CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«支援のヒントが掲載されるまで | Main | 明日の朝(24日)、NHKの番組に出演します! »
平成25年度予算概要決定概要について (2) [2013年02月12日(Tue)]

板谷です。

前回に引続き復興予算について、まとめてみました。

平成25年度復興特別会計予算のポイント

基本的な考え方
・復興庁が司令塔となって、復興の加速化に資するよう、本格的な予算を編成
・福島を含む被災地全体の諸課題について、諸制度の隙間を埋め、機動的に対応
・国が前面に立って福島の深刻な諸課題に対応できるよう、事業制度を創設

平成25年度4.4兆円(前年度3.8兆円)
 6,000億円の増額!

表1.png

グラフにすると

表2.png

特に、まちの復旧・復興、原子力災害からの復興・再生、復興加速化・福島再生予備費に大きく昨円を上回る予算がついています。

予算概要カッコ内は前年度予算額
(1)被災者支援 1,883(920)億円
被災者の方々の住宅再建、被災した学生の修学等を引き続き支援するとともに、コミュニティの弱体化、孤立化が問題となっている中で、心のケア等を支援するための予算を計上。

(2)まちの復旧・復興 16,670(11,854)億円
本格的な復旧や復興に向けた公共インフラ等の整備を事業計画及び工程表に沿って推進するための予算を計上。

(3)産業の振興・雇用の確保 3,075(2,920)億円津波浸水地域等における産業の本格的な復興や雇用の確保のために必要な予算を計上。

(4)原子力災害からの復興・再生 7,264(4,655)億円
国が前面に立って福島の深刻な諸課題に対応できるよう、新たな事業制度を創設するなど、原子力災害からの福島の復興及び再生を加速するために必要な予算を計上。

(5)東日本大震災復興推進調整費 100(50)億円
復興庁の司令塔機能を強化しつつ、諸制度の隙間を埋め、復興に関し国が実施する調査・企画事業の委託や被災県が実施するソフト事業に対する補助等を実施。

(6)復興祈念施設基本構想検討調査費 0.5(―)億円
東日本大震災は広域にわたり甚大な被害が生じた未曾有の大災害であることに鑑み、国が地方と連携して、犠牲者への追悼と鎮魂や、日本の再生に向けた復興への強い意志を国内外に向けて明確に示すこと等を目的とした、復興の象徴となる森や丘等(復興祈念施設)を整備するための基本構想の作成に向けた検討・調査を推進。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

復興庁よりNPO等が活用可能な政府の財政支援についても発表されています。

fukkoucho.gif

被災者の支援や被災地の復興支援活動をしているNPO等の活動を支援するために利用可能な支援です。
データはコチラ復興庁ホームページ



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント