• もっと見る

«北越戊辰戦争伝承館 | Main | 【連載】ふるさと偉人伝「近藤篤三郎」»
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事
月別の記事一覧
日別の記事一覧
話題の分類
「八丁沖ウォーク」記念てぬぐいイラスト [2013年10月25日(Fri)]

 お問い合わせがありましたので、2013年の「八丁沖ウォーク」参加者限定で配付された記念手ぬぐいのイラストを紹介します。
 ただし、ここで紹介しましたのは細部の異なる別案のものです。

 com _03.JPG

<クリックで拡大されます>


 ガトリング砲は長岡市河井継之助記念館に展示のコルト社製。長岡郷土史の公式の見解による型です。
 銃士の持つ銃は、長岡軍採用のスナイドル銃ではなくエンフィールド2バンドという型を元にしています。これは、実用された同型の銃が八丁沖古戦場の新組地区から見つかり、北越戊辰戦争伝承館に展示されていることからです。(絵が小さいので細部は再現されず、すみません!)
 河井継之助と長岡銃士は、藩兵の証「五間梯子」の腕章を付けています。これは「昇って行く」という縁起の良い図柄です。
 河井継之助の家紋はもちろん、足元は遊学先の長崎で仕入れたブーツを履いている設定です。

 このように、可愛らしくディフォルメされたイラストの中にも、地元ならではのこだわりが反映されている、決して他には無い限定記念品なのでした!

※当ブログ関連記事
「第三回八丁沖ウォーク」
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
Google

Web全体
このブログの中
http://www.pecope.com

ジオターゲティング
にほんブログ村 歴史ブログへ