CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«減災・そなえプロジェクトキックオフ | Main | 防災!オトナの社会科見学に行ってきました★»
マッチングは沢山の想いを実現するお手伝い。〜岩手での取り組み〜 [2013年06月10日(Mon)]

こんにちは。理事の新沼です。

岩手での受託事業「いわて三陸 復興のかけ橋」プロジェクトも4月15日の始動から1ヶ月半経ちました。私からすると怒涛の1ヶ月半です。(現在進行形) 各所との調整、メンバーのフォロー、業務の具体化etcとあらゆることをやっていますが、これが垂直立ち上げの感覚なんだと感じながら、取り組んでいます。

復興支援ポータルサイト「いわて三陸 復興のかけ橋」

さて、このかけ橋プロジェクトですが、大きく3つの軸を持った事業です。

1.マッチングの促進
これまでは物資支援マッチングが主なマッチングになっていましたが、物資フェーズの変化に伴い、産業系へのフェーズアップも含め、現地に潜在する支援ニーズを引き出してきます。また、助けあいジャパンの東京側のネットワークも含めた県内外からの支援提案とのマッチングを行います。

2.情報発信と蓄積
潜在する支援ニーズを県内外に発信するだけではなく、支援マッチングの進み具合や復興の進み具合をレポートしていきます。助けあいジャパンの主要事業である情報レンジャーの経験を活かし、岩手から全国に「現在」を動画、静止画、テキストで伝えていきます。

3.ネットワークの構築、強化
情報交流のアメーバ的ハブとなり、行政、企業、NPO等活動団体、そして現在開催されているネットワーク会議をつないでいき、情報交流の促進を行っていきます。その一手段として沿岸や東京で交流会を開催していきます。

沿岸4拠点(久慈、宮古、釜石、陸前高田)を中心に沿岸エリア全域を現地採用のメンバーが走り回り、取材・ヒアリング活動を行っています。

助けあいジャパンが行うことでの強みは、
・インターネット、ソーシャルメディアを活用した情報発信力
・東京本部を持ち、首都圏とのパイプを持った提案ができること
・東北3県での事業を通じて、他県の様子も共有できること
が挙げられます。

この事業、一番の期待はやはりマッチングにあります。過日5月31日、岩手支部の全体ミーティングに岩手県庁の特命担当課長にご参加いただき、想いをお話いただきました。「マッチングは沢山の想いを実現するお手伝いをする仕事」と仰られていたのが印象的でした。実現できることできないことはありますが、強い想いを持って実現したいと相談くださる方に向き合って実現のお手伝いをしていくと、完了した時には病みつきになる仕事です、と。私を含めたメンバー全員が岩手出身であり、岩手LOVEなメンバーです。このメンバーでこの仕事ができること、本当に嬉しく思ってます。

全体ミーティングでお話いただく岩手県庁担当者

これを読んでくださったみなさんにお願いします。ぜひこんな支援ができる、したいということがありましたら、ぜひご連絡ください。モノからコトまで、お話をお伺いさせていただきますので、よろしくお願いします。

<お知らせ>
・助けあいジャパン チャリティメルマガを発行中!ぜひご登録をお願いします!!
http://www.mag2.com/m/0001595640.html
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント