CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年09月 | Main | 2011年11月»
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
柳沢まちづくり 日曜朝市感謝祭 [2011年10月31日(Mon)]
平成23年10月30日(日)、柳沢地域まちづくり推進委員会の柳沢日曜朝市は、今年最後の開催につき、感謝祭を行いました。
例年通り、餅つき&餅振る舞いを行い、たくさんのお客さんで賑わいました。
今年もありがとうございました。また来年5月、元気にお会いしましょう!

柳沢まちづくり 大豆の会収穫 [2011年10月31日(Mon)]
平成23年10月27日(木)〜29(土)、柳沢地域まちづくり推進委員会の大豆の会では、大豆の収穫を行いました。
畑に実った大豆を根ごと引き抜き、盛り上げて行く作業です。
それぞれの会員がそれぞれの時間に分担して作業を進めました。

大沢まちづくり 山田町へチャグチャグ米(2) [2011年10月25日(Tue)]
平成23年10月23日(日)、大沢地域まちづくり推進委員会が山田町へ、体験ツアーで収穫した米をお届けしました。 第2弾です!





大沢まちづくり 山田町へチャグチャグ米(1) [2011年10月24日(Mon)]
平成23年10月23日(日)、大沢地域まちづくり推進委員会が実施した「大沢まるごと体験ツアー2011」で収穫した米が、山田町に届けられました。
チャグチャグ馬コも山田町へ出かけ、乗馬体験や撮影会に加えて、大沢さんさ踊りも披露されました。

この模様は、10/24の盛岡タイムスにも掲載されました。

chagumai_to_yamada.pdf

【山田町に届けられた米】
※ひとつずつの袋に、『元気になってください』『体に気をつけてがんばってください』等の応援メッセージが添えられました。

【準備の様子】
※5kgずつの袋詰めとラベル貼り












また、村のホームページでもお知らせしています。
→「写真でみるニュース」米約500キロなど贈呈〜山田町との絆いつまでも
柳沢まちづくり 大豆の会-稲刈り- [2011年10月20日(Thu)]
平成23年10月19日(水)、さわやかな秋晴れの下、雨で順延になっていた大豆の会の稲刈りの作業がおこなわれました。
雨で倒れた稲を起こす作業に始まり、機械では刈ると同時に脱穀、根が濡れていたり、倒れて起きない稲などは、手作業の稲刈りです。
慣れない人・慣れた人、それぞれ教えを乞い・乞われ、作業を進めていきました。
当初、翌日の2日間での作業を見込んでおりましたが、この日のうちに作業は終了しました。















地域づくりネットワークもりおか 宿泊研修交流会 [2011年10月11日(Tue)]
平成23年10月7日(金)〜8日(土)、地域づくりネットワークもりおかの宿泊研修交流会が、1泊2日で開催されました。
今年の開催市町村は八幡平市で、同市のイーハトーブ火山局と自然休養村なかやま荘にて行われました。

↓地域づくりネットワークもりおかの高家会長の挨拶から始まりました。

↓NPO遠野エコネット代表の千葉和氏の「理想郷は何処にある?」というテーマの講話を聴きました。
また、講話の後で千葉氏所属の“デクノボーブラザーズ”の復興支援ソング「この空の下」も聴くことができました。

↓八幡平市と、同市で活躍する七時雨ロマンの会会員そして地域づくりネットワークもりおかの副会長でもある畠山氏の案内で、聖福寺・寺田城址・白坂観音・北上川北限の湧泉地など、八幡平の名所旧跡を見学しました。















↓日没の頃には、同じく副会長の小赤澤氏(雫石野菊の会代表)の先導の下、夢灯りが灯されました。
牛乳パックなどで作られた灯篭が、なかやま荘の玄関前に灯り、幻想的な世界をかもし出していました。これらは被災地でも灯されたとのことです。

地域づくりネットワークもりおかの会員・県の振興局や市町村担当者がそれぞれの地域で行っている活動について情報交流を行い、より良い地域づくり活動に発展させることを目的として有意義な交流会、研修会となりました。
元村まちづくり 第3部会 [2011年10月11日(Tue)]
元村地域まちづくり推進委員会は平成23年10月6日(木)、滝沢ふるさと交流館において、元村地域まちづくり推進委員会第3部会を行いました。

第3部会は、環境について考える部会で、EM菌を使って河川の清浄化を図る取り組みを行ったり、河川清掃を行ったりして、地域の自然環境の維持改善に努めています。

今回の部会では、今年度事業の振り返りと、毎年実施している河川の水生生物調査の今後の進め方等について話し合いが行われ、参加した皆さんからは今までの体験談を踏まえた様々な意見が出されました。

小岩井まちづくり 小岩井第二公民館整備 [2011年10月06日(Thu)]
小岩井地域まちづくり推進委員会は平成23年10月1日(土)、今年度の事業の一つである小岩井第二公民館整備事業を行いました。
今回は、公民館の敷地で遊ぶ子ども達の安全を守るため、敷地内にネットフェンスを建てるもので、参加した30名近くの皆さんが協力し、手際よく作業した結果、とてもすばらしい手作りのフェンスが、半日で出来上がりました。
会長をはじめ参加した皆さんは、晴天の下、とても気持ちの良い汗をかくとともに、その出来栄えに満足していました。

























大沢まちづくり 収穫祭 [2011年10月03日(Mon)]
大沢地域まちづくり推進委員会が今年6月に実施した「大沢まるごと体験ツアー2011」の際に植えた稲やサツマイモの収穫体験が、平成23年10月2日(日)南部曲り家「藤倉家」周辺で行われました。

収穫体験には、6月にも参加した地域周辺の保育園の園児や小学生が参加したほか、被災地から避難されている小学生も参加しました。











稲を刈るだけではなく、昔ながらの脱穀を体験してみるなど、参加した子ども達は、収穫の秋を満喫していました。

大釜まちづくり 歴史講座 [2011年10月03日(Mon)]
平成23年10月1日(土)、大釜地域の遺跡にて、村教育委員会主催の歴史講座の見学会が行われました。

この歴史講座は全3回(第1回:9月10日、第2回:9月24日、いずれもふるさと交流館での講義)の3回目で、滝沢村役場生涯学習課の井上主任主査の説明により、古代末から戦国期の城館をたずねました。

今からおよそ1,000年前の平安時代末期には安倍氏や藤原氏が活躍し、約400年前の戦国時代は多くの領主が出現、それに伴い多くの城館が築かれました。

滝沢村は、厨川柵・嫗戸柵の関係から前九年合戦の最終決戦場として、また奥州藤原氏の時代は奥州合戦の最後の舞台となりました。

戦国時代には斯波氏と南部氏の激しい抗争のなか、軍師綾織越前広信、大釜氏、福士氏などの領主が活躍しました。

今回の歴史講座では、滝沢村で活躍した平安時代末の安倍氏、藤原氏と、戦国時代の領主(大釜氏)とその城館(大釜館、八幡館山)について学びました。

<八幡館山への入口>

<生涯学習課、井上主任主査の説明を聞きながら頂上へ>

<1週間前に環境整備を行った、大釜地域まちづくり委員会の武田会長のご挨拶>

<見晴らしの良い八幡館山の歴史的価値や役割も勉強しました>

<見張用の八幡館山に対して、居城である大釜舘>