CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

種プロのブログ〜種あったね!

 種プロ(種プロジェクト)は「NPO法人 食の自給ネットワーク」の「種」をテーマにしたプロジェクトチームです。
 流通している野菜の多くは、規格がそろい、経済効率を求める市場に合うように作られた「F1種」です。一方、地域にはその風土に合って継承されてきた野菜があり「在来種」等といわれています。
 種プロは、在来種の栽培に取り組む農家との交流や、種に関する学習等を行っていきます。


苫小牧の畑 やっと種播きと植え付け R4.5.29 その2 [2022年06月08日(Wed)]
 そこつファームの種播きと植付けの続き。

 そこつファームの今年の栽培ラインナップ。

 ナス2本、トウガラシ2種、シシトウ2本、ミニトマト2種、中玉トマト1種、コマツナ、タイナ、夏ダイコン、白カブ、キヌサヤ、スナップエンドウ、モロッコインゲン、ゴボウ、バジルそして大事な大事な白小豆。
 さらに半日陰のところに青ジソ2本、パセリ1株、イタリアンパセリ1株。
 夏ダイコンを囲むように春菊、白カブを囲むようにサンチュ。
 春菊とサンチュはモンシロチョウ除け。
 これらに、昨日紹介した枝豆2種、キュウリ、ニンジン。

 野菜の種類としては23種類。
 さらに勝手に生えている、フキ、ミツバ、ニンニク、ヨモギ。
 ブルーベリー、カリンズ、サクランボも入れれば29種類。ダッシュ(走り出すさま)

 あ、まだいた。
 チャイブ、オレガノ、ハッカ、ルバーブ、ブラックベリー。
 食べれるものは34種類ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

 ヒマワリもタネは食えるぞ35種類ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

 セリも植えたんだけど、消えたみたい…。

 ボリジは? 花も食べれると言えばそうだが、これは外そう。
 ボリジ入れたらドクダミやスベリヒユ、コンフリー、タンポポも入れなきゃなんないし。
 アカザだって食べれるらしいぞ。
 普段食べようと思わないものは外します。

 大した広い畑かと言うとこんなもん。
05295.png

052910.png

 プランターも使って生やしてます(「栽培してる」とは言いにくい)

 ファーム長の助手は、コモリグモ、マルハナバチ、ミツバチ、ジバチ、そして頼んでないのに裏の藪(とても素敵な裏の家の藪。どうかずっとそのままに)からやって来るスズメバチ。
 ナナホシテントウ、アカトンボ。
 ワラジムシやら地を這う虫たち。
 スズメ、たまにシジュウカラとかセキレイとか小さな野鳥。
 ミミズ他微生物たち。
 そしてたまに「自然な庭」担当のカミさん。

 おっと、雑草だって小さなトラクターだ。

 みなさんのお陰で私はラクをさせてもらってます〜るんるん

 5月30日に、今年初めてエゾハルゼミの声を聞きました。
 
【種のイロハ学習会2022の最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
リンク集
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

種プロジェクトさんの画像
https://blog.canpan.info/tanepro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tanepro/index2_0.xml