CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«夏休み、終了! | Main | 夏の終わりに…»
Google

このブログ WWW


presented by 地球の名言


最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

点訳キーボード ブログパーツ
リンク集
月別アーカイブ
生活保護の高額通院移送費に関する厚生労働省の調査報告 [2008年08月20日(Wed)]
生活保護の高額通院移送費に関する厚生労働省の調査報告
 
 生活保護の通院移送費(交通費)を巡り、北海道滝川市の元暴力団員らが約2億円をだまし取った事件を受け、厚生労働省が今年の一月に3万円以上の支給があったケースを対象に調査。

 自治体がすべき「移送費の必要性を検討した記録がない」、医療機関が発行する通院証明書に「通院日の記載がない」「タクシーの領収書に日付が記載されていない」など、「書類に不備があっても支給しているケースが84%にのぼるという。 
 
 「不正請求の疑いが強いケース」も「14自治体で全体の3.8%にあたる41件(支給総額約450万円)」あり、「厚労省は、不正が確認できれば、自治体側に、刑事告発も含めた厳正な対応を求める方針」(2008年8月18日03時03分読売新聞 )という。

 この間、通院移送費については、滝川市の件をきっかけに、厚生労働省が出した新基準(原則不支給)をめぐって、混乱が続いている。

 不正の防止と、必要な人に必要な支援が届かぬことのないシステム作り・運用を望みたい。


生活保護の高額通院費、8割がずさん支給 自治体、検討記録なし
日経ネット19日

生活保護受給者の通院費不正、月60万円も…厚労省調査
(2008年8月20日 読売新聞)

生活保護の通院費支給、書類不備80%・不適正6%…厚労省調査
(2008年8月18日03時03分 読売新聞)

生活保護の高額通院費、8割超に問題
TBS News i

 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント