CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【レポート】釜石にて、情報発信勉強会(沿岸交流会)を開催しました | Main | 7月です!夏の助けあいジャパン! »
【フォトレポート】岩手支部全体ミーティングに参加しました。 [2013年06月30日(Sun)]

おはようございます。東京事務局の野村です。

今月もあっという間に最終日ですね。
2013年も半分が終わろうとしています。時の流れは本当に早いものですね。一日一日を大切にしていきたいと思いながら、このBlogを書いています。

さて、今日は先日28日(金曜)に岩手県宮古市内で開催した助けあいジャパンの岩手県支部全体ミーティングの模様をレポートします。今回はフォトレポート形式にしてみました。さささ〜っと当日の様子を感じ取って頂けたら嬉しいです。

【はじめに】

改めてですが、助けあいジャパンの岩手支部は下記プロジェクトの事業主体として岩手県から受託をうけております。

■いわて三陸 復興のかけ橋プロジェクトについて
https://blog.canpan.info/tasukeaijapan/archive/61

そしてその一環として6月25日(火曜)には岩手県沿岸部にて沿岸交流会を実施しました。

■岩手県内沿岸交流会について
https://blog.canpan.info/tasukeaijapan/archive/67

そして26日(水曜)、東京から東北を支援したい企業や団体が一同に介したビジネスマッチングイベントも開催いたしました。

■岩手×東京 ビジネスマッチングイベント

130628岩手スタッフ用プレゼン.010.jpg

130628岩手スタッフ用プレゼン.013.jpg

*このビジネスマッチングイベントの様子は7月に改めてBlogにてレポートいたします。

前置きが少し長くなりましたがイベント盛りだくさんの一週間を終えて、前回は盛岡市内(ターミナル駅近く)で実施した動画研修から約10日後、今回は宮古市内(沿岸部)にて全体ミーティングです。今回のテーマは・・・

ずばり、地理的距離が離れたメンバー間の意識と気持ち、プロジェクト全体のビジョンを共有するチームビルディングです。

さて、東京事務局スタッフは朝一番の新幹線に乗り込み、10時頃に盛岡駅到着。東北担当の新沼と合流し、約2時間かけて宮古市へ向かいます。

ここ、とても重要でして、東京から岩手との距離もあるのですが、実は!岩手県内のスタッフ同士も同じ位地理的距離があるのです。


盛岡から宮古まで車で2時間。支部内同士のコミュニケーションも実は電話での「声」でのコミュニケーション、Facebookグループでの「文字」でのコミュニケーション。。。つまり五感をつかってコミュニケーションできる機会はこういった全体ミーティングのような場面しかないのです。大変貴重な機会、前回の動画研修同様、わくわくした気持ちと伝えたいことが山盛りな気持ち、沢山の思いがこもった全体ミーティングとなりました。

とはいえ、まずはお昼ごはん。(笑)
宮古市内の市場内にあるまんぷく食堂へ。

130628_iwate_mtg_03.jpeg

私は初の宮古訪問でした。岩手県といえば!
今はなんといっても”あまちゃん”。

130628_iwate_mtg_04.jpeg

じぇじぇじぇ〜、な
うに丼を贅沢に頂きました。
美味しかった〜!まんぷく食堂様、ごちそうさまでした。

===========

腹ごしらえもできたので会場へ向かいます。

130628_iwate_mtg_05.jpeg

130628_iwate_mtg_06.jpeg

130628_iwate_mtg_07.jpeg

階段を上って2階へ。

130628_iwate_mtg_08.jpeg

今回は13:00〜18:00過ぎまで、約5時間のミーティング。
そして今回は対話がテーマ。話しあえる雰囲気、場づくりを重視しました。

さて会場に。

130628_iwate_mtg_09.jpeg

岩手県庁の鎌田特命課長にもご参加いただくこのミーティング。あえて広々とした会場を手配いたしました。それは対話(ダイアログ)を中心としたワークショップがあるからです。
堅苦しい小さな空間よりもひろびろとした会場を選びました。

前半は岩手各拠点担当と東京事務局からの活動報告です。
メモを取りながら聞く、東京から何ができるか、私もじっくり考えていました。

130628_iwate_mtg_12.jpeg

130628_iwate_mtg_11.jpeg


お菓子や飲み物、事務用品等の物資支援の状況のマッチングニーズから徐々にITサポートやデザインに関する相談、資金調達に関する相談など、ビジネスマッチングの可能性が高いニーズも聞くことができたのが印象的でした。

■色分けした付箋。黄色は物資支援、青はビジネスマッチング系
130628_iwate_mtg_13.jpeg

■司会を務める代表の野田(右)と岩手県庁の鎌田特命課長(左)
130628_iwate_mtg_16.jpeg

■真剣に話を聞くスタッフ。
130628_iwate_mtg_15.jpeg

■お菓子を食べながら、リラックスしつつも真剣に。
130628_iwate_mtg_14.jpeg

少し休憩を挟んで対話を取り入れたワークショップを実施しました。

問いかけ(対話のテーマ)は3つ。そしてこのワークショップのルールも3つ。ルールは下記の通りです。

1:みんなを「さん」で呼びましょう。(鎌田特命課長、野田代表、ではなく「鎌田さん」「野田さん」)
2:相手の意見や発言を否定しない
3:一方的に話さない。(耳は二つ、口は一つ)

今回のワークショップの進行は野田”さん”が担当です。

■プロジェクトに参加して3か月、どんなことがあったかな?
■3か月経って、沿岸部にみんな(東京も岩手も)で集まってみてどんな気持ち?
■今悩んでいること困っていること、本音で話しませんか?

130628_iwate_mtg_18.jpeg

130628_iwate_mtg_17.jpeg

最初はなんだかそわそわ、場の雰囲気やワークショップの手法自体にも戸惑いがある中、おしゃべりしながら、問いかけに対する答えを書きながら徐々に雰囲気も和んできます。どんなことがあった?では「大変」「いつもどおりの作業だし〜」「キャラが変わってきた」「仕事ばっかりで余裕がない」などちょっと疲れてしまっている今の現状が伝わってきました。

その中で印象的だったのは「横のつながり」が必要、という鎌田特命課長のコメント。みんなここで「はっ」としたり大きくうなづいたりしていました。

二番目の問いになったとたんにみんな笑顔!ちょっとリラックスして日頃はなせなかったことを話しだしてくれました。私も気持ちが緩やかに。

■おしゃべりしながら模造紙に書き込むことになれてきたメンバー
130628_iwate_mtg_19.jpeg

■手書きでカラフルに。模造紙に自由に書き込みます。
130628_iwate_mtg_20.jpeg

さて、最後のテーマです。

130628_iwate_mtg_21.jpeg

ここで皆さん少し表情が真剣に。悩んでいること、困っていることを付箋紙に書き始めました。

130628_iwate_mtg_22.jpeg

そして付箋紙をホワイトボードに張っていきます。カラフルな付箋紙がホワイトボードいっぱいに。。私も悩みが多い!と改めて自覚しました。(汗)

■ぺたぺたとみんなで付箋紙を張ります。
130628_iwate_mtg_23.jpeg

■ホワイトボードいっぱいになったカラフルな付箋紙
130628_iwate_mtg_24.jpeg

お?!ホワイトボードの脇の壁にブルーの付箋紙。。。

130628_iwate_mtg_25.jpeg

これは野田がワークショップ進行中に気になるフレーズをまとめて書き留めたもの。野田メモです。参加者では気付けない大きな視点で岩手支部全体をより効率化するためのヒントがこのブルーのメモに隠されている予感がします。

130628_iwate_mtg_26.jpeg

そして、付箋紙が張られたホワイトボードを囲んで(みんな立って話し始めました)ここからが本番です。皆さんの本音がすこしずつ目に見える形になってきました。。ワークショップでは話す人とそうでない人がいた時もありましたが、この時は全員意見を言ってくれました。このことがとても意味のあることだと感じています。

130628_iwate_mtg_28.jpeg

130628_iwate_mtg_27.jpeg

どうやったらもっと効率的に業務を進められるのか?岩手県はこのプロジェクトに何を求めているのか?成果指標(目標)はどこにあるのか?もっとできることはないのか。。やっていることはこれで正しいのか。。などなど、、白熱した議論が展開されました。

■クラウドメモツールを使いこなすメンバー
130628_iwate_mtg_31.jpeg

■みんなで一緒に考える、複雑な問題を解きほぐしていきます。
130628_iwate_mtg_30.jpeg

■メンバーを終始暖かく鼓舞してくださった鎌田特命課長。ありがとうございます。
130628_iwate_mtg_29.jpeg

みんなの意見を集めてつくりあげた、目標や組織の在り方、コミュニケーションや担当役割分担の再編成等、今まではどうしても「大変」と感じてしまう無理や無駄、こんがらがった現状がこの全体ミーティングを通じてほぐれた様子が伝わってきました。

この事業は岩手県知事も大きな期待を寄せてくださる「新しい」プロジェクト。だからこそ0(ゼロ)から1(イチ)を生み出すわくわくした気持ちと不安でも困難に立ち向かう勇気と行動力が重要。そのことを東京メンバーも岩手メンバーも共に実感できた一日でした。

■ミーティング終了後の一枚。「いいね!」です!
130628_iwate_mtg_34.jpeg


【最後に】
岩手支部は7月から新スタッフ加入も含めた新態勢となり、今まで以上に岩手の”復興のかけ橋”となるよう、一丸となってプロジェクトを推進いたします。まずは復興トピックスを通じて、写真や動画で岩手の「今」をお届けします。私たちの活動、暖かく見守ってくださると大変うれしいです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

復興支援ポータルサイト いわて三陸 復興のかけ橋
http://iwate-fukkou.net/

復興トピックス
http://iwate-fukkou.net/topics/

7月はこれまで以上にBlogの頻度が上がるはずです。様々な取組み、復興や防災に関わる東京事務局の活動をレポートいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
次回は6月26日(水曜)に開催された東京マッチングイベントの様子をお届けします。お楽しみに。

東京事務局 野村謙次
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント