CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年06月 | Main | 2010年08月»
<< 2010年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
越前堰を視察しました [2010年07月27日(Tue)]
小岩井地域まちづくり推進委員会の越前堰部会の皆さんが、7月25日、数年前に氾濫した箇所などの視察を行いました。
猛暑の中、視察には10名が参加し、角館部会長の説明を熱心に聞きながら、今後の取り組みに向け気持ちを一つにしていました。






地図作りワークショップ(後編) [2010年07月26日(Mon)]
前回に引き続き、ワークショップの模様をお伝えします。


大沢地区には全部で7つの「蔵」が現存しています。「大沢まるごと体験ツアー」では蔵をオープンカフェとして開放する計画です。



撮影してきた写真に説明文を付け、地図に張っていきます。


集めてきた情報を共有し、改めて話し合いました。
地域の人と外部の人がそれぞれの視点で見つめることで、大沢の新たな魅力を掘り起こすことができたと思います。


地図が完成しました!大沢らしさが伝わってくる地図に仕上がりました。

この地図は、来月22日に開催される「大沢まるごと体験ツアー」の際に張り出す予定です。
是非、この地図を参考に大沢を散策していただきたいと思います。
EM活性液完成!! [2010年07月26日(Mon)]
「EM菌の二次培養が無事終わりました。」との連絡を頂き、完成した「EM活性液」をペットボトルに移し変える作業を見に行ってきました。

「EM活性液」は全部で500リットル出来上がり、それを2リットルのペットボトル250本に移し変えました。


作業風景




地図作りワークショップ(前編) [2010年07月23日(Fri)]
来月22日に開催される、「大沢まるごと体験ツアー」の準備の一環として、大沢地区の魅力を掘り起こし、手書きのマップにおこすワークショップを行いました。


地元の方に案内をしていただきながら、歴史、文化、自然など、幅広い視点から大沢らしい風景を探索しました。

少しですが、ご紹介します。


出発前のミーティング。3つの班に分かれて、担当の地域を廻ります。


少し歩くと、飲料水として利用されていた湧き水「さぎさわのすずこ」を発見、雑木林も美しいです。




農業用水路(越前堰)に下りるスロープ。これは、農耕馬を洗うために設けられたものです。農業を営む方が多い大沢ならではの風景です。


田園風景も大沢の大きな魅力の一つです。稲が風に揺れていました。


まちづくり推進委員会運営会議 [2010年07月16日(Fri)]
7月14日、元村地域まちづくり委員会運営会議が開かれました。

元村地域まちづくり推進委員会では、4つの部会を立ち上げそれぞれ活動を行っています。


第1部会からは、植林、水生生物調査について。

第2部会からは、道路安全施設について。

第3部会からは、EM菌の啓蒙活動、河川清掃について。

第4部会からは、街区標示板の設置について。


など、多くの提案がなされ、活発な議論が行われました。


EM菌培養報告 [2010年07月15日(Thu)]
EM菌培養報告です。

EM菌は二回の培養を経て、EM活性液として使っています。

二次培養の仕込を行うという連絡を頂き、培養施設に行ってきました。



写真は、EM菌培養液に糖蜜を混ぜ、二次培養に使うタンクに移しているところです。
2週間程度の培養期間を経てEM活性液が完成します。




写真は、米ぬかにEM菌の培養液を混ぜ込みEMボカシを作っているところです。
EMボカシは、肥料や土壌の改良剤として使用できます。


市民農園「クラインガルテン」の近況です [2010年07月09日(Fri)]
7月8日、柳沢地区の市民農園「クラインガルテン」の様子を見に行ってきました。

このブログでも何度か掲載していますが、「クラインガルテン」は、柳沢地域まちづくり推進委員会が滝沢村の土地を借り受け開設しているものです。
個人や団体、いろいろな方が利用しています。

連日の好天で、作物は順調に生育しています。
収穫も間近のようです。