CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

北の川その2 [2013年10月18日(Fri)]
北の川で1日目に野生のニジマスが釣れたので、
翌日もう一度行っちゃいました。
写真 1.JPG
結果は泣き尺イワナ1匹と25センチ前後のイワナとヤマメ7匹など合計で16匹でした。
これで本当に納竿です。
【渓流釣りの最新記事】
北の川へ [2013年10月16日(Wed)]
今年も北の川へ行ってきました。
写真 1.JPG

ヤマメを中心に、最後は野生のニジマスが釣れました。
写真 4.JPG

38センチあったので、師匠が刺身にしてくれました。
写真 3.JPG

野生化したニジマスは身がしまっていて、信じられないくらいおいしかったです。
中落ちの身も、さっぱりした油がのっていて最高でした。
師匠の釣ったイワナからイクラもたくさんとれました。
写真 2.JPG

今年はこれで納竿です。
早く来年の春がこないかな〜
カンボジア田舎の学校 [2007年02月20日(Tue)]
カンボジア、モンデュールキリ州にある地方の中学校を訪問した。

車で首都のプノンペンから8時間、最後の2時間は山間部に入り、気温は20度前後で肌寒い。

去年から学校で教壇に立っている、新人教師の住まいを訪問。

一つのベットを二人の男性新人教師が一緒に使う。
事情を聞くと給料が少なすぎて、一人暮らしは出来ないそうだ。

カンボジアでの教育環境は厳しい。
アフリカのマリその2 [2006年11月30日(Thu)]
マリを訪問し、路肩にでている店や屋台が印象的でした。
途上国ではよく見る光景ですけど、そこでの生活がうかがえます。
帽子をリヤカーに乗せて、うっていたり。。。


洋服を作る、布地がそのまま売られていたり。。。
ちなみに、洋服を作る手数料が安いので、基本的には布地を購入してから、
テーラーで洋服にしてもらうようです。


買い物したあとは、頭に乗せて歩いて帰ります。
そういえば、男性は頭に乗せていなかったよう気が。。。
アフリカのマリ(首都バマコ) [2006年11月29日(Wed)]
2006年10月26日〜11月2日に、アフリカのマリを訪問しました。
首都のバマコにはニジェール川沿いにあります。


朝靄の中で、町は朝を迎えます。


路上には果物の屋台が並び、町に活気が戻りはじめます。


Photo by N.T



カンボジア プノンペン [2006年08月30日(Wed)]
8月14日〜17日でカンボジアのプノンペンに行ってきました。
メコン川は雨季なので、水深が上がっています。

時間ができたので、プノンペン市内にある公立の師範学校を訪問。
ここの学生は、将来小学校の先生になります。


図書館があったので、中に入ってみました。


カンボジアでは、師範学校で勉強する教科書は全て
図書館で借りるそうです。

スリランカ [2006年08月29日(Tue)]
2006年8月9日〜12日でスリランカ(コロンボ)に行ってきました。
コロンボ駅は町の中心にあります。

町は海沿いにあり、綺麗な海岸が広がっています。

町外れの陶器工場にも行きました。

素焼きの器やコップができていました。

なんと、キキララのコップも作られていました。


カンボジア バッタンバン州 地雷処理活動 [2006年07月04日(Tue)]
2006年6月24日
カンボジア バッタンバン州にて不発弾処理現場視察


腰ほどの背丈がる草の生えた林の中に、地雷は埋められています。

 
地雷を見つけるには、犬を使ったり、



地雷探知機をつかいます。


地雷を発見、(画面中央水溜りの上のほう)



起爆剤をとりつけて。。。 爆破処理
カンボジア コッコン州へ向けて [2006年06月28日(Wed)]
2006年6月21日
首都のプノンペンから、コッコン州へ出発。

西に向けて、ひたすら道が続きます。

今年は雨量が少なく、雨季なのに乾いた土地がめだちます。

気がつくと、前方の車には子供がトランクに箱乗りしていました。

井の頭公園 [2006年06月19日(Mon)]
6/17(土)、井の頭公園にいきました。

雨上がりで気持ちがよく、


かつらの林からは、木漏れ日がもれています。


スッポンも池の淵で、甲羅干しをしていました。
| 次へ
プロフィール

k_hagiwaraさんの画像
https://blog.canpan.info/taro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/taro/index2_0.xml
リンク集