CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« その他の遺跡 | Main | 友の会事業»
雲崗石窟(中国/大同市) [2009年06月05日(Fri)]
岩屋のお話を前にしました。二上山の山中にある奈良時代の石窟寺院です。二上山にはもうひとつ、鹿谷寺跡という石窟寺院もあるのですが、それは次回の機会にするとして、海外の石窟寺院もついでに紹介しておきましょう。
 町内にこのようなお寺があるおかげで、個人的にも中国や半島の石窟寺院や石造物には、少なからず関心があります。学問というよりも、ちょっと物見遊山チックな立場ですが・・・。そんなことで、たびたび中国、韓国を訪れ、その手の遺跡を個人的に見て回ってます。特に中国のものはスケールが違う!写真は中国の大同市にある雲崗石窟第20窟。大きさもさることながら、なかなか美しい!洛陽の龍門石窟にも行きましたが、これも眼前に河が流れる、なかなかの景勝の地でした。
 遣隋使や遣唐使たちは、どんな思いでこれをながめていたんでしょう・・・。現在の私たちにもこれだけのインパクトがあるんですから、きっと彼らはもっと驚いたでしょうねえ。