CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【レポート】岩手メンバーとともにREADYFOR?の研修と定例会議に参加しました。 | Main | 【レポート】福島支部に初訪問。福島支部スタッフと懇親を深めました。(7月の振り返りです)»
大学生2000人、東北に連れて行きます! きっかけバス47 プロジェクト [2013年08月05日(Mon)]

スクリーンショット 2013-08-05 16.47.45.png


こんにちは、代表の野田です。
今日は助けあいジャパンがやっている、きっかけバス47についてです。


このきっかけバス47プロジェクトは、
来年の311までに47都道府県の大学生が合計2000名がバスで東北へ行き、ボランティアを実施します。


時間はあるけど、お金の余裕のない学生の代わりに、
時間はないけど、お金の余裕がある大人がボランティアバスの費用を支援する。


そんなお互いのニーズをつなげ、東北の復興・震災の風化防止につながるプロジェクトです。
風化防止のプロモーションを兼ねてやってます。

47都道府県を巻込む、復興に改めて関わるきっかけのボランティアバスツアー。
だから、きっかけバス47です。


詳細はこのREADYFOR?のページをご覧下さい。
また、毎日更新しているプロジェクトのブログもぜひ。



本気の若者たち

今回のきっかけバス47は若者、特に学生を対象にしています。
実はこの企画を推進しているのも、助けあいジャパンの大学生インターンの子たち。

トップの写真に写っている白井宏美さん、弥富彬さんを中心に10名の学生インターンの子が活躍してくれています。

活躍どころじゃなくて、本当に真剣! 全員、本気でやってくれています。

東京の事務所にはこれないけど、作業をアメリカから手伝ってくれる子、カンボジアからアドバイスをくれる子。名古屋や大阪からも参加してくれています。

毎週のプロジェクトのミーティングは、Skypeで各地をつなぎ実施。日々のやりとりはFacebookグループでガンガン進める。
これはデジタルネイティブな彼らの世代ならでは。
学生メンバー.jpg



学生に任せ過ぎじゃないかな?? 
おいおい、夜中までSkypeやりすぎだよ。。。 
と自分でも思うくらいに、学生のメンバーが本気でやっています。

このメンバーは、今回と同じように大人が寄付し、東北のボランティアで仲間になった子たちです。

大人が寄付し、学生が東北へ行く。
無料で東北に行った学生は変わります。

最初は学生もタダで東北のボランティアに行けてラッキーくらいにしか思ってません(笑


でも、行くと変わるのです。少し、学生の言葉を借りると

ただ、「東北を見てみたい。」
そんな軽い思いで来てしまった自分が恥ずかしくなるような感じをツアー初日、しばらく抱えていました。

そんな思いを取り払ってくれたのが「ボランティアは自分のためでいい。」
という現地の人のひとこと。それから肩の力がすっと抜けた。

自分も楽しんでいいんだ。僕もここにいてもいいんだ。

東北への関わり方は人それぞれ。いいんです。自分がいいと思う方法で。僕が東北へ行って気づいたのはそういうこと。

そんな大好きな東北が今みんなの意識から忘れ去られようとしている。
それはあかん。みんなに俺の東北の良さを知ってもらいたい。
そんな思いから、きっかけバス47のプロジェクトに参加しました。



これはプロジェクトメンバーの森くんのブログから。
就活も大変。だけど、何か復興支援に関わりたい、自分の経験した事を他の同世代にも伝えたい。 そんな想いで彼はこのプロジェクトに関わってくれています。


大人のみなさんへ

大人が寄付をし、学生が東北へ行く。
何で学生のために大人が金を出さなきゃいかんのだ!? と怒られたこともあります。

で・す・が、 そこは先輩のみなさん、何とかお願いします!


ボランティアも減り、風化も進む。
そこに日本中の学生2000人がボランティに行く。
時間はあるけど、お金の余裕のない学生の代わりに、
時間はないけど、お金の余裕がある大人がボランティアバスの費用を支援する。

お互いのできることで貢献する。
いい話じゃないですか。 こういうのをなんて言うか知ってます??
助けあいって言うんですよね(笑 


正直にぼくは何が何でも東北に人を連れて行きたい。
現地の人が一番不安なのは、被災地に人が来なくなること。忘れられること。
「来るだけでいい、忘れないでほしい。」 いつも東北にいくと言われます。


若者も被災地にボランティアに。。。 って言うと、何だかんだ忙しいだの理由をつけます。
でもね、間違いなく時間はあるはず。 


だから、大人が大声で言ってあげましょうよ。 

ウジウジ悩んで、スマホでピコピコやってるくらいなら、被災地にボランティア行ってこーい!
金は大人が出してやるから、言い訳せずに行ってこーい! 



そんな感じで私は進めています。そんな大人の支援を集めています。


復興3年目、改めて復興に関わる「きっかけ」として。
きっかけバス47プロジェクト、ぜひとも、ご支援、ご協力をよろしくお願いします。


*代表としてもっと背景をちゃんと説明すべきなのですが、書いてたらあまりに長くなったので詳細はこちらのREADYFOR?を。
47都道府県対抗の支援金集めやっています。 ぜひあなたの地元の後輩を東北へ


☆きっかけバス47応援団☆も募集していますので、そちらはどうぞこちらを。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント