• もっと見る
«何がわからないのか、わからない    | Main | 「TAROT OF THE MASTER」   »
プロフィール

霞 仙女さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新コメント
https://blog.canpan.info/tarot-therapy/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tarot-therapy/index2_0.xml
丹精に心と技を尽くすこと   [2011年10月22日(Sat)]
 数年前、ある研究大会へ出席した時のことです。
 閉会のあいさつで紹介されたお菓子を、会場で配られました。
 ところが、私のもらったのはリボンが縦結びで、中身が潰れていました。
 どうしたのかしら? 充実した一日が台無しの悲しい想い出です。

 そして先日、ある行事で配るプレゼントの袋詰めをしました。
 笑顔を想像しながら、中身を点検して、丁寧にリボンをつけました。
 隣を見ると... 雑談しながらのやっつけ仕事で、箱に放り込んでいます。
 え? ・・・ と、私は思わず注意してしまいました。
帰ってきた言葉に、私はもう一度、カッチーーーン! 
「どうせリボンなんかすぐとるやろ」 「やってるやん、ごちゃごちゃいうな気分悪ぃ」
あの日、悲しかった私... よれよれに歪んだリボンと重なってしまった。
何のための贈り物ですか?  「一期一会」の茶の心はどこへ行ったのかしら.....カエル
コメントする
コメント
ぽこ様...  ありがとうございます。

「ホスピタリティ(もてなしの心)」といいましょうか。
親切にすること、大切に思うこと、誰もそんな気持ちを忘れたわけではないと思います。
でも、何百個つくるとか、雑談に花が咲いて気をとられるとか、よくあることですね。

自己中心的な人が増えたのか、「何のために」という質問をしても、「自分はこれでいい」という答えが返ってくると、心が冷えますね...
ある意味で、大切にされて感動する経験が少ないのでしょうか?
ホットな心を忘れない人が少しでも力を亡くさないよう、頑張ってほしいです。
Posted by: kasumi  at 2011年10月30日(Sun) 10:49

通りすがりの者です。
急にコメントしてすみません。
文章を読んで、ものすごく悲しくなりました。
プレゼントを受け取る方の気持ちや、
表情を思い浮かべなから作業されておられたのでしょうか、

一方仕方なくやっている方には、そんな気持ちはなく・・・
人への思いやりや配慮、そのためには背景まで思考を
めぐらす能力も必要だけど、欠落しているのでしょうか?

いつからでしょう、自分だけよければ良くて、やりたい事だけする。
あとはほとんどの事がお金で解決できる世の中になったのは?

日本は戦後の経済発展で、豊かな国になりましたが、
心が貧しくなってしまいました。
昔が全て良いとは思いませんが、
人の事を思う、考え配慮する気持ちを忘れないで欲しいです。

子供の頃、りぼんのついたクリスマスプレゼント
リボンをほどくのがもったいなくて、
なんとか中身を取り出して、
再びリボンを箱に取り付けたのを思い出しました。

いろんな方がいらっしゃいますが、
いままでどおり、リボンを結んでくださいね。
きっとそれを手に取った方に、その思いは伝わりますよ。
Posted by: ぽこ  at 2011年10月29日(Sat) 00:05