CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«盛岡広域振興局よりお知らせです | Main | まちづくり交流フォーラム午後の部»
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
まちづくり交流フォーラム午前の部 [2011年02月21日(Mon)]
2月20日、滝沢ふるさと交流館において、「まちづくり交流フォーラム2011」が開催されました。


「まちづくり交流フォーラム」は例年、基調講演とパネルディスカッションという形式で行なわれてきましたが、今年はワークショップ形式で滝沢村のこれからのまちづくりについて話し合いを行ないました。


それでは、「まちづくり交流フォーラム2011」時系列で振り返ります。


会場設営は、今回のフォーラムに全面的にご協力をいただいている「NPO法人風波デザイン」さんのアドバイスのもと、テーブルやパネルの配置を行ないました。

最終的にはテーブルを円形に配置し、コンパクトで一体感のある会場が出来上がりました。



各まちづくり委員会の活動事例パネルの掲示等が行なわれ、姥屋敷からは山ぶどう原液ジュースも持ってきていただきました。

それぞれの委員会の活動を振り返ると、あらためて滝沢村の住民の方のパワーを感じましたし、他地域の方も情報を共有でき、これからの活動に向けてよい刺激を受けられたのではないでしょうか。



大沢地域まちづくり推進委員会の藤倉恭一事務局長、東部まちづくり推進委員会の及川博康会長から今年度の活動を振り返り、見えてきた課題や事業のポイントなど、貴重なお話をいただいた後、ワークショップに突入です。


ワークショップは、応募いただいた住民の方、滝沢村職員、ファシリテーターとして、風波デザインのメンバーが入り行なわれました。

ワークショップ初体験という方が多数いらっしゃったこともあり、皆さん遠慮がちで静かなスタートとなりましたが、時間が経つうちに、議論が白熱してきたグループもありました。

村職員も住民の方も、滝沢村をよりよくしていきたいという、共通の目標のもとに話し合いを重ねることができたのは大変有意義なことだったと思います。



ワークショップが行なわれているとき調理室では、ワークショップの合間に行なわれる「交流カフェ」の準備が着々と進んでいました。



つづきます。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント