• もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
コミュニティカフェ全国連絡会・設立! [2009年11月13日(Fri)]
 11月12日、日本財団において「コミュニティカフェ全国連絡会」が開催された。200名の会場は満員、コミュニティカフェの今後のあり方と落合恵子さんの記念講演を聞いた。

 コミュニティカフェというのは、新潟において河田珪子さんの発案と実践によってスタートした「地域の茶の間」が原点。地域の茶の間とは、月に1,2回、公民館やJAの施設などで出入り自由で参加できる気軽なおしゃべりの場。1人が200円程度を入り口で支払い、それによってお茶やお菓子を買って自由に懇談する。川田さんが始めて十数年たつが2000箇所以上も活動拠点がある。これに私・WACが注目したのは10年ほど前。

 その後、全国行脚の折に、地域の茶の間を宣伝してきた。そうすると同じ発想で色々なネーミングで活動しているのに出会った。それぞれ「自発的」「自由」に展開されている。

 WACは、こうしたコミュニティカフェが連携できれば、面白いことになるのではないか、と考えこの日の設立になった。

 今後は、情報交換、IT活用によるネットワーク形成、お互いのネットワークを活用してのコミュニティビジネスなどを展開することになる。

 すでにホームページを持っているし、月に2回ほどMMを発行している。来年度は急速に発展することになるだろう。
Posted by 田中尚輝 at 18:25
この記事のURL
https://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/16
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
初めまして、日本財団CANPAN事務局の山田と申します。
CANPANブログを開設していただき、またご活用いただき、ありがとうございます。
私も全国連絡会に参加させていただき、コミュニティカフェについて勉強させていただきました。これからもよろしくお願いいたします。

ところで、今度、「1,2,3で、施設商品!」というキャンペーンを行うことになりました。こちらのブログで詳細を掲載しています。
「Shop人にやさしく」
ぜひ、ご覧いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします
Posted by:日本財団CANPAN 山田  at 2009年11月23日(Mon) 09:38