CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« web新海綾子 | Main | コミュ野村謙次»
わたしたちにできること [2013年01月24日(Thu)]

スクリーンショット 2013-01-21 9.29.15.png

おはようございます。
田中美咲@福島です。

写真は、左が福島民報(福島県の新聞)、右が日経新聞(2013/1/21分)です。
他にもいろいろ新聞見ていますが、わかりやすいのでこの2つをピックアップさせてもらいました。

福島県の新聞では除染の問題、賠償金のこと、区域再編のこと、
他にも様々な東日本大震災に関係する諸問題について一面に出ています。
これはこの日のものに限らず、です。

それに比べて、全国紙や海外のnewsでは東日本大震災関係の情報はほとんど載っていませんあせあせ(飛び散る汗)
※時々記載されますが、福島県内の新聞と比べると格段と少ないです



これは新聞に限ったことではなく、
認知度や意識レベルに関しても県内外では異なると言えることは、
県外にいらっしゃる方はご存知でしょう。

除染に手抜きがあったこと、
双葉町の町長が辞任したこと、それがどんな意味があり、これから何が起きるか、
まだ仮設住宅や避難所に住んでいる人がいること
放射能から子供を守るために活躍するお母さんたちがたくさんいること
避難されている方々のためにがんばっている役場の方々がたくさんいること
復興・復旧の前に、未だ被災中であること
ご存知でしたか?
スクリーンショット 2013-01-24 0.12.02.png


すべてがいっきに変わることはないし、
物理的な距離が情報の距離になることも
事実としてしょうがないことだとおもいます。

ただ、一人一人の意識を高め、被災地に向けること
復興は進み、問題が解決する一歩になると思っています。


「決定権」は私たちになくても、
「知る責任」「考える責任」はあるし、
意識あるところには人が集まり、集中します。



今一度、被災地に目を向け、
小さくても正しい情報を、「今」を、シェアすることから始めませんかexclamation&question
同じ国で生きるものどうし、助けあっていきませんか?




★毎日更新!現地の「今」を動画でアップしています!
 →情報レンジャー@福島

★日本、世界中のみんなの活動をまとめています!
 →みんなのアクション

★復興にかかわるすべての人に読んでほしい情報です!
 →きょうの政府・官庁情報
世界に旅立つその前に [2013年01月18日(Fri)]

おはようございます。
助けあいジャパン福島支部の田中です!

私の大学の時の友達で、
これから世界一周をする男の子が福島にボランティアにきてくれました。
スクリーンショット 2013-01-18 14.16.55.png

震災からもう少しで3年目にはいります。
東北にいると震災に関しての情報が入ってくるけれど、
東京や関西にいては気にしなければ入ってこないという状況があります。

彼のブログでもこう記載されています。
-----------------------------
福島が現在進行形で被災“中”である、という認識は、
(大変恐縮だが)こちらに来るまで持ち合わせていなかった。

風化が進んでいないと言えば嘘になる(と思う。)
マスメディアから流れてくる原発や放射能、
除染に関する情報を対岸の火事として眺めていたのは
きっと僕だけではないはず。

-----------------------------
http://ameblo.jp/teishiryokurunner/entry-11450349154.html


いろんな対立や、想いがある。
そんな中で自分はどうしたらいいかを考えて
こうして行動に繋げる人がいてすごくうれしくおもいました。

すべては福島の復興のために。
これからの日本のために。

自分は何ができて、何を提供できるのか。
助けあいジャパンとしてもそうですし、
東京と福島の間で活動している中でできることを考えていきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<助けあいジャパンサイト コンテンツ紹介>
■きょうの政府・省庁情報
http://tasukeaijapan.jp/?cat=3
■みんなのアクション
http://mincoco.tasukeaijapan.jp/


※修正※
2013/1/18に修正しました
×3年になります→○3年目に入ります
福島私の町プレゼンテーション [2013年01月11日(Fri)]

おはようございます。
福島の田中美咲です!

昨日は助けあいジャパン福島支部で「私の町プレゼンテージョン」を行いました。
名称未設定.png
写真は助けあいジャパンフリースを着ているみなさんの凛々しい後ろ姿

福島支部の一つとして“ふるさとの絆電子回覧板”という事業を行っております。
福島県沿岸部の8市町村から避難されている方々のために
タブレットやフォトフレームを配布し、情報発信をするもので、
各市町村に担当者が常駐し情報収集から発信まで行います。

今回はそのメンバーのみなさんが、担当している市町村の現状や課題、
そして常駐先である広報課や復興支援関係の担当者のみなさまの紹介を行いました。


各市町村、同じ“ふるさとの絆電子回覧板”という事業を行っていても、少しずつ状況や出来る事出来ない事が違います。
被災した状況も、抱える課題も異なるのでとても勉強になりました。


名称未設定.png
野田代表から今後の福島支部の体制の発表や、
今後の活動についての共有もされました。

3年目を迎える被災地で私たちが何が出来るのか考え、
そしてより現地の声を聞き現地にあった活動をしていく。
福島では福島県民であるメンバーが被災者の立場としても考え、生活し、活動もしています。
一層福島の復興のために気を引き締めて活動していきたいと思いました。


福島、雪が積もって地面も凍結しています。。
お越しになる方は気をつけてくださいね!

これからも助けあいジャパン福島支部を何卒宜しくお願い致します!
沖縄TIMES! [2013年01月03日(Thu)]

みなさま2012年は本当にありがとうございました。
2013年も宜しくお願い致します。

私は今、沖縄に来ています晴れ!!!

541741_503943912979139_1644406530_n.jpg

小さい頃から鍵っ子(※学校から帰ってくるときに家に両親がいない子は自宅の鍵をもっている)で、
大学から親元を離れて京都の大学、社会人になっても仕事が忙しくて毎日終電に・・・
という生活をしているので親に会える時間が本当に少ない。

親も親で、土日も休み無く働いているので本当に会えないんです><!
特に今年は私が東北に行く事が多くなり、家にも帰らないのでほとんど会えていません。

でもまあ、みんな仕事がレジャーになっているので全然辛くはないんですけどね黒ハート
大変なことも、苦しい事もあるけど、全て考え方次第!
全てが意味のあることなんだな〜と思っています。


そこで!うちの毎年の恒例行事として
@年末年始は家族で2泊3日の旅行をする
A年越しは父方の祖父母の家で親戚全員が集まって話す

というルール?がいつの間にか出来ていました!


雪は降っていないけれど、
沖縄寒い!!!
寒さから逃れてきたはずなのに〜
でも、波の音を聞きながらPhotoshopの練習したり、ちょっと仕事したり、本読んだり、
癒されました^^*
317938_503947906312073_97424478_n.jpg
お父さん、お母さん、いつもありがとう。


2013年も助けあいジャパンを宜しくお願い致します!
そして、東北の復興を、少しでも進ませられるように、
小さくても正しい情報を避難者のみなさんに届けられるように邁進していきます。

自分自身も、より人間らしい生活を、より女性らしく、
心からの美しさをもてるようにしていきたいと思っています。

引き続き、何卒宜しくお願い致します。
仕事も身の回りも棚卸し! [2012年12月27日(Thu)]

おはようございます。
田中美咲@福島県いわき市です!

クリスマスは、野田代表のブログにも載せていただいたように
クリスマスツリーになって、仲間たちと渋谷でやっているシェアハウスでパーティーをしていましたクリスマス

クリスマスが終わり、もう年末!そしてすぐ年越しですね。
年末年始、みなさんはお仕事の棚卸しや
お家の中の大掃除をはじめているのではないでしょうか?


自分の抱えているお仕事を
自分じゃなきゃできない仕事なのか
それって他の方法でできないのか

そして重要度、緊急度軸でわけるなどして、
ごごごっそり棚卸ししていきましょう☆

他にも、仕事だけでなく身の回りの物も♪

私は身の回りの物をクリスマスに久しぶりに帰った実家で大掃除しました。
1年以上使っていないものは捨てる!
というルールと、
いいものを長く使う
と決めた自分へのルールだけ決めて。


するとなんとゴミ袋5つ分!
一人旅をよくするので、本当に生活に必要なものはバックパック1つで済む事はわかっていたけれど、手放せずにいました。。
スクリーンショット 2012-12-26 11.27.09.png

震災があって、
本当に必要な物ってなんだろう、
これって本当に必要なのかな?とよくかんがえるようになりました。

みなさんも、ぜひ、
年末のこの時期に身の回りのものを見渡して、
身を軽くして、2013年をきらきらしていきましょうね♪

福島は雪が積もりだして、どんどん寒くなってきました。
みなさんも風邪には気をつけてくださいね!
引き続き、助けあいジャパンを宜しくお願い致します。
福島支部の怒濤の立ち上げ [2012年12月20日(Thu)]

こんにちは!
田中美咲@東京麻布十番です新幹線

先週から、怒濤の移動スケジュールです!
横浜(実家)→渋谷(シェアハウス)→埼玉県加須市(避難所)→福島(福島支部事務所)→いわき市(いわき市役所)→埼玉県加須市(避難所)→麻布十番(東京本部!今ココ)


選挙のこともあったり、来年の準備などでドタバタしていますが、
ふと考えると、7月から立ち上げの担当責任させてもらった福島支部がもう半年が経ったんだと気づきました。早い!!

それはもう、限界を超えて怒濤の立ち上げでした笑

★怒濤の立ち上げの2ヶ月の流れ★
7月11日  サイト担当の新海さんと助けあいジャパンに正式に入らせてもらって
7月12日  福島支部の採用準備をはじめ
7月18日  採用募集開始をし
7月25,26日 面接をし
7月28,29日 最終面接をし
7月末にはメンバー17名が決定。福島支部にすてきな仲間が入ってきてくれました!
みんな、入ってきてくれて本当にありがとうございます!!!

8月1日  研修開始@飯坂温泉
8月6~10日 岩手から福島まで東北3県の被災地を巡る4泊5日のバス研修
-お盆休み-
8月13日~ カメラワークや動画編集、キャッチコピー講座など超豪華講師たちによる研修2週間
8月最終週 各地にてOJT研修

そして9月からは本格的に活動が始まりましたひらめき
------------------------------------------------------------------


入社してくれた福島のみんなには怒濤の研修でパンク状態だったでしょう。。
そして、今も常に変化する組織である助けあいジャパンに着いていくのもそうですし、
その変化を自分のものにするのにすごく大変だと思います。

私自身も忙しすぎて、初めてのことばかりで、
何も準備されていないところからフルスピードでがむしゃらにやっていたので、
知恵熱を出して倒れたのも思い出しました笑
それもいい思い出ですわーい(嬉しい顔)

そんな福島支部も20代前半から60代の経歴も経験も違う18名のメンバーが揃い、
情報レンジャー@福島はもう既に200本以上のコンテンツをアップし、
ふるさとの絆電子回覧板は避難者の方や県庁の方からも必要としていただいています!!

そして、福島支部は18名のメンバーだけではなく、
たくさんの方々のお力を借りて成り立っています。
連携していただいている団体・自治体


これからも、助けあいジャパン福島支部は
福島県民であるメンバーが決めた
ふくしまの宣言に向って走っていきますので宜しくお願い致します☆
福島支部宣言.png



<助けあいジャパン福島支部>
〒960-8141 福島県福島市渡利番匠町56-5 テラス18 107号
TEL:080-6826-9961(福島支部事務局)
ブログ:http://tjfukushimashibu.seesaa.net/
メール:misaki@tasukeaijapan.jp
インターン&ボランティア募集@福島! [2012年12月13日(Thu)]

おはようございます!!
田中美咲@福島ですぴかぴか(新しい)

福島は雪が積もって、すごく寒いです><!
福島に来る高速バスは雪で渋滞。
予定より1時間遅れで到着しましたあせあせ(飛び散る汗)

さてさて、
助けあいジャパン福島支部では
インターン&ボランティアを募集しています!!!

221990_450097335030464_2123623803_n.jpg
↑写真は福島支部の夏の研修が終わった後の集合写真♪


え、インターンでなにするの!?
ボランティアってたくさん運動するの!?
って思った皆さん、過去に来てくれた子たちから聞いたメリットを大発表しますexclamation×2


<<助けあいジャパン福島支部に来るメリット>>

No.3 カフェのような事務所で集中して考えられる
助けあいジャパン福島支部は、人の繋がりで部屋を紹介してもらえたり、
家具はいただいたものや自分たちの家からもってきたものばかり。
福島県各地のパンフレットや除染についての資料なども置いてあります!
公益社団法人助けあいジャパンは、たくさんの方の協力のもと活動させてもらっています。
416875_467133559993508_391965752_n.jpg
↑ちなみに手前がわたし

No.2 立ち上がったばかりの組織にジョインできる
起業したい学生や、マネージメントを学びたい人は新しい学びがあると思います。
“会社”ではないからこそ上から下に情報が流れるのではなく、
全員に「共有」する。下から上に「提案」するチームです!
317184_476524892387708_468531585_n.jpg

そして・・・・




1位は!!!!!


ジャン!

No.1 福島県民・被災者であるメンバーから話が聞ける
福島の事、東北のことを話している人はたくさんいるけれど、
実際に現地で体験した人たちの話を聞けるのはすごくいい機会だと思います。
放射線のこと、除染の事、避難状況や、各市町村ごとの違いなど、
ネットで調べる机上の空論だけでなく、現地のみんなにたくさんきいて学べる!
普段聞けないような事も、聞けちゃうかも!?
247214_467919423248255_115144955_n.jpg
↑芋煮会の様子


これまで、某人材系会社の内定者や、大学生、起業していて福島でも事業をやろうとしている方、世界一周に行く人などなど、
たくさんの方々が福島支部に来てくれ、外からのアドバイスをたくさん残していってくれました揺れるハート



みなさんありがとうございます!!!


助けあいジャパン福島支部では、
事務所の隣に助けあいジャパンシェアハウスも常設しているので、1泊1,000円で宿泊も可能です♪

★シェアハウスにあるもの★
タオル・バスタオル・調味料・キッチン・お布団セット×5・洗濯機etc...
長期もOK! 食材を買ってくれば調理して節約も♪


ぜひぜひみなさん、助けあいジャパン福島支部にお越し下さいるんるん


<ボランティア・インターンについての質問や応募はこちら>
MAIL : misaki@tasukeaijapan.jp

<福島支部ブログもあります>
http://tjfukushimashibu.seesaa.net/
日本最後の避難所で [2012年12月06日(Thu)]

おはようございます!!!
助けあいジャパン福島支部プロジェクトマネージャーの田中美咲ですぴかぴか(新しい)

現在わたしは、
助けあいジャパン福島支部の事業の一つである「ふるさとの絆電子回覧板」事業で
担当している福島県8市町村の一つ『双葉町』の役場、埼玉支所で活動しています!

双葉町の埼玉支所は埼玉県加須市にある旧県立騎西高校を避難所として設置した場所で、
同じ場所に役場機能・住居スペース・給食所やお風呂などがまとまっています。
598479_490390204334510_1494960659_n.jpg

---------------------------------
■ふるさとの絆電子回覧板
原発20km県内の8市町村(南相馬市、葛尾村、大熊町、浪江町、双葉町、富岡町、いわき市、楢葉町)の県内外にいる避難者に向けてキャリア3社のフォトフレームやタブレット端末を配布し、
電子回覧板として運用するというもの。
各役場に回覧板担当者を配置することでより現地に近い情報と役場サポートができる。

名称未設定.png
↑こんな感じ♪
---------------------------------

唯一の役場機能の県外避難、そして避難所ということもあり
今回の衆議院選挙に関して、課題がたくさんありました。

@選挙に役場の人員がさけない
役場の方々は復興関係のお仕事や行政サービスでフル稼働しているため急遽開催となった選挙に人員がさけない状態
A候補者の顔がみえない
選挙ポスター掲載は県内だけなので避難所のみんなは新聞でようやく顔が見れる。
B候補者埼玉までは来ない
県内の各所避難先にまわるので手一杯で県外避難者のもとへは来てくれない
C1と2のこともあって、投票への情報が少なすぎる


避難所の人達も、この選挙に対してもやもやがあり、
「勘だよね」「しょうがねえよな」と諦めの声をよくききます。

「候補者の人が、いわき回るのでも一苦労なのに埼玉まではいけないとか言ってたんだと。そりゃそうだよな〜あきれちゃう」と
避難所にあるカフェのお姉さんや、避難所のおばあさんは口を揃えていっていました。


ただ、まだまだ課題はあるものの、
埼玉県加須市の職員が人的サポートをして選挙を円滑に行えるように図ってくださり、
避難所1Fの下駄箱前にも投票所が作られました^^
481597_490390151001182_1368330822_n.jpg
一昨日も、期日前投票の説明をするという校内放送が流れていましたし、
すこしづつではありますが、期日前投票をする方の姿も見受けられます。

この選挙がどんな意味をもち、
どのように変わるのか、
今後の見通しがついていない中で双葉町、そして避難所の方はなにをおもうのか。


これからも、双葉町の避難所の事も含め、
助けあいジャパン福島支部のレンジャーページに情報をアップしていくので
ぜひみなさん見てくださいね晴れ
→http://inforanger.tasukeaijapan.jp/fukushima/←


では、これから神戸に行って
阪神淡路大震災から学ぶ東北の復興のあり方と、非営利組織としてのあり方合宿をしてきます!!
全国の助けあいジャパンの有給スタッフがそろう珍しい機会なので楽しみ!

引き続き、助けあいジャパンを宜しくお願い致します☆

助けあいジャパン 田中美咲