CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«8.今日のカードは「剣のキング」...厳格・革新  | Main | 9.今日のカードは「剣の1」...決意、緊張感、 »
プロフィール

霞 仙女さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
https://blog.canpan.info/tarot-therapy/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tarot-therapy/index2_0.xml
逆位置の「剣のキング」...独断、批判精神  [2011年12月17日(Sat)]
  こんな人を敵にまわしたら、「どんだけ〜!」連発の窮地に追いやられます。
  正論優先、情状酌量なんてありえない... 融通のきかない独裁者です。
  目的のためには手段を選ばない残忍な性格、打算的で批判精神が強い。
  どうします...? ニッチもサッチもいかへんよ...
  圧制によるワンマン経営、パワハラ、内部告発や訴訟もアリです。
  
  サイモンズによると... 厳格で支配的な養育態度で育った子どもには、
  強情な性格の、逃避的で孤立癖のある態度が見られるそうです。
  横暴で規則違反や冷酷に理論武装する子... いつも緊張が抜けません。
  「何考えてるの?」じゃなくて...  厳しさよりも、「愛」が必要なのよね.....カエル
コメントする
コメント
ありがとうございます。
あなたはきっと、柔軟な思考と強い判断力を持って成長できたのかなと思います。
私にそんな力はありませんが、逆位置にも学ぶべきメッセージは必ずあると思います。
それをご理解いただけて嬉しいです。
この苦味も混ぜて、深みのある小説家になられますよう、心から応援しております。
Posted by: kasumi  at 2012年01月31日(Tue) 21:21

とんでもないです。
長文レスありがとうございます。
「それを受けとめる覚悟なくして、事を起すなかれ」
本当にそう思いました。
ブログにせよ、ツイッターにせよ、書いた先から責任が付きまとうんですよね。
私はプロの小説家を目指しているのですが、それを公言してしまった以上、そういう目で他人は私を見るんです。
ソードのキングの逆位置のソードは、私の「まだアマチュアだから」等の甘い考えをバッサリと切ってくれたものだと解釈出来るようになりました。
悪い意味だけではないんですよね、きっと。逆位置とはいえ。
Posted by: ゆきめ  at 2012年01月31日(Tue) 17:44

ゆきめ様

コメントありがとうございました。
今、気がつきました。 なんてことでしょ!
毎日書くことだけであんまり他をみてなくて、すみません。

あなたがいただいた手厳しいコメント、さぞや心が冷えたことでしょう。
そこで... 
私が昔、バッシングや批判を受けた時に思ったことを書きたくなりました。

それは、「私の背中は私には見えない。」ということです。
心地よい言葉で応援してくれると幸せになるし力も湧いてくる。
でも、きっと、半分の人はそうじゃない。
何らかの意見も批判も、思っていても言ってくれなくちゃわからない。
だから、心を正してしっかり聴こうと思いました。
「言ってくれてありがとう」...そうお返事して。

多くの人に自論を発信するとき、必ず何十かの人は反感を持つだろう。
必ず、数%の人は、相手かまわずけなすだろう。 遊び半分で...

それを受けとめる覚悟なくして、事を起すなかれ。
そう思いました。
このクールなソードのキングは、毅然と正面を向いていますね。
バカモノと思えばそれまで... 反面教師と思えば強敵...

今後、このような事態にも瞬きせず目をそむけず、
もしも必要な意見であるなら、毅然と受け止めましょう。
愛のないただの中傷であると見抜いたなら、すっかり忘れましょう。
遅くなってごめんね。
                       霞
Posted by: kasumi  at 2012年01月30日(Mon) 22:36

はじめまして。
タロットのお話し、とても参考になりました。
私はブログで小説を書いているのですが、昨日そこで手厳しいコメントをいただきました。
中傷なのか、それとも私のためを思って書いてくれているのか気になったので電話占いで観てもらってたところ、ソードのキングの逆位置が出ました。
批判精神が強い、当たっていると思います。
ブログのコメントはあまり気にしないようにします。
ありがとうございました。
Posted by: ゆきめ  at 2012年01月25日(Wed) 21:39