CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

 

« あさひ苑 | Main | 岩本町ほほえみプラザ»
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

多摩同胞会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tamadohokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tamadohokai/index2_0.xml
人生いろいろ [2022年05月24日(Tue)]

松本様4.jpg特別養護老人ホームでは、出会いもあれば別れもあります。
約3年前に99歳でかんだ連雀にご入居されたA様が、先日、老衰のためご逝去されました。悲しさや寂しさはもちろんありますが、私はこの方やご家族に出会いお手伝いさせてただけたことをとてもうれしく誇りに思っています。
A様は、(鏡を見ながら)「なんか、そこに私に似た人がいる」と、にやりとしながらおっしゃったり、職員と一緒に歩いていると「さぁ走ろうか!!」と早足で歩き始めたりと、ジョークや職員が驚く行動をしてくださいました。100歳を超えても職員と一緒に歩き、ご自身でお食事し、新聞や本の小さな字も読むことができていました。
ある日から、お食事を口まで運ぶも食べなくなり、ご家族が交代で寝泊まりをしながら最期の時間を過ごしました。食事や飲み物も飲むことが難しくなっておりましたが、A様は自宅で生活していた時も、かんだ連雀にご入居されてからもワインを晩酌で呑んでおり、ご家族のお手伝いでワインを一口呑み「苦い」という反応。その後お顔が赤らみ「酔っぱらいましたか?」と伺うと首を横に振り否定し、A様を中心にご家族と職員が笑いに包まれました。
家族に厳しく、他人には気遣いのできる方で、言葉が出なくとも最期まで冗談を交えた表情や首振りで応えてくださり、笑いが多い日々を過ごし、眠るように息を引き取りました。
その後A様はご自宅に戻り、家族に囲まれ葬儀を終えました。私は、職員と一緒にご自宅に伺いお線香をあげさせていただき遺影からは今にも飛び出して来て話始めようとしているのではないかと笑いが絶えないほど、ご家族と一緒にA様のお話をしました。A様を通して一人の方の人生と家族との繋がりや私たちが関わらせていただく時間を大事にしていこうと原点に返ることができました。
(かんだ連雀 ワイン)


Posted by かんだ連雀 at 09:00 | かんだ連雀 | この記事のURL
毎年恒例です [2022年05月15日(Sun)]

5月15日掲載ブログ写真2.jpegかんだ連雀では、端午の節句に毎年菖蒲湯を行い、ご利用者に季節を感じていただいています。その際に、浴室前のホールに鯉のぼりを飾っています。
この写真は、大きな鯉のぼり見たNさんが、『まあーすごい』と大声をだして目を白黒されて、鯉のぼりに向かって行こうとしている瞬間です。童心に帰られていました。
菖蒲湯は香りが強くないので、端の方を少し切って、鼻のそばで、爽やかな香りを嗅いでいただきました。
恒例行事ではありますが、五感を使って今年もNさんをはじめ皆様に楽しんでいただけたと思います。
(かんだ連雀 プレーリードッグ)


Posted by かんだ連雀 at 09:00 | かんだ連雀 | この記事のURL
最後の帰宅 [2022年05月05日(Thu)]

5月5日掲載ブログ写真サイズ変更.jpegこの日は、入院先から介護タクシーを利用してご自宅まで戻られるため援助に入っています。
2週間ぶりの自宅で出迎えられたのは、四姉妹の長女とその娘である姪の二人。一時帰宅でしたが家族の和やかな雰囲気に包まれ、疲れた表情も見せず歓談に華が咲いていました。書類整理をするため一時帰宅されたのですが、思うように進まず。病院に持ち帰ってゆっくり確認しようと、方針を変えてひとまず荷造りのお手伝い。最後まで笑顔でその場を和ませています。タクシーのお迎えが来て搭乗する際も、会釈され何度もヘルパーにお礼を言われたのが印象的でした。
この日の訪問から二日後の4月30日に病院で容態が急変し、逝去なさいました。ご家族の方との会合もお別れの挨拶だったのかもしれません。
ご冥福をお祈りいたします。
(かんだ連雀 M)
Posted by かんだ連雀 at 09:00 | かんだ連雀 | この記事のURL
季節を感じる食事を・・・ [2022年04月26日(Tue)]

4月26日掲載分食事担当2.JPG4月のとある日の昼食です。この日の昼食は春らしく「たけのこご飯」をお出ししました。コロナ禍で外出もままならない中、少しでも食事で季節を感じて頂けたら・・・と献立はいつも試行錯誤です。4月は筍だけでなく、ふきのとうやタラの芽などお出しした日もありました。
いつも楽しみにしてくださっているご利用者の皆様のため、美味しいのはもちろんのこと季節を感じられる食事で楽しんでいただけるよう頑張っていきます。
(かんだ連雀 蓮根)

Posted by かんだ連雀 at 09:00 | かんだ連雀 | この記事のURL
気持ちを新たに [2022年04月17日(Sun)]

4月17日掲載ブログ写真サイズ変更.jpeg新年度になり、特別養護老人ホームの別のフロアへ異動となりました。
同じホームの中なので顔見知りの方ばかりですが、担当するのは初めてです。まだまだ知らないことがたくさんあります。
ご入居者の方々に笑顔で迎え入れていただきホッとしたのも束の間、慣れない環境に四苦八苦しているうちにあっという間に時間が過ぎていきます。
ようやくひと段落つき、ふと見るとご入居者のTさんが絵本を眺めていました。
先輩職員によると、Tさんのお気に入りの絵本なのだそう。
「好きなんだ」とTさんも楽し気にページをめくっていました。
新しい環境に慣れるまでまだ時間はかかりそうですが、ご入居者の皆様の好きなものや得意なこと、色々な一面を知って一緒に笑顔で過ごしていきたいです。

(かんだ連雀 いよかん)
Posted by かんだ連雀 at 09:00 | かんだ連雀 | この記事のURL
30年目の春 [2022年04月07日(Thu)]

平成5年組のメンバー.jpg1993年、この年は当法人のあさひ苑の開設に伴い、大勢の職員が入職しました。当時、20代前半だった私も、その中のひとりで、この年に入職した私たちは「平成5年組」と呼ばれるようにもなりました。
あれから、丸29年の月日が経過し、その中で、数えきれないほどの出逢いや別れを繰り返し、多くのことを学ばせていただきました。
入職当時の若さはもうありませんが、29年の経験を積み、得たものもあります。
目が見づらくなる、身体のあちこちに不具合が出てくる、記憶があいまいになるなどの実体験から、高齢者のできていたことができなくなってくることへの焦燥感…また、自身の親や親戚たちが高齢になり、介護する側の息子さんや娘さん世代の気持ち…ある程度の歳を重ねたからこそ、本当に理解できることも増えてきました。
きっと、ほかの施設で頑張っている平成5年組の同僚たちも、同じようなことを考えているんじゃないかなと思っています。
当法人の役割として掲げている「私たちは家族を支援します」という言葉をこれからも実践するべく、30年目の第一歩を踏み出したところです。場所は違えども、平成5年組の皆さん、まだまだ頑張っていきましょうね。
※掲載写真は、かんだ連雀の平成5年組のメンバーです。

(かんだ連雀 mint)

Posted by かんだ連雀 at 09:00 | かんだ連雀 | この記事のURL
どこかに行きたいな [2022年03月29日(Tue)]

かんだ連雀前の桜の木『暑さ寒さも彼岸まで』とありますが、桜の開花宣言の後に雪が降るという気温差の激しい中、体調を崩されたりしていませんか。
かんだ連雀のシンボル?ともいえる桜も開花し、施設を見守っているかのようです。コロナ禍で外出活動の自粛が続き「どこか行きたいね」と、入所されている方の声を何度となく耳にします。
「雪が降りましたよ」「桜が咲きましたよ」と、季節を感じていただける言葉かけを心がけ、コロナ禍の終息を願う毎日です。
                          
(かんだ連雀 YS)

Posted by かんだ連雀 at 09:00 | かんだ連雀 | この記事のURL
本人らしい生活について [2022年03月20日(Sun)]

ご本人のご意向をうかがっています先日、病院先から退院したKさん。私が、退院後、自宅へ訪問すると、エプロン姿で迎え入れてくださいました。Kさんへ「退院おめでとうございます。」と声をかけると、笑顔で「せっかく元気になったので、仕事を頑張ります」と張り切っておられました。
介護サービス利用のための打ち合わせの際、ご本人からご自宅でやりたいこと、今までのご自宅での過ごし方をうかがいました。
私は今まで、施設での勤務が長く、その人らしい生活に近づけることに限界を感じていました。今回は改めて、ご自宅は本人を元気にする場所であること、ご本人が、ご本人らしい生活するための手段(選択肢)はたくさんあることを実感しました。

(かんだ連雀 わらび餅)

Posted by かんだ連雀 at 09:00 | かんだ連雀 | この記事のURL
神田で元気にながいき教室を開催しました [2022年03月11日(Fri)]

神田で元気にながいき教室.JPG高齢者あんしんセンター神田では、年間6回「神田で元気にながいき教室」として、65歳以上の高齢者の皆さまや介護をしている家族の方々へ向けた講座を開催しています。
今年度最後の神田で元気にながいき教室として、3月1日に「認知症サポーター養成講座」を認知症カフェと共同開催しました。認知症キャラバンメイトが講師となり、認知症についての講義をさせていただきました。さらに、講義の内容をクイズ形式で出題、参加者の皆さまに考えていただくことで、より深く認知症の理解を深めていただいたようで、有意義な教室となりました。

(かんだ連雀 mii)

Posted by かんだ連雀 at 09:00 | かんだ連雀 | この記事のURL
北京オリンピック観戦にて [2022年03月01日(Tue)]

北京オリンピック観戦4年に1度の冬季オリンピック!
かんだ連雀でも盛り上がりました。
特別養護ホームの3階にはテレビが2台あるのですが、2台ともオリンピックが映る日もよくあり、日本人選手が出場されるたびにみんなで応援していました。
Mさんもそんなお一人。開催序盤に競技が行われたスキージャンプ…
日本代表が飛ぶと「おぉぉぉ!」と歓声を上げて、手を叩いて観戦されています。
しかし、日本人選手が終わり、他の国の方が飛んでいる時も「わぁぁぁ!」と手を叩かれ歓声を上げられています。
「いま飛んでいるのは日本代表じゃないですよ」と、私がMさんの横に並び、お声ををかけますと、
「いいのよぉ。みんな頑張っているんだもん!」「あぁ、ほら飛んだよ!すごいねぇ」と、
ニコニコと笑顔で返してくれました。
自分自身の心の何と狭いことか…と、何か教えていただいた気分になりました。

(かんだ連雀 すずえもん)

Posted by かんだ連雀 at 09:00 | かんだ連雀 | この記事のURL
| 次へ