CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第四の習慣...「Win-Winを考える」    | Main | 第六の習慣...「相乗効果を発揮する」   »
プロフィール

霞 仙女さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新コメント
https://blog.canpan.info/tarot-therapy/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tarot-therapy/index2_0.xml
第五の習慣...「理解してから理解される」    [2011年10月06日(Thu)]
今日、ある人に、私が日頃もっている疑問や意見を話してみた。
忙しい人だからあまり期待はしてなかったけど、話してみた。
そうしたら、「...について」といった瞬間、「それは必要ない」と言った。
言っても無駄? 悲しかった... 理解どころか、結論だけが返ってきた。
これが親子だったら? 殺伐とした家庭になっちゃうね...

人は、人の話を聞くとき、「返答・助言」しようと身構えるという。
そして「何を話したらいいのか」を考えながら聞く。
でも、お互いの意見を尊重しなければチームワークも成り立たないでしょ...
これじゃ診察もせずに処方を出す医者と同じ。 まず、聴かなきゃ

副題は「感情移入のコミュニケーションの原則」だ。 長くなるから説明は省略...
つまり、“心には理性で分からない理屈がある”ことを知らなければならないってこと。 
私はカウンセラーとしてのトレーニングを行ってきたけど、「聴く」 ことは本当に難しいと思う。
教師の癖か、自分の経験や価値観を出して説教じみた話をすることもあり、反省だらけ。
相手を理解するには、相手の立場や心情に関心を示すコミュニケーションスキルが必要だ.....カエル
コメントする
コメント