• もっと見る

« 2013年11月 | Main | 2014年01月»
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事
月別の記事一覧
日別の記事一覧
話題の分類
【峠】河井継之助記念館友の会会報 [2013年12月06日(Fri)]

 長岡市河井継之助記念館の会報『峠』に、長谷川泰の内容が書かれました。
 館長の稲川明雄さんによる連載の中でのことです。

 幼き日の長谷川泰と、同年生まれで泰の盟友の外山脩造は、耳取の私塾「青鬣館(せいりょうかん)」で、井上五蔵に学びました。井上五蔵は庄屋の跡継ぎの農民でありながら、藩学のひとつであった「徂徠学(そらいがく)」を城下の藩校で学ぶと、農村の子らに教えた人です。

 長谷川泰(現新組地区)も、外山脩造(現栃尾地区)も、農村の生まれ育ちです。それがやがては共に河井継之助の影響を受けながら成長し、その精神を受け継いだ者とされています。
 その学びの根底には井上五蔵の教えがあったのではないかと、稲川明雄さんは書かれています。

 shiryou01.jpg


 長岡の城下町には、江戸時代より官民協働の藩風があったと言われます。
 戊辰戦争後の「ランプ会」では、士族の三島億二郎と町人の岸宇吉などが中心となり、身分を越えた街の再建が語られました。それには「町人の米百俵」という喩えもされます。

 さて、それでは、肝心の「米」を生産し、国力を支えた農民たちの活躍はどうだったのだろう?
 そう考える時、井上五蔵と二人の教え子たち、農村の偉人の姿が浮かび上がって来たのでした。
 農民の中にも志があったこと。河井継之助は農民と交流し新しい社会作りを考えたこと。
 そして継之助の理想を、二人の若者が明治時代に表したこと。
 井上家の文書は現在見附市図書館に寄贈されており、研究が待たれます。

※当ブログ関連記事
【多一と寅太】


 さて、記事には長谷川泰と河井継之助の出会いのエピソードが紹介されています。
 〜以下に引用
 『伝説によれば、晩秋の時雨どきに村の道で出会ったという。当時、長谷川泰は家業の村医者をしており、それなりのプライドがあった。平素、侍に出会えば平民は土下座をしなければならなかった。土の上に直接、据われば大切な着物が汚れる。そこで、若い泰はそのまま立ちつくしていたというのだ。そこへ、つかつかと継之助が近寄り〜略』
 
 いかにも、長谷川泰らしい振る舞いですね!
 二人の出会いは外山脩造が仲介したと泰自身が語った説もあり、御当地伝記マンガ「長谷川泰ものがたり」では、その場面を描かせていただきました。
 この記事の伝説と前後で合わせて描ければ、もっとドラマチックになりましたね。
江戸東京医学史散歩 [2013年12月05日(Thu)]

 東京で医学と歴史の研究をされる堀江幸司先生のウェブサイト「江戸東京医学史散歩」で、再び長谷川泰の顕彰活動を紹介していただきました!
 大正5年、東京湯島天神に建立された銅像と、現在の生誕地の銅像を写真で比較してきただき。また、彫刻家・峰村哲也さんの紹介をしていただくなど、大変に有り難い記事となっております。
 堀江先生には、長谷川泰の銅像について「良寛」に通づるものを感じていただけたことは、大変な喜びです。
 新潟県内の皆さんも、是非ともご一読ください。

堀江幸司さんのWEBサイト
【江戸東京医学史散歩】

※当ブログ関連記事
【大正5年銅像の建立地〜湯島天神平面図】

【良寛 手毬の像 受付開始です】
Google

Web全体
このブログの中
http://www.pecope.com

ジオターゲティング