CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«深夜に最後まで観ちゃった!…「余命1ヶ月の花嫁」 | Main | ユンボザウルスが、家を食べています…»
プロフィール

霞 仙女さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新コメント
https://blog.canpan.info/tarot-therapy/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tarot-therapy/index2_0.xml
心と体のバランス…「Z・戦車」は急に走れない! [2009年06月09日(Tue)]
大アルカナカードの「戦車(こちらをクリック)」については、以前にも記述しました。
「V・女帝」と「W・皇帝」の間に生まれた王子なのかもしれないってことも...
このカードのキーワードは、「自我衝動の征服」です。 まるで 思春期・青年期ののようです。
     
 正位置      
 逆位置

身体は、ある日突然、大人になる日を迎えます。 覚えていますか? その日のこと…。
動物は、産れてすぐに立ちますが、人間は、ゆっくり成長する動物だから、そんなに急にはおとなになれません。思春期を含む青年期は、身体はおとなだけど、子ども扱いされたりおとな扱いされたりしながらも、精神的にまだ自立できない。…そんな中途半端な時代なんです。
この頃は、成長ホルモンがMAXに働き、ちょっとしたことで 衝動が抑えられなくなります。
脳重量は6歳で90%まで成長していますが、筋肉は25歳ぐらいがピークです。
知的な発達はこの時代が最も伸びて、身体の無理もききますから、いくらでも走れます。
でも、内的思考はこれから…成長途上です。 だから、精神的なトラブルが多いのです。

生産年齢になって、社会的な役割を担い、経済的にも自立し、やっと「おとな」になれそうです。
ってか、精神的には 一生「青春」 の人もいらっしゃるかと思いますがねぇ… かえる.....

ところが…、精神的に成熟してきた頃には、今度は身体の老化がすすんできます。
またもやバランスが崩れて、なかなか思い通りに動けなくなりますね。
加齢によって、社会から離脱したり大切な人が亡くなったり、健康を損ねたり…

「戦車」のカードは、そんなアンバランスを、白と黒の馬で表しているとも言えます。
立派な戦車は、家庭環境や信頼関係に見えます。 遠景の街は、社会環境のようです。
彼は、快適な操縦ができるでしょうか…。
逆位置に出たカードは、スピードが出るわ コースを外れるわ、クラッシュしそうになるかもね。
コントロールできない原因は、精神不安定や環境への不適応など、いろいろありそうですよ。
ちょっと 長くなりましたね。 じゃぁ、またね。 おやすみなさ〜い 星2
コメントする
コメント