CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 友の会事業 | Main | 学芸員の部屋»
おおさかふみんネット/南河内生涯学習広域講座のご案内 [2010年11月30日(Tue)]
おおさかふみんネット/南河内生涯学習広域講座が下記のとおり、
開催されます。毎年、南河内の歴史や文化を紹介する講座として
開催されており、今年は中世の城郭をテーマに全4回の連続講座
となっています。興味のある方は、是非、ご参加ください。


南河内郷土探訪−南河内の中世城郭−(全4回)

第1回 2月2日(水)午後2時〜
                松原市民ふるさとぴあプラザ
「南河内から見た日本の城」 千田嘉博(奈良大学文学部教授)

概要;中世の城郭への関心が高まっています。しかし中世の城跡
は建物が残されておらず、わかりやすくありません。そこで中世の
城跡の見方をまずお話します。ついでに南河内のすぐれた中世城
館跡を紹介し、そうした城跡を日本各地の城跡と比較して、特徴を
明らかにします。

第2回 2月9日(水)午後2時〜
                松原市民ふるさとぴあプラザ
「楠木正成と中世山城−赤坂城塞を中心に−」
               和泉大樹(千早赤阪村教育委員会)

概要;南北朝動乱期、楠木正成は千早赤阪の地に城塞群を築き、
幕府軍と相交えました。それらはどのような山城だったのでしょう
か?計画的に配置されたのでしょうか?発掘調査の成果なども
盛り込みながら、楠木正成により千早赤阪に築かれた山城の概
要を中心にお話したいと思います。

第3回 2月25日(金)午後2時〜
             河内長野市立三日市市民ホール
「南河内の内乱と烏帽子形城」
               太田宏明(河内長野市教育委員会)

概要;烏帽子形城は、河内の守護大名・畠山氏の城として登場し、
その後は三好氏、織田氏、豊臣氏などの勢力によって使われて
きました。まさに、戦国時代の合戦史の証人なのです。河内長野
市教育委員会では、この城についての調査・検討を進めています
が、今回の講演では、最新の調査成果をもとに、城の構造や歴史
的役割について解説したいと思います。

第4回 3月4日(金)午後2時〜
             河内長野市立三日市市民ホール
「嶽山城の盛衰について」
               中村浩(大阪大谷大学文学部教授)

概要;富田林の南郊の嶽山は、東中腹に奈良前期の龍泉寺が
位置し、南北朝時代にはその頂上に龍泉寺城が構築されていた
ことが『太平記』に見えます。しかし歴史史料に頻繁に登場するの
は室町時代末期に岳(武)山城で畠山義就との関連でみられ、や
がてその没落以降まったく歴史上から姿を消します。今回はその
嶽山城の盛衰について史料から考えてみたいと思います。

申込人数;150名(申込多数の場合は抽選)
対象者;全4回出席可能であればどなたでも
受講料;500円(全4回分)

申込方法;往復ハガキに住所、氏名、郵便番号、氏名(ふりがな)、
年齢、電話番号と返信用宛名を明記の上、申込。
1枚のはがきで2名まで申し込めます。その場合、2名とも住所、氏
名、年齢、電話番号を明記ください。
申込期限;平成22年12月22日(水)必着
申込先;〒583−8585 河南町大字白木1359−6
河南町教育委員会教育課「ふみんねっと南河内係」

お問合せ;河南町教育委員会教育課 0721−93−2500
「竹内街道ぶらり散策」参加者募集! [2010年09月14日(Tue)]
羽曳野市と太子町の共同企画でウォークイベントが開催されます。
短いお手軽コースで竹内街道の魅力に触れてみませんか?



◆日時;10月16日(土)13時出発/17時30分解散(予定)
◆コース;であいの道(近鉄駒ヶ谷駅北側徒歩1分)
                       →太子町立万葉ホール(約6km)
◆参加費;無料
◆募集定員;200名(応募多数の場合は抽選となります。)
◆申込方法;往復ハガキに@代表者氏名(ふりがな)A年齢B郵便番号
 C住所D電話番号E参加人数と返信用宛名を記入の上、下記までお
 申込みください。
        〒583−8585 羽曳野市誉田4丁目1番1号
           羽曳野市教育委員会 生涯学習室 社会教育課
                            世界遺産登録準備室宛
◆申込締切;10月6日(水)必着
◆備考 @参加者は当日、竹内街道歴史資料館に無料入館できます。
     Aウォーク終了後には、抽選会を開催する予定です。
     B当日は太子町内の竹内街道沿いで「灯路祭り」が開催されて
      いますので、ウォーク終了後に是非、ご参加ください。
古民家構造見学会 [2010年02月19日(Fri)]
古民家の解体・移築にともなって
構造見学会が開かれます。チラシの内容のとおり、ご案内
をお知らせしますので、参加されたい方は、各自でお問合
せ、お申込みください。

場所;大阪府南河内郡太子町山田
日時;2010年2月28日(日)13:00〜16:00 ※要予約
「築350年の古民家が移築再生のため、現在、内部の天
井板、床板等を取りはずす工事がすすめられています。
こちらの民家は兵庫県丹波市に移築し再生されます。
釘を使わず、材と材を接合させている大工の技は一見の
価値があります。天井板を取りはずすと、梁に「寛政九年
(1797年)に改造」と墨で書かれていました。
今回は屋根と骨組みだけになった貴重な構造見学会で
す。見学ご希望の方は下記までご連絡下さい。」

                       輝建設株式会社
                        大阪市福島区吉野4−19−3
                        TEL.06−6467−5035
                        FAX.06−6467−5037
                        Mail:info@terukensetsu.jp
みなみかわちガイドネットワークウォーキング [2009年09月15日(Tue)]
「2009秋 みなみかわちガイドネットワークウォーキング」
が開催されます。
各地のボランティアガイドさんと一緒に歩くツアーです。
詳細は各コースの主催団体へお問い合せください。

第1回 10月3日(土)
      「秋の東高野街道を歩く〜柏原から古市宿〜」
       □9時30分JR柏原駅西口1階集合
       □参加費200円(申込不要)
       □募集人数100人
       □藤井寺市観光ボランティアの会(079-939-1086)
第2回 10月17日(土)
      「東高野・巡礼街道〜古市宿から富田林へ〜」
       □9時30分羽曳野市市役所集合
       □参加費200円(申込不要)
       □募集人数100人
       □フィールドミュージアムトーク史遊会
                 (細見;080-5328-1137)
第3回 10月31日(土)
      「聖徳太子と竹内街道」
      □9時30分和みの広場(叡福寺東側)集合
      □参加費200円(往復はがきで申し込み)
         〒583−8580
         南河内郡太子町山田88番地
         太子町役場内 太子街人の会
      □募集人数100人
      □太子街人の会(加藤;090-4561-1537)
第4回 11月15日(日)
      「松原中高野街道」
      □13時松原市民ふるさとぴあプラザ集合
      □参加費200円(申込不要)
      □募集人数100人
      □(財)松原市文化情報振興事業団(072-336-6800)
第5回 11月21日(土)
      「大師が手招くひと筋の道/高野街道」
      □9時30分河内長野市観光案内所
      □参加費200円(申込不要)
      □募集人数100人
      □かわちながの観光ボランティアガイド倶楽部(0721-55-0100)
第6回 11月29日(日)
      「龍田道から業平道を歩く」
      □9時30分JR河内堅下駅集合
      □参加費200円(申込不要)
      □募集人数100人
      □柏原の郷土史を探る会(中島;072-972-5680)
第7回 12月6日(日)
      「富田林寺内町」
      □9時30分近鉄富田林駅北口集合
      □参加費200円(往復はがきで申し込み)
         〒584−0033
         富田林市富田林町9−29
         じないまち交流館内
      □募集人数100人
      □富田林寺内町ボランティアガイドの会(0721-26-0110)
「太子街人の会」養成講座 [2009年08月31日(Mon)]
 観光ボランティア「街人の会」では、ボランティアガイドの募集を
されています。対象は太子町在住の方のみですが、友の会の友
好団体なので、歴史に興味があって、自分の知識を活用してボラ
ンティアしようという方は、是非参加ください。
 詳細は下記の電話でお問合せください。

 ☆募集要項
   応募資格;太子町在住の方
   申込締切;9月24日(木)
   募集人数;20名
   申込先;観光ボランティア「太子街人の会」(太子町役場内)
        電話;0721−98−5518
 ☆養成講座
   10月7日(水)から毎週水曜日
   午後1時30分〜3時30分(全8回)
     第1回 10月 7日 太子町の歴史
     第2回 10月14日 竹内街道
     第3回 10月21日 竹内街道・歴史資料館(資料館)
     第4回 10月28日 叡福寺・聖徳太子
     第5回 11月 4日 叡福寺・聖徳太子(現地研修)
     第6回 11月11日 梅鉢御陵・源氏三代
     第7回 11月18日 梅鉢御陵・源氏三代(現地研修)
     第8回 11月25日 竹内街道・二上山
「伝統構法はこれからどこへ向かうのか」 [2009年08月18日(Tue)]
仕事で建造物に関わることもあるのですが、ひょんなことから
太子町内にお住まいの小原さんという建築士さんと
お知り合いになりました。
建築士の立場から、伝統構法に関して取り組んでおられ、
日本民家再生リサイクル協会の活動にも関わっていらっしゃいます。
そちらからの情報提供です。
ちょっと私たち素人には難しいかも知れませんが、
興味のある方はどうぞ。

これからの木造住宅を考える連絡会第3回フォーラム
『伝統構法はこれからどこへ向かうのか
    「伝統的木造軸組構法住宅設計法」を考える』
日時:9月12日(土)13:00〜18:00
会場:立命館大学草津キャンパス
       ローム記念館大会議室
定員:200名
参加費:2,500円(学生割引;2,000円)
主催:これからの木造住宅を考える連絡会
     (HP;http://koremoku.seesaa.net/)
後援:滋賀県、京都市、京都府、国土交通省近畿地方整備局
問合せ:関西フォーラム事務局(木考塾)
     〒520−0006
     滋賀県大津市滋賀里4−11−3
     TEL;077-525-5609
     e-mail;koremoku@e-mail.jp