• もっと見る

ダイヤ 高尾野小学校の教育活動をご紹介します ダイヤ

た・・・たくましい子
か・・・かしこい子
お・・・おもいやりのある子
の・・・のびのび・いきいきした子


« どれくらい泳げるかな?(6−1) | Main | 水俣病の学習(5年生) »

<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
今日は時の記念日[2022年06月10日(Fri)]
 6月10日は時の記念日です。
 毎日、学校の時を知らせてくれるのは放送委員会です。
IMG_2350.JPG
 7時55分から8時15分にかけて、朝の体力作りの時間を放送してしているところです。

IMG_2108.JPG
 放送委員会の放送を聴いて、校庭に子どもたちが集まってきました。そして、体育委員会の合図で子どもたちが校庭を走りました。
 この時期、6年生は国語の学習で「時計の時間と心の時間」について学習しています。その時の児童の感想をご紹介します。

  「時計の時間と心の時間を読んで」
 私は、「時計の時間と心の時間」を読んで、私たちはそれぞれ違う「心の時間」の感覚を持っているという筆者の主張に共感しました。
 それは、私と友だちの「心の時間」の違いを感じたことがあるからです。私と友だち二人で十秒当てゲームをしました。私がまだ7秒ぐらいの時に、友だちが手を挙げて、その時に同じ十秒でも人それぞれに違うんだなと感じたことがありました。
 この文章を読んで、「時計の時間」と「心の時間」の違いについて知ることができてよかったと思いました。また、人それぞれ「心の時間」の感覚が違うことを知ったので、これからは他の人と一緒に活動をするとき、相手を気遣いながら進めたいです。それと「心の時間」と「時計の時間」を上手に使いながら過ごしたいと思いました。

Posted by 高尾野小ブログ at 03:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/takasho/archive/959

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

高尾野小学校さんの画像
https://blog.canpan.info/takasho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/takasho/index2_0.xml