CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2013年9月22日(日)「善意は被災者に届いているか」−東日本大震災の寄付の大半が行政的配分にゆだねられた理由を探る−#ゆめ風 | Main | リング・リングさんでぴーすさんの「防災ワークショップ」に参加»
Google

このブログ WWW


presented by 地球の名言


最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

点訳キーボード ブログパーツ
リンク集
月別アーカイブ
シンポジュウム「大災害時の障害者支援を考える」2013年10月13日 (第30回日本障害者歯科学会 総会および学術大会) #ゆめ風 [2013年09月29日(Sun)]
第30回日本障害者歯科学会
総会および学術大会
〈一般公開セッション〉


日時:2013年10月13日㈰
13:30〜16:45(12:30受付開始)
会場:神戸国際展示場 2号館 
参加無料
事前申込不要有
手話通訳 要約筆記 あり


20131013.jpg


チラシはこちら→shimin.pdf

一般公開講座
13:30〜14:30
想像するちから−チンパンジーが教えてくれた人間の心−
松沢 哲郎(京都大学霊長類研究所 教授)
詳しくはチラシを参照


一般公開シンポジウム
14:45〜16:45
大災害時の障害者支援を考える


 東日本大震災から2年、阪神大震災から18年。尊い教訓は
生かされたのでしょうか?「逃げ遅れる障害者」、「いのちが脅かされる避難所、仮設住宅」といった問題は繰り返されています。大震災を経験し、救援活動に奔走した方々に「その時、何があったのか」「障害者はどのような状況にいたか」、そして、今後、何が取り組まれなければならないかを提起いただき、行政の責任、市民の役割について考えます。

〈コーディネーター〉
牧口 一二(認定NPO法人ゆめ風基金(大阪市) 代表理事)
〈パネリスト〉
青田 由幸(NPO法人さぽーとセンターぴあ(南相馬市) 代表理事)
菊池 正明(CILたすけっと(仙台市) 事務局スタッフ)
野橋 順子(NPO法人地域生活支援研究会(神戸市) 理事長)
松村 敏明(社会福祉法人えんぴつの家(神戸市) 理事長)

運営事務局
(株式会社インターグループ)
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-1
TEL:06-6372-3053 FAX:06-6376-2362
E-mail:jsdh2013☆intergroup.co.jp ☆を@に変えてください。

詳細は学会のホームページをご覧ください→クリック

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント