CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
2013年、
竹内街道は1400年を迎えます!手(チョキ)


竹内街道歴史資料館友の会では
竹内街道はもちろん、
聖徳太子や磯長谷の歴史に関する
見学会や講演会などを企画・開催しています。

竹内街道をもっと知りたい・・・
       もっと体験してみたい・・・
という皆さんの声で運営されています。
「南河内の縄文」展 始まりました! [2011年03月04日(Fri)]

2日から「南河内の縄文」展が始まりました。
個人的には縄文って、地味な印象があったのですが、展示ケースに
並べてみると、なかなかのものになりました。
特に今回太子町内では、初めて調査された縄文時代の集落遺跡と
なったミヤケ北遺跡の突帯文土器は、大きさもあってナカナカのもの
ですよ。
また友情出演で河南町教育委員会保管の神山(こうやま)遺跡の縄
文土器も出品いただきましたが、南河内の縄文土器の中では最も
縄文らしく、破片も比較的大きな良好な資料です。
小さな展示ですが、この機会に是非ご来館ください。
講演会の方も受付中です。展示とあわせて参加いただければ、幸い
です。
もうすぐ閉会です/「古い道具」展 [2011年02月24日(Thu)]
1月12日から開催していた「古い道具」展が今週で閉会します。
今年も期間中、下記のとおり、たくさんの小学校の皆さんにお越
しいただきました。ありがとうございました。
例年、代わり映えしない展示なのですが、毎年、お越しいただい
ている学校も多く、感謝をしております。
いつもはどちらかというと、高齢の方の利用が多い施設ですが、
この時期だけは子どもたちの元気な声が館内に響きます。
学校対応に関しては、この古い道具展だけに限らず、町内への
遠足やオリエンテーリング、様々な歴史に関する授業のサポート
などもさせていただきますので、是非、いろいろご相談、ご要望
ください。


1月20日(木) 河南町立大宝小学校
1月21日(金) 太子町立幼稚園
1月26日(水) 太子町立山田小学校
1月27日(木) 河南町立石川小学校
         富田林市立新堂小学校
1月28日(金) 富田林市立久野喜台小学校
1月31日(月) 太子町立磯長小学校@
2月1日(火) 太子町立磯長小学校A
2月2日(水) 富田林市立大伴小学校
2月3日(木) 太子町立磯長小学校B
2月4日(金) 河南町立白木小学校
2月10日(木) 富田林市立喜志小学校
2月16日(水) 河南町立中村小学校
         富田林市立彼方小学校
2月17日(木) 千早赤阪村立赤阪小学校
2月23日(水) 千早赤阪村立小吹台小学校
「南河内の縄文展」を開催します [2011年02月16日(Wed)]

府道柏原駒ヶ谷千早赤阪線の太子南交差点付近で、約3,000年前
の縄文時代晩期の集落遺跡が発見され、ミヤケ北遺跡と命名されま
した。太子町では、初めての縄文時代の集落の発見となります。竹
内街道歴史資料館では、このミヤケ北遺跡の発掘成果を中心に「南
河内の縄文展」を開催します。

[と き] 平成23年3月2日(水)〜3月27日(日)
[ところ] 太子町立竹内街道歴史資料館 第2展示室
     開館時間;午前9時30分〜午後5時
                   (ただし入館は午後4時30分まで)
     休 館 日;毎週月・火曜日
     入 館 料;一般200円、高校生・大学生100円、小・中学生50円

◆記念講演会
 [と  き] 平成23年3月21日(祝・月) 午後1時30分〜4時
 [と こ ろ] 太子町立竹内街道歴史資料館 講座室
 [内  容] 「ミヤケ北遺跡の発掘調査成果」
                     大阪府教育委員会 山田 隆一 氏
        「南河内の縄文文化」大阪府教育委員会 大野 薫 氏
 [参 加 費] 無料(ただし別途、資料館入館料が必要です。)
 [定  員] 40名(定員を超えた場合は抽選となります。)
 [申込方法] 往復ハガキに参加者の住所・氏名(フリガナ)・年齢・電
        話番号と返信用宛名を明記し、下記までお申し込みくださ
        い。(ハガキ1枚につき2名まで)
          〒583-0992 大阪府南河内郡太子町山田1855
           太子町立竹内街道歴史資料館「縄文講演会」係
 [申込締切] 3月10日(木)必着

◆主 催  大阪府教育委員会・太子町教育委員会
「河内飛鳥歴史ウォーク」のご案内 [2011年02月15日(Tue)]
近つ飛鳥博物館・太子町共同企画「河内飛鳥歴史ウォーク」
−梅鉢御陵と磯長谷の王陵を巡る−

                            用明陵古墳

日時;平成23年3月5日(土)
内容;
 10:00 開会
 10:05 講演「磯長谷の王陵と蘇我氏」
           平林章仁氏(龍谷大学文学部教授)
               場所;大阪府立近つ飛鳥博物館地階ホール
 11:45 特別展「歴史発掘おおさか」観覧および昼食
 13:00 歴史ウォーク(近つ飛鳥博物館→叡福寺)
 16:30 解散/叡福寺(予定)
定員;200名
参加費;600円(保険代、資料代、入館料)
応募方法;往復ハガキに住所、氏名、年齢、電話番号、返信用宛名を
 記入の上、近つ飛鳥博物館まで申込ください。ハガキ1通で3名まで
 申込できます(全員の住所、氏名、連絡先を記入のこと)。
 ※講演のみの参加も可能ですが、参加費は同額となります。
応募先;〒583−0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299
                大阪府立近つ飛鳥博物館
                「河内飛鳥れきしウォーク」係
応募締切;2月19日(土)必着
備考;竹内街道歴史資料館友の会会員は優先的に参加できます。
 ハガキに友の会会員と明記してください。
   
古い道具展−磯長小学校− [2011年02月03日(Thu)]
きょうは太子町立磯長小学校が古い道具展に来館です。
磯長小学校は人数が多いので、クラス別に来てもらってます。
きょうは3クラス目で最後の日でした。



石臼できなこを引きます。

ここの展示物は、全部触ってもらえます。
シンポジウム「飯豊天皇」を考える [2011年01月31日(Mon)]

金剛・葛城地域博物館ネットワーク協議会の第8回シンポジウムが
1月30日(日)に葛城市歴史博物館で開催されました。
会場はほぼ満員の約200名の皆さんに参加いただきました。
飯豊女王は、清寧天皇の死後に皇位継承が難航したとき、忍海高木
角刺宮で臨時に政務を執った人物ですが、記紀はその即位を記して
いないため、幻の女帝とされます。
当日は、記念講演「古代史における飯豊女王」と題して水谷千秋先
生(堺女子短期大学准教授)が記紀などに記された飯豊女王の記載
を元に、その人物像や性格に迫られ、石野博信先生(香芝市二上山
博物館館長)が「倭国の女王卑弥呼と台与」、小栗梓先生(大阪府立
近つ飛鳥博物館学芸員)が「古墳時代の女性首長像」、そして恥ずか
しながら私が「飛鳥の女帝・推古天皇」と題して講演をしました。
そのあとは神庭滋先生(葛城市歴史博物館学芸員)も参加して、討
論が行なわれました。
「日本最初の女帝は誰か?」みたいな話になると、私的には推古天皇
派にならざるを得ないので、大変ビクビクしましたが、集中砲火を浴び
ることなく、無事に討論を終えることができました。
古い道具展−山田小学校− [2011年01月28日(Fri)]
1月26日(水)は、町立山田小学校が来館。
古い道具展を見ていただきました。


回転式脱穀機の体験中です。



これは唐臼。知ってます?玄米を精米する道具です。



大八車です。乗るとみんな大喜び。
古い道具の最初のお客様 [2011年01月24日(Mon)]
「古い道具」展の最初のお客様は、太子町立幼稚園の園児たちでした。
この展示の見学は、ほぼ全て小学校3年生なんですが、町立幼稚園は
お散歩がてら、毎年お越しいただいています。
いつもより小さいお客様ですが、とってもかわいく、体験指導している方
も、少しのんびりしてしまいます。
町立幼稚園が来ると恒例なのが、「写んです」の写真撮影会。
みんな、それぞれに写んですを持ってきて、写真で古い道具たちの写真
を撮って帰られます。
大きくなって、その写真を見たときに、何か覚えてるのでしょうか?

「古い道具」展が始まってます [2011年01月19日(Wed)]
毎年冬の恒例展示、「古い道具」が1月12日(水)から始まってます。
この展示は、近隣の小学校3年生を対象とした体験学習対応の展示
で、太子町内だけでなく、河南町や富田林市の小学校からも見学に
来ていただいてます。
団体で来ていただいた学校には、展示物の説明と体験実習を学芸
担当が担当して、1時間30分から2時間のコースで実施します。
2月27日(日)まで開催していますので、是非お越しください。
ただ団体予約は2月中頃までは、平日がほぼ埋まってしまいました。


あけましておめでとうございます [2011年01月12日(Wed)]

新年のごあいさつが遅くなりました。
昨年は友の会の本格稼動1年目ということで、何かと事務局の
不手際もあり、会員の皆さんにはご迷惑をお掛けしました。
年度としてはまだ3ヶ月ほどありますが、よろしくお願いします。
残り3ヶ月ですが、友の会の会員の皆さんにご案内する事業が
まだ2つほど計画中です。ぜひご参加くださいね。
来年度に向けても現在、いろいろ検討中です。
見学会の行先や「こんな企画があればなあ」というようなこと、
何でもご希望があれば、ブログへ書き込みをお願いします。