CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

 

«カエル!ジャパン | Main | 保育夕涼み会»
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

多摩同胞会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tamadohokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tamadohokai/index2_0.xml
やっぱりカリメロ? [2008年08月06日(Wed)]

先日、普段は明るく冗談を言っては周りを和ませてくださっている80歳になるFuさんが神妙な顔をして相談に来られた。

『床屋一筋で仕事をしてきて趣味もないし、今、生きてる気がしない。このままボケていってしまう、何かすることなぁい?』と。

これまでも散歩をはじめ、色々薦めてきたものの、なかなか本人の満足する解決策がなかった。

そこで、ひらめいたのが『床屋さん』のキーワード! よぉ〜し、人肌脱ぐかぁ!と私の散髪をしてみるかと提案してみた。

これにはFuさんも乗り気!早速、割烹着を借りてきて、ウキウキで散髪が始まった。
さすがに40年も続けられた仕事だけあって、手際が良い。

と思ったのも束の間、髪を切る音が段々と変わっていく・・・サクサクとしてた音がジョギジョギに・・・(そういえばブランクが20年)
 
どう?と仕上りを聞かれ、『バッチリ。まだまだ出来ることがあるのだから、自信を持って!』とお伝えした。

喜んで帰っていかれた。明日から何かが変わるといいと思う。
と言ったものの、しばらくはカリメロ…とほほ。
(緑苑 (イビキ+歯軋り+無呼吸)=オイラ)
Posted by 緑苑 at 15:17 | 緑苑 | この記事のURL