986年から継続して行われているそうですが、その運営は実行委員会を中心とした市民ボランティアによって行われているそうです。運営資金も助成金は使っているものの、その多くが企業や市民の寄付だとか。本当にこの活動が地域に根付いたものになっていることを知りました。

多くのボランティアのみなさんのご協力で活動を維持している助けあいジャパン。私たちの活動も防災という取り組みが根付く活動をしていきたいと思う機会になりました。


<お知らせ>
助けあいジャパンへの寄付ができるようになりました。東日本大震災の情報を継続して発信するため、そして、次に起こるかもしれない震災への備え「つぎへのそなえ」を継続するためにも、ご協力いただきますようお願い申し上げます。
http://mp.canpan.info/tasukeaijapan/
| 次へ