• もっと見る

« しんぱい | Main | プレゼント »

<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
くらちゃん
副作用か? (01/10) たんぽぽ
引越し (10/19) 笑顔
引越し (10/04) 笑顔
引越し (10/04) くらちゃん
引越し (09/29) たねつけばな
曇りのち雨 (06/13) ムサシ
曇りのち雨 (06/13) たねつけばな
写真のコラージュ (06/09) ムサシ
写真のコラージュ (06/09) たねつけばな
末っ子への思い (05/30)
赤穂城へ行こう[2013年10月14日(Mon)]
3連休の初日の土曜日
お天気が良かったのでドライブをしました。
「久し振りに赤穂へ行ってみようか?」

ブルーハイウェイも使わないで
地道をのんびり走りました。
片上から備前を通って日生に出て…赤穂まで

37〜8年前に何度も通った道です。
最近日生はB級グルメでカキオコが有名になっています。
日生からフェリーで小豆島へ毎年行っていました。

海の色は綺麗で青々としていました。
赤穂の街に入って街が綺麗になっています。
都市改革が行われたのでしょう。

あの「赤穂四十七士」で有名な赤穂城です。
お城の石垣が残っていました。
私たちが転勤で行った頃には「赤穂高校」がありました。

四十七士の大石神社は
我が家の子供たちのテリトリーだったのです。
お城の復元が進んでいます。

大石神社1.jpg


大石神社.jpg


大石頼母助の屋敷跡

大石頼母助説明.jpg


大石頼母助屋敷門.jpg


赤穂城案内図

赤穂城跡案内図.jpg


赤穂城跡

赤穂城跡1.jpg


赤穂城跡.jpg


本丸跡

本丸跡1.jpg


本丸の門の上は資料館になっています。
ここからの出土品を展示してあります。
この日は無料で展示品を見る事が出来ました。

資料展示.jpg


天井

本丸跡資料館天井.jpg


赤穂城は美しいお城です。
名城百選の認定書がありました。

名城百選認定.jpg


厩口門(うまやぐちもん)(台所門)から出て歩きました。

厩口門.jpg


厩口門1.jpg


厩口門2.jpg


市立歴史博物館は保存蔵になっていて
昔は塩や穀物が保存されていたのでしょう。

市立歴史博物館.jpg


堀は綺麗に手入れがされていました。

掘り.jpg


赤穂城掘り.jpg


赤穂城掘り1.jpg


石垣も昔のままです。

石垣1.jpg


石垣2.jpg


大石良雄宅跡長屋門

大石良雄宅跡.jpg


大石良雄宅跡長屋門.jpg


近藤源八宅跡長屋門

近藤源八説明.jpg


近藤源八屋敷跡.jpg


近藤源八屋敷の中に上水道の井戸がありました。

井戸の説明.jpg


井戸.jpg


こんな時代に上水道が出来ていたんですね。
三十数年前には整備されていませんでしたから
今回始めて屋敷の内部の見学をしました。
質素な暮らしぶりが見えました。
大手門から外に出ました。

大手門の中側

大手門中.jpg


大手門から堀に掛かる太鼓橋を渡りました。

大手門1.jpg


大手門の隅に隅櫓がありますが
これは私たちが居た三十数年前にもありました。

隅櫓.jpg


小学校4年か5年だった長男は
12月14日の赤穂浪士の討ち入りのお祭りに
赤穂城より子供神輿を引いてお祭りに参加していました。

お昼を過ぎてお腹も空いて来たので
来る途中で見掛けたお蕎麦屋さんに入りました。
新そばの十割蕎麦で美味しかった〜(*´∀`*)

蕎麦だけ食べに来る甲斐がありそうです。
そう言えば10年近く前に智頭駅の前の
お豆腐屋さんの2階のラーメンが美味しくて
湯葉入りのラーメンを何度か食べに行った事がありました。
距離的には赤穂の方が近いかな〜?

土日と祭日しか営業してないようです。
蕎麦好きの主人ですから
私が食べたくなれば反対はしないでしょう。

ぶらぶら歩いて花岳寺へ向いました。
以前美味しいコーヒー屋があったのですが
探しても見当たりませんでした。

住んでいた頃には毎日花岳寺の前を通って
長女を幼稚園へ送って行っていました。
それでもその頃は1歩も中に入った事はありませんでした。

花岳寺.jpg


綺麗に手入れのされている庭に大石のゆかりの松がありました。
今は二代目が植えてあって一代目は展示してありました。

大石名残の松

大石名残の松1.jpg


大石名残の松.jpg


鳴らずの鐘

鳴らずの鐘1.jpg


この鐘楼は先の大戦にも供出をまぬがれています。
赤穂浪士のゆかりの鐘楼と言う事でしょう。

子どもたちが遊んでいた鶴丸公園は昔のままにありましたが
住んでいた所の畑はなくなって家が建ち
末っ子が何度か落ちた用水路も見当たりません。

おせんべいの製造をしているお店があり
割れせんべいを買っていましたが…見当たりません。
三十数年の年の流れを感じました。

Posted by たねつけばな at 18:02 | ドライブ旅行 | この記事のURL | コメント(0)

プロフィール

たねつけばなさんの画像
たねつけばな
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/tanetukebana/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tanetukebana/index2_0.xml