CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«JAL、メリークリスマスに復興支援の理由   | Main
西へ!東へ! 2014年もよろしくお願いします [2014年01月06日(Mon)]

IMG_3170.JPG


明けましておめでとうございます。
代表の野田です。今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか?

助けあいジャパンも今日からスタート。私は新幹線に乗って岡山に向かっています。


今年のお正月は実家の長崎ですごし、祐徳稲荷神社に行ってきました。自分の名前の祐機はこの神社からいただいて、ゆかりのある神社です。ブログはこちら
今年の運勢は中吉。「ジタバタと焦るな、タイミングを待て」というメッセージをいただきました。


実は去年の11月ごろから感じたことがあります。
たくさんのご縁がきっかけで、新しいことがドーンと進み始めました。
12月に振返ると、なんと!! 8つも新しいことが進んでいました。


これまでの苦労は何だったんだ!?
というくらいに、本当にご縁で一気にものごとが進むのです。8つも策がを準備していたら、あとは一つずつアクションし、タイミングを待つだけです。
そのタイミングが私はせっかちだからいつも焦っちゃう(笑


さすがは神様、よく分かってらっしゃる(笑



ビジョンを持ち、計画を立てながらも、想いもしなかった良い方向に、ご縁がきっかけで進みはじめる。最初は計画通りでもないし、色んなことがドーンと進むのがちょっと不安でした。多分、そういうこともあって焦っちゃうんですよ。


何でこんなに色んなご縁をいただくんだろう?  何か裏があるのかな?? って。
ただ、その時ある人に言われたのが、

「不祥事でつぶれる会社もある。社会に必要とされていない、社会が悪とみなしたものは、一気につぶれる。それは、社会が悪とみなしたものは、自然と排除されるようになっているからです。逆に、社会が必要とされるものは、必ず大きくなっていくもの。

社会が会社の器を決めることなので、変な心配はしないこと

という言葉でした。確か松下幸之助さんも同じようなことをおっしゃってます。

この言葉をきいて、不安がなくなりました。

復興や防災が社会に必要とされているからこそ、いろんなお声がかるようになった。
社会の公器として助けあいジャパンがみなされ始めたからこそ、色んなお話が来るようになったのだと思い始めました。




「公器」にとか、ほんとに私の勝手な勘違いかもしれません(笑
ですが、助けていただけるメンバー、関係者、そして、支援者の皆様、本当にありがとうございます。 


みなさまの復興への想いや期待があるから、今の助けあいジャパンがあります。公益社団法人 助けあいジャパンは、名前の通り、公益のために助けあって復興と防災を進める団体です。 もう一度、原点に戻り「公器」として社会に認めてもらえるような1年にしたいと思います。




先ほど書いた、新しい8つの策はこれから徐々にだしていただきます。
今年はどうぞ、お楽しみに!

そんなことを想う仕事始め。今日は岡山、明日は岩手。西へ!東へ!今年も飛び回ります!
本年もどうぞよろしくお願い致します。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント