CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 代表野田祐機 | Main | 理事板谷慎司»
【レポート】釜石にて、情報発信勉強会(沿岸交流会)を開催しました [2013年06月26日(Wed)]

こんにちは。理事の新沼です。

昨日は東京に日帰りで行ってました。早朝から東京に向けて移動していたのですが、盛岡駅で達増拓也岩手県知事をお見かけしました。早速突撃で「いわて三陸 復興のかけ橋」プロジェクトの状況を1分ほどでお話させていただきました。知事の注目プロジェクトにもなっているこのプロジェクト、岩手支部のメンバー、そして協力をお願いしているいわて連携復興センターのみなさんとともに頑張って進めています。

さて、このプロジェクトでは岩手県沿岸地域での交流会を開催することも事業内容のひとつとなっており、昨日6月25日に釜石市内にある岩手大学三陸復興推進機構釜石サテライトで開催しました。

sate_build.jpg
<写真:岩手大学三陸復興推進機構ウェブサイトより>

この施設に我々岩手支部釜石サテライトのメンバーも机を置かせていただき、釜石エリアを走り回っています。

当日は岩手県沿岸広域振興局やNPO団体の方々にご来場いただきました。

新沼からは情報発信の重要性や出し方について、岩手県政策地域部政策推進室特命課長の鎌田様からは「いわて三陸 復興のかけ橋」プロジェクトの概要についてご説明いただきました。

1002953_139018569632453_2077711844_n.jpg
<発表する私>

11486_139018622965781_450122120_n.jpg
<発表いただいた岩手県 政策地域部 政策推進室の鎌田特命課長>

また、いわて連携復興センター事務局長の葛巻様からは今のいわて連携復興センターの活動紹介、岩手大学三陸復興支援機構釜石サテライトの田村様からは三陸復興推進機構が行なっている水産復興の取り組みや釜石サテライトでの研究内容の紹介をいただきました。

IMG_4827_s.jpg
<話す大船渡エリア担当の中野氏、板書するいわて連携復興センターの葛巻事務局長>

質疑応答では情報発信については、ソーシャルメディアでの情報の出し方や情報リテラシーの低い方にどのようなアプローチを行えばいいかといった、情報発信の困り事について質問いただきました。

懇親会では、岩手県産株式会社運営の「らら・いわて」で社員の方にご紹介いただいた県内でコラボレーションによりうまれたお菓子を食しながら、情報交換をさせていただきました。

7750_139018792965764_538692974_n.jpg
<岩手県産が扱う、昆布バー(普代村)、塩麹クッキー(宮古市)、鮭の中骨かりんとう(盛岡市)>

1044739_139018896299087_218913732_n.jpg
<懇親する参加メンバー、スタッフのみなさん>

この「いわて三陸 復興のかけ橋」プロジェクトでは本年度4拠点各2回の沿岸交流会を開催していきます。来月7月も行いまずので、詳細が決まりましたらお知らせします。ぜひご参加ください!
マッチングは沢山の想いを実現するお手伝い。〜岩手での取り組み〜 [2013年06月10日(Mon)]

こんにちは。理事の新沼です。

岩手での受託事業「いわて三陸 復興のかけ橋」プロジェクトも4月15日の始動から1ヶ月半経ちました。私からすると怒涛の1ヶ月半です。(現在進行形) 各所との調整、メンバーのフォロー、業務の具体化etcとあらゆることをやっていますが、これが垂直立ち上げの感覚なんだと感じながら、取り組んでいます。

復興支援ポータルサイト「いわて三陸 復興のかけ橋」

さて、このかけ橋プロジェクトですが、大きく3つの軸を持った事業です。

1.マッチングの促進
これまでは物資支援マッチングが主なマッチングになっていましたが、物資フェーズの変化に伴い、産業系へのフェーズアップも含め、現地に潜在する支援ニーズを引き出してきます。また、助けあいジャパンの東京側のネットワークも含めた県内外からの支援提案とのマッチングを行います。

2.情報発信と蓄積
潜在する支援ニーズを県内外に発信するだけではなく、支援マッチングの進み具合や復興の進み具合をレポートしていきます。助けあいジャパンの主要事業である情報レンジャーの経験を活かし、岩手から全国に「現在」を動画、静止画、テキストで伝えていきます。

3.ネットワークの構築、強化
情報交流のアメーバ的ハブとなり、行政、企業、NPO等活動団体、そして現在開催されているネットワーク会議をつないでいき、情報交流の促進を行っていきます。その一手段として沿岸や東京で交流会を開催していきます。

沿岸4拠点(久慈、宮古、釜石、陸前高田)を中心に沿岸エリア全域を現地採用のメンバーが走り回り、取材・ヒアリング活動を行っています。

助けあいジャパンが行うことでの強みは、
・インターネット、ソーシャルメディアを活用した情報発信力
・東京本部を持ち、首都圏とのパイプを持った提案ができること
・東北3県での事業を通じて、他県の様子も共有できること
が挙げられます。

この事業、一番の期待はやはりマッチングにあります。過日5月31日、岩手支部の全体ミーティングに岩手県庁の特命担当課長にご参加いただき、想いをお話いただきました。「マッチングは沢山の想いを実現するお手伝いをする仕事」と仰られていたのが印象的でした。実現できることできないことはありますが、強い想いを持って実現したいと相談くださる方に向き合って実現のお手伝いをしていくと、完了した時には病みつきになる仕事です、と。私を含めたメンバー全員が岩手出身であり、岩手LOVEなメンバーです。このメンバーでこの仕事ができること、本当に嬉しく思ってます。

全体ミーティングでお話いただく岩手県庁担当者

これを読んでくださったみなさんにお願いします。ぜひこんな支援ができる、したいということがありましたら、ぜひご連絡ください。モノからコトまで、お話をお伺いさせていただきますので、よろしくお願いします。

<お知らせ>
・助けあいジャパン チャリティメルマガを発行中!ぜひご登録をお願いします!!
http://www.mag2.com/m/0001595640.html
河北新報社のウェブサイトで連載を担当します [2013年05月28日(Tue)]

こんにちは。理事の新沼です。

この度、河北新報社さんのウェブサイト「オピのおび ふらっと弁論部」の執筆者の1人として、連載を担当させていただくことになりました。

opi_banner.gif

このコーナーの説明をすると、、、(転載しますw)
「オピのおび」は「オピニオンの帯」。東北から発信した意見が、太い帯となって世界に広がっていくようにとの願いを込め、「東日本大震災」から半年となる2011年9月11日、新たなオピニオンサイトを立ち上げました。
東北在住の執筆者たちが、ある時は震災からの復興プランやこどもたちの未来について、ある時はそれぞれの専門領域を生かして、メッセージ性に富んだブログをつづっていきます。河北新報社が運営します。

とのこと。つまり、「東北在住」で「情報発信」、しかも「岩手」も担当しているということでお声がけ頂いた次第です。河北新報社さん、ありがとうございます。

みなさんがご存知の情報レンジャー@宮城を事業として開始するにあたり、多大なご協力をいただいた関係者のひとつが河北新報社さんです。以来、情報の連携や交流をさせていただきながら、情報レンジャーを運営してきました。

その御縁でこのような機会をいただけて光栄です。

更新は概ね月1回ペースを想定しています。現地で感じたこと、見たことを中心に更新していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

リンク:はじめまして!助けあいジャパンの新沼です。 : オピのおび ふらっと弁論部 / 河北新報


<おしらせ>
助けあいジャパン チャリティメルマガを発行中!ぜひご登録をお願いします!!
http://www.mag2.com/m/0001595640.html
情報レンジャー号、岩手に。 [2013年04月13日(Sat)]

情報レンジャー号 in 岩手

こんにちは、理事の新沼です。

最近は私は岩手にいる時間が大変多くなりました。打ち合わせや採用活動、ご挨拶などで県内を飛び回っています。


ん? 打ち合わせや採用活動?


そうです!実はこのH25年度、岩手でも活動をさせていただくことになりました。詳細は別途ご紹介させていただきますが、岩手の未来をつくりあげるお仕事に参加させていただきます。

採用活動をするにも、岩手県はとても広い。岩手人な私でも思います。(もっとも、最近は飛び回るのが当たり前になってきていて感覚が麻痺してきているのも事実ではあるのですが・・・)その採用活動を支えるのが「情報レンジャー号」。福島支部に配備されていた2台のレンジャー号のうち1台が今、岩手県内を走り回っています。岩手での事業の仕組みが宮城・福島と異なるので、情報レンジャー号で取材先にお伺いすることは少ないのですが、私達の活動を伝えるため、情報レンジャーが岩手県内も走ります。

もし見かけることがあれば、ぜひみなさんに「見たよ!」とシェアいただけると嬉しいです!

被災3県はそれぞれ、様々な特性をもった課題に直面しています。助けあいジャパンはその課題に地元でもともと活動されていらっしゃる方々とも連携しながら、課題解決に挑戦していきますので、引き続き、ご支援をお願いいたします。

<お知らせ>
・「復興の状況を一通で」助けあいジャパンチャリティメルマガ、頑張ってます。ぜひご登録をお願いいたします。
登録サイト → http://www.mag2.com/m/0001595640.html
メルマガチームのご紹介 → 「助けあいジャパン メルマガチーム

・助けあいジャパンへの寄付にご協力をお願いします!東日本大震災の情報を継続して発信するため、そして、次に起こるかもしれない震災への備え「つぎへのそなえ」を継続するため使わせていただきます。
登録サイト → http://mp.canpan.info/tasukeaijapan/
自分がインタビューをして気をつけていること [2013年01月30日(Wed)]

こんにちは、理事の新沼です。

先日久々に取材に同行することがありました。レンジャーと共に行動して取材風景を見ていると情報レンジャーの頼もしさを感じます。


情報レンジャーの取材風景
<先日の「復興ものづくり交流会 in 石巻」での取材風景>

同行の際は私がインタビューさせていただくこともあります。インタビューを受けてくださる方の思いや考えをシンプルに引き出すことの難しさに気づかされます。

以前、私たちの活動を取材したいと仰ってくださる方と事前にお会いした際に、「インタビューするときに気をつけていることは何か」という話題になったことがあります。情報レンジャー@宮城は、今現地で頑張っている姿を発信することをミッションとしています。では、その姿を発信するために気をつけていることは何か。私が気をつけていることをまとめてみました。

▼まずはどんどん話していただくこと
インタビューをしていると調子が乗ってきていろいろ話してくださいます。その中には本当に貴重で学びになる話題も多くあります。そのような話題に巡り合えるよう、たくさん話していただくようにしています。

▼元気、勇気を伝えられる話題を探すこと
お話いただく中で嬉しかったことや元気が出たことを話題にしてくださる方もいらっしゃいます。また、活動の中で元気や勇気を持っていただきたいと考えている方も多くいらっしゃいます。そうした方々がどのような元気、勇気を伝えていきたいのかを考えながらインタビューをしています。

言葉遣いや失礼がないように配慮することは当然として、その他の注意点は多く持っていません。インタビューのプロの方からするとまだまだと思われるかもしれませんが、現地の人が・現地の言葉や目線で・現地の様子を伝えるという点ではとても大切なことだと信じています。

これからも継続して情報レンジャーが今の現地の様子を伝えていきますので、ぜひご覧になってください。
「情報レンジャー」が少しずつ浸透し始めた気がする [2013年01月22日(Tue)]

こんばんは。理事の新沼です。

このところ情報レンジャーを取材したいという素晴らしいお話をいただくことが増えてきました。「助けあいジャパン」の名前を知らなくても「情報レンジャーは知ってる」という方にもお会いすることがあり、この活動が少しずつ浸透していることを実感することがあります。

ところで、ふと「情報レンジャーが知られて嬉しいことは何か?」という疑問が湧いてきたので、自分なりに考え、まとめてみたいと思います。

▼情報を扱うチームとして必要とされる
情報レンジャーはご存知の通り、取材した内容をインターネットを介して発信しています。被災地支援においては中間支援と呼ばれる部分にあたります。実際に現地に赴いて話を伺うと「情報発信が重要なのはわかるけど、何をどうしたらいいのかわからない」や「支援業務で手いっぱいとなり情報発信まで手がまわらない」といった声を聞く事があります。こうした状況の中で、情報レンジャーが情報発信でお手伝いをしたり、頼られることがひとつの価値になるのではないかと考えています。

▼現地に勇気と元気を届ける
情報レンジャーは現地雇用のメンバーが記者・レポーターとして活動しています。地元のことをより多くの人に伝え、現地の今を知ってもらおうと日々駆け回っているので、その姿から県内外のみなさんに元気や勇気を伝えられる存在として認知いただけると嬉しいです。

もっとないかと考えてみたのですが、書き出してみると2つに絞られてしまいました(笑)とはいえ、情報レンジャーの存在は重要だと信じています。これからも応援をよろしくお願いします。
情報レンジャー@宮城に聞いた、12月の印象深い取材3選 [2013年01月15日(Tue)]

仙台からこんばんは。新沼です。

先週1/11(金)、東京本部の月例懇親会が開催されました。新年最初の金曜日ということもあり、新年会とバッティングしてしまったボランティアメンバーのみなさんも多かったようです。来月は11日が休日になりますので、その前後での開催となります。開催日が決まりましたら、またお知らせします。

今回は情報レンジャー@宮城のメンバー太田和美も参加したので、今月の一本を直接紹介してもらいました。
懇親会で印象に残る取材を紹介する太田
このようなかたちで直接お伝えする機会も大切だと、私も実感しました。

さて、12月分の印象に残る取材を情報レンジャー@宮城のメンバーに挙げていただきました。ぜひ動画+テキストを見ていただければと思います。

【網野、三浦の印象に残る取材】
サンタさんを迎えるために|宮城県亘理町
サンタさんを迎えるために|宮城県亘理町
http://inforanger.tasukeaijapan.jp/report/121210-5/

三浦より>今月は比較的良い取材が多かったです。子どもネタは何度行っても新鮮な気持ちで取材できます。

【太田の印象に残る取材】
大変なのが嬉しい|宮城県七ヶ浜町
大変なのが嬉しい|宮城県七ヶ浜町
http://inforanger.tasukeaijapan.jp/report/121212-5/

太田より>元気なお母さんをみて私も頑張ろうと思いました。

【加藤、坂本の印象に残る取材】
漁師さんの笑顔のために|宮城県村田町
漁師さんの笑顔のために|宮城県村田町
http://inforanger.tasukeaijapan.jp/report/121206-5/

加藤より>漁師さんの為に、船に関する作業を山の中でしている驚きでした。
坂本より>【現場が主役】って言う所にひかれました。コメントのバランスも好きです。


私が印象に残る1本は、以前もここでご紹介した光のページェント点灯式です。
光のページェント点灯式|宮城県仙台市
光のページェント点灯式|宮城県仙台市
http://inforanger.tasukeaijapan.jp/report/121207-2/

この取材は情報レンジャー@宮城で最速の公開になったこと、レンジャーが連携して記事を投稿したこと、この日は地震があって記憶に残る日だったこともありますが、私自身が初めて見るページェントを心待ちにしていたことがあるかもしれません。

ぜひこれらのレポート、そして日々のレポートを情報レンジャーのサイトからご覧下さい。

1月も情報レンジャー@宮城は宮城県内を走り回っています。見かけたら、ぜひ私たち、そしてまわりのみなさんに「見たよ!」とお伝えください。
新年の挨拶まわりはとても興味深いものです [2013年01月08日(Tue)]

こんにちは。理事の新沼です。

先日情報レンジャー@宮城ブログの方にストレングスファインダーについて書いたところ、思いの外反響があったことに私自身驚いてしまいました。何名か実際にウェブテストを受け結果を公開していらっしゃいました。気になる方はその記事をぜひご一読ください。

【よかったら情報レンジャー@宮城のブログもご購読ください!(RSS)】

さて、2013年の2稼働日目に私がしたことは、お世話になっているところへの新年のご挨拶。今日は宮城県庁みやぎ連携復興センターに伺ってきました。急な連絡となってしまったので本当に挨拶と立ち話程度でしたが、話題はやはりこれからの復興に関する動向。先日報道にあった復興推進委員会メンバー刷新についてや、これから3月に向けての活動団体の動向についても、やはり気になる話題です。

ふと気づいたのですが、こうゆう立ち話だからこそ出来る話題ってありますよね。いつものように対面で机挟むような形式的なカタチではなく、立って好きに動けるからこその気楽さで話せる話題が。ふとこれはとても良い事だと思いました。最近立ちっぱなしでの会議というのが流行っているそうですが、なんとなくその大切さを感じました。

おしゃぶりこんぶ
<出していただいたお菓子の中にあったおしゃぶりこんぶキムチの素味。さすがにチャレンジできませんでした(笑)>

また、情報レンジャーが取材した内容についても「がんばってますね!」とご声援をいただきました。年末年始にゆっくりレポートを見ていただいたことで、活動に対する興味を深めてくださった方もおり、改めて情報レンジャーの活動が浸透してきている感覚を感じました。ちゃんとメンバーにも伝えたいと思います。

復興に対する感心が薄まっていく現在、今後更に支援する側・される側の環境が変化していくことが想像できます。私たちの活動が広く、そして多くの方に「復興の現在」を伝え、ひとりでも多くの方に感心を持ち続けていただける活動であれるように今後も取り組んでいきたいと、帰り道を歩きながら思うのでした。

さー、今晩は更に寒くなるという予報の仙台。みなさん風邪等をひかれませんように。
あけましておめでとうございます [2013年01月01日(Tue)]

仙台からこんばんは。理事の新沼です。

あけましておめでとうございます。本年も助けあいジャパンの活動をよろしくお願い申し上げます。

さて、この年末年始、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。助けあいジャパンのメンバーのfacebookのウォールを見ていても、それぞれが有意義に過ごしているようです。私は実家に帰らず、仙台の住まいで、日頃なかなか出来ないことをやって過ごしています。
books.jpg
たとえば、部屋を片づけたり、本を読んだり。

そんな中でもしっかり初詣に行ってきました。
まずは日が変わった頃にお参りに行ったのは東照宮。伊達忠宗が承応3年(1654年)に創建した、東照大権現(徳川家康)を祀る神社だそうです。
東照宮
実際1:00頃に行ったのですが、参拝を待つ人たちは長蛇の列を作っていました。

そして、仙台大崎八幡宮にも行ってきました。
大崎八幡宮への初詣
こちらもまた大混雑。

初詣は一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願するものとされています。みなさんはどんな感謝を捧げましたか?震災からもうまもなく2年。感謝の対象も変わってきているのではないかと思います。私もこの一年の活動を報告し、今年も無事に活動ができるよう祈ってきました。

助けあいジャパンは2013年も精力的に活動して参ります。今年もよろしくお願いいたします。
こんな便利グッズがあるなんて! [2012年12月25日(Tue)]

こんにちは。新沼です。
今、北上での打合せの帰りの新幹線の中でこの記事を書いています。新幹線の中が本当に暖かくていいです。外は雪が吹雪いているのですが。一緒に来ている野田は「東北をあまく見ていた」と連呼しています(笑)

さて、今回は助けあいジャパンに全く関係ない個人的ブログになりますがご容赦ください。なぜならば、これは本当に画期的で、かつガジェット好きにはたまらないなと思ったものがあります。

で、それが、これ。

DSCN0915.jpg

わかりますか?USB充電式のハンドウォーマー
こうゆうものが出てるなんて知りませんでした。充電すれば繰り返し使えるとは、なんともエコです(本当に?)

DSCN0917.jpg

説明書を読むと、稼働時間は3時間〜4.5時間。参考値にもなりませんが、今日使った感じでは3時間前後といったところでしょうか。そして、バッテリーチャージャーにもなると書いてあります。残念ながら専用のアダプタを使わないといけないため、個人的にはバッテリーチャージャーの用途には使わないと思います。モバイルバッテリーも持ち歩いているので。

災害時には電気を確保することが難しいため、こういった「便利グッズ」はなかなか使えないのですが、普段使いだと本当に便利だと感じました。これからもこういったグッズを探していこうと思います。

| 次へ