CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 05.鵜飼まちづくり | Main | 07.元村まちづくり»
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
姥屋敷いきいき21推進委員会 自分たちの手で夏祭りステージを改修 [2014年08月13日(Wed)]
 平成26年8月13日(水)姥屋敷いきいき21推進委員会と、姥屋敷小中学校の皆さんが、翌14日に行われる姥屋敷自治会主催の夏祭り準備のため、まつり広場のステージの改修作業を行いました。
 子どもたちは手形でステージの壁に桜を描き、まちづくりの皆さんはステージの床を塗装しました。
 おかげで翌日に行われた、夏祭り【拓魂祭】はとても盛況でした!


IMG_1956.JPG

IMG_1949.JPG

IMG_1943.JPG
ヤマブドウをジュースに加工。 [2010年10月12日(Tue)]
姥屋敷まちづくり委員会でヤマブドウの栽培をしていらっしゃる、宮林さんと秋場さんからヤマブドウジュースの加工を行うとのご連絡を頂いたので、お邪魔してきました。

当日は地域の方々4名で作業にあたっていました。

まず、収穫したヤマブドウを圧搾します。



絞ったジュースをアクを取り除きながら加熱します。


瓶詰めをして完成です。
大手スーパーで販売しています。是非味わってみてください音符
姥屋敷の秋の幸 [2010年10月04日(Mon)]
姥屋敷にある、秋場さんのヤマブドウ畑にお邪魔してきました。

秋場さんは、前回ブログでご紹介した宮林さんと同様、ヤマブドウの栽培から、ジュースの販売までを行っている農家さんです。


秋場さんは、まったく農薬を使用しないで、安全安心なヤマブドウの栽培に取り組んでいます。
収穫の真っ最中でしたので、その様子を見せていただきました。


今週末からジュース作りに取り掛かるとのことでしたので、ブログでその模様もお伝えする予定です太陽


そして、秋場さんのヤマブドウ畑の道を挟んで向かい側には、産直「停車場」があります。

「停車場」は、きのこや野菜の販売の場であると同時に、地域のお母さんたちの憩いの場でもあります。
そのため、買い物に行くと、もれなくお母さんたちとの楽しいトークが付いてきます。


産直「停車場」の地図ですいつも売切れてしまうそうなので、お早めにどうぞ。

より大きな地図で 滝沢 を表示
ヤマブドウ、たわわに実っています。 [2010年09月15日(Wed)]
姥屋敷いきいき21推進委員会では「姥屋敷をヤマブドウの里にするぞ事業」として、地場産業の振興のため、遊休農地を活用し、山ぶどうの栽培と製品化を行っています。


栽培農家の宮林さんの畑では、山ぶどうが収穫期を迎えています。ブドウ畑は迷路のようで不思議な空間です。



ヤマブドウは葡萄に比べて高濃度のポリフェノールを含み、生活習慣病の予防効果が期待されています。
宮林さんの育てるヤマブドウは、実が大きく、甘いのが特徴です。


収穫が終われば、ジュースの製造が始まります。完成が今から楽しみですねびっくり