CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
自宅開放型コミュニティカフェのオープン(東京・杉並区) [2013年04月01日(Mon)]
自宅開放型コミュニティカフェ「ららカフェ」がスタート

 3月31日に杉並区成田東の住宅街の真ん中で自宅開放型のコミュニティカフェ「ららカフェ」がオープンした。事務局から、田中尚輝、島田慎太郎の二名が参加した。
 これは12年度に市民協が東京都から「地域支えあい事業」として転記していた「コモンズセンター」事業の1つの成果だ。


 住宅街の真ん中にあり堤さんのお宅を開放していただいたもの。堤さんは音楽大学の先生で自宅はピアノなどのミニ演奏会にも活用をしていた。この日はオープンを記念して、ピアノ、バイオリン、チェロの三重奏まで用意していただいた。

 当日は近所の人々、町内会会長、商店街会長、そして杉並区からは渡辺均保健福祉部高齢者担当部長にもご参加いただいた。当然、地域包括支援センターやケアマネジャーなども。総勢70人にもなっただろうか。にぎやかなオープン記念だった。

 大都市でコミュニティカフェの開催でこまるのは「場所」である。地方のように自由に使える場所がない。そこで、杉並の第一号店は阿佐ヶ谷駅1分のところに狭い場所をかりたが、十数万円の家賃はかならず必要になる。こうした拠点では無理をしなければならないが、この1つで杉並区全域に目がとどくわけではない。そこで、ここを仕切っているNPO法人アラジンは自宅開放に目をつけたわけだ。

 自宅開放型は1週間に一度以上は開催できないが、どこでも開店できるメリットはある。
都市型としてはここを狙わなければコミュニティカフェは広がらないだろう。

 私は挨拶の中で「杉並区は、こうして自宅開放してくれる人に1回やっていただいたら区民税を12分の1免除するということにしたら、どうか?」と提案しておいた。みんなの力でコミュニティカフェを盛り上げよう。
Posted by 田中尚輝 at 16:37
この記事のURL
https://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/1166
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント