CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 朝日新聞記事より 高次脳機能障害 | Main | 笑い上戸 »
<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
T
就職おめでとう! (09/17) ぴのママ
答辞 梶原裕太さん (09/17) ぴのママ
たんぽぽ通信23年08号 (09/13) 羽生っこ
介護福祉士筆記試験合格おめでとう! (02/27) 羽生っこ
鹿児島県精神保健福祉友愛フェスティバル (02/26) 羽生っこ
Mr.Kaさん就業へ (02/26) 羽生
第2回健康教室開催 (02/26) 羽生っこ
大雪 (02/26) たんぽぽ道人
Mr.Kaさん就業へ (10/22) Mr K.A
Mr.Kaさん就業へ (10/21)
最新トラックバック
秋葉原に行くだ![2010年08月21日(Sat)]

秋葉原に行くだ!


厚生労働省に、工賃アップ好事例発表会に、ノミネートしましたが、
残念ながら好事例には、選外でした。

しかし、販売会に出店の対象となり、ささやかなお店(1ボックス?・・・
1テーブル?)を出すことになりました。

7月9日に掲載した記事を再度掲載します。


展示・即売会及び好事例発表会参加計画書について(提出)

屋久杉粉末入り和紙(壁紙、工芸用和紙、名刺、はがき、カレンダー等)、屋久杉の小作品(屛風型置物、壁掛け、表札等)、箸入れと屋久杉の箸など地域の特産品とのコラボレーションにより、特化した1品物を生産している。






牛乳パックから和紙漉きをしていたが、屋久杉製品製造事業者からヒントをもらい、利用者と職員が工夫する中で「屋久杉粉末入り和紙」の誕生となった。この製品は独創性があり、屋久杉の香りのする和紙であることから製法特許や、意匠登録を検討中でもある。当製品を見た1級建築士が、和風建築の壁材として使用したい旨の注文があり、壁材用和紙の生産も始めた。同建築士が屋久杉入り和紙を壁材として建築した家屋が「木造住宅コンテスト2009」で知事賞を受賞するなど今後の展開も見込める。また、名刺や絵葉書、カレンダーなど商品化を進めている。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/tanpopo88/archive/253
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

たんぽぽさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/tanpopo88/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tanpopo88/index2_0.xml