• もっと見る

その後2 [2012年05月23日(Wed)]
珍道中の続きです。
新副代表とお互い夕食後合流し、
16日夜は、江戸川在宅支援事業所
代表大越さんのご自宅にお世話になりました。


次の日の朝4時まで、あれやこれやと話に花が咲く咲く。
東京の介護系NPOの話をいろいろと教えて頂きました。

17日、午後からのSRフォーラム2012の
分科会「人を育む基盤の整備」に参加。
人を育てる重要性と難しさを実感し、新副代表とともに、
今後の宅老連絡会に照らし合わせ考えさせられました。

で、結論・案は?

残念かな分科会でも”難しい”で終わり、
具体的な解決策はありませんでした。
これがどこでも抱える現状なのだと再確認。

ある意味良い収穫でした。

そして、いくつか介護事業所を見学し、
宮城との違いに関心するや、驚くや、
所変われば介護施設も違ってくるのだとびっくり。

しかし、
人をケアする思いは、どこでも同じだと感じました。

待ちに待った夕食は、又「もんじゃ」
江戸川在宅支援事業所の代表大越さん、スタッフさんと
一緒に、わいわいと頂きました。

二日目も大越さん宅にお世話になり、
昨日に引き続き、又、次の日の朝4時まで
おしゃべりは続く・・・・・。

江戸川在宅支援事業所 代表大越さんは、
3.11震災からのお付き合いです。
物資の支援もさることながら、
一緒に悩み、怒り、泣き、笑い、
そして、いつも励ましてくれました。
「ホント、不思議ね〜。こうして一緒に
おしゃべりしてるなんてね。
50代、40代、30代こうも年代が違うのに、話、
合うよね。私たち、わっはっは!」
まじめな話からしょうもない話まで、
三人でしゃべった、しゃべった!

大震災をきっかけに出来たご縁でした。

このご縁に心から感謝します。











トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

事務局さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/takurou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/takurou/index2_0.xml