CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ゆめ風基金コンサート〜2011年10月17日、11月11日、2012年3月3日 | Main | 国際人権大学院大学(夜間)の実現をめざす大阪府民会議プレ講座「人権の視点から考える東日本大震災」コース»
Google

このブログ WWW


presented by 地球の名言


最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

点訳キーボード ブログパーツ
リンク集
月別アーカイブ
第1回 愛重連防災連続シンポジウム徹底検証「大災害発生!」そのとき障害者は・・・ [2011年09月24日(Sat)]
以下のイベントは終了しました。

「ゆめ風基金」よりお知らせです。

第1回 愛重連防災連続シンポジウム

徹底検証

「大災害発生!」

そのとき障害者は・・・




◎◎ 開催要項 ◎◎

日 時 平成23 年10 月8日(土)
13:20〜17:10

場 所 :愛知県産業労働センター ウインクあいち12 階 第1203 号会議室
(愛知県名古屋市中村区名駅4 丁目4-38)

定 員 100名
定員になり次第締め切らせて頂きます
(障害者・障害者福祉関係者・その他関心がある方)

参加費 500円


受付開始 13:20

主催者挨拶 13:25

13:30〜14:50

T部 東日本大震災 障害者に何が起きたのか

福島県 白石清春氏(被災地障がい者支援センターふくしま 代表)

小野和佳氏(いわき自立生活センター)

宮城県 井上朝子氏(CILたすけっと 事務局長)

休憩 14:50〜15:10

15:10〜17:10

U部 「阪神淡路大震災」「東海集中豪雨」

「東日本大震災」の徹底比較検証

兵庫県 玉木幸則氏
(メインストリーム協会 副代表 NHK教育テレビ きらっといきる出演)

愛知県 被災障害当事者(名古屋うつ病友の会)

福島県 白石清春氏(被災地障がい者支援センターふくしま 代表)

小野和佳氏(いわき自立生活センター)

宮城県 井上朝子氏(CILたすけっと 事務局長)

コーディネーター 脇田諭司氏
(津市立三重短期大学非常勤講師、前三重県障害福祉室長)

コメンテーター 若松利昭氏(同朋大学非常勤講師)



主 催 愛知県重度障害者団体連絡協議会

後 援 愛知県(予定)・名古屋市(予定)

愛知県社会福祉協議会(予定)

名古屋市社会福祉協議会(予定)

協 力 社会福祉法人 AJU自立の家

*要約筆記・手話通訳・磁気誘導ループ・テキストデータ有



 我々は、「阪神淡路大震災」「東海集中豪雨」といった、大災害に幾度となく、みまわれて
きた。そのたび、検証され、改修改善が行われてきたはずである。
 平成23 年3月11 日、東日本大震災が発生、多くの方が亡くなり、多くの方が被災し、現
在も避難所生活を強いられている。災害弱者の中には、津波警報が音声のみで伝わらず、
命を落とされた聴覚障害の方、避難所がどこあるのか分からなかった視覚障害の方、避
難所が階段で上がれずに、そのまま自宅に戻って行かれた車いす利用の障害の方等が
いた。
 このようなことは、以前から指摘されており、なぜ改善されなかったのか。
 そこで「阪神淡路大震災」「東海集中豪雨」「東日本大震災」で、被災した障害者みずから
の被災直後の実態、復興への過程、災害により改善された点等の比較を行う。
 当地域においても他人事ではない。いつ発生しても不思議ではない「東海」「南海」「東
南海」の大地震。我々も同じ事を経験することになる。今一度、足もとを見つめて「備え」と
はなにかを考え直す必要がある。

 お申込み方法等、詳しくは貼付のファイルからご確認ください。↓

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント