CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「南河内の縄文」展 始まりました! | Main | ー華道 道祖小野妹子墓前祭ー»
磯長谷を歩きました−河内飛鳥れきしウォーク− [2011年03月07日(Mon)]
 3月5日(土)、晴天のもと、河内飛鳥れきしウォークを開催しま
した。本事業は、大阪府立近つ飛鳥博物館との共同で毎年開催
しているもので、今年で3回目になります。
 「梅鉢御陵と磯長谷の終末期古墳をめぐる」をテーマに開催した
今回は、午前中に「磯長谷の王陵と蘇我氏」と題して、龍谷大学
教授の平林章仁さんにご講演をいただきました。磯長谷になぜ多
くの陵墓が築造されたのかについて、文献史学の視点からお話
いただきました。特に血統的に皇位継承の本流にあたる敏達天
皇がなぜ磯長谷にあった母・石姫皇后の墓に追葬されたのかに
ついてのお話は、個人的に大変興味深くお聞かせいただきました。
 講演後、昼食と各自で特別展をご観覧いただき、午後から敏達
陵古墳、推古陵古墳、用明陵古墳から聖徳太子墓の所在する叡
福寺までをウォークしました。
 そろそろ梅が満開で、天気も良く、春の訪れを感じる1日となり
ました。たくさんの会員の皆さんにも参加いただき、ありがとうござ
いました。次回は「南河内の縄文」展講演会でお会いしましょう。

                             平林さんの講演

                         博物館玄関前から出発

                                敏達陵古墳

                                推古陵古墳

                               聖徳太子墓
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント