• もっと見る

«米百俵まつり2013 | Main | 【連載】ふるさとむかしむかし「堀口大学」»
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事
月別の記事一覧
日別の記事一覧
話題の分類
会津白虎隊「飯沼貞吉」 [2013年10月08日(Tue)]

 大河ドラマ「八重の桜」はご覧になられているでしょうか。
 長岡藩目線としても、前半〜戊辰戦争まで、会津の苦悩はとても他人事では観られない気持ちでした。

 さて、会津戦争のクライマックスとして決まって描かれる「白虎隊」。
 飯盛山での少年兵の自刃には、戦争の愚かしさを苦く突きつけられます。
 その白虎隊の中で、唯一生き残った「飯沼貞吉」という人物が居ます。
 彼を治療し、蘇生したのは長岡の軍医であるとご本人が語っていますが、その名前は残念ながら忘れてしまわれたそうです。
 
 河井継之助と共に八十里を越え会津に向かった長岡の軍医の記録には、阿部宗達(長谷川宗済の師)と吉見雲台の名が明確に挙っており、特に吉見雲台はオランダ人医師ポンペに習い外科を習得していたそうです。飯沼貞吉を治療した医師とは、この人が有力でしょうか。

 さて、ブログ管理人がこの話題に興味を持ったのは、「飯沼貞吉を助けたのは長谷川泰先生かもしれない」と会津の方から聴いたことからです。
 確かに、長谷川泰は当時国内一の外科技術を教えたとされる佐倉順天堂で、跡継ぎの候補にまで挙った人です。松本良順には軍陣医術(戦地での外科手術)を学んでもいます。
 しかし残念ながら、戊辰戦争中の長谷川泰(当事、泰一郎)の行動は、当ブログでも何度か記事にしたように、奇妙なほどに記録にありません。「長谷川泰ものがたり」では、親友外山脩造(寅太)と河井継之助を看取ったというように描かせていただきましたが、八十里を越えたかどうかすら、定かではないのです。

 〜これからも興味をもっておきたいと想います。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
Google

Web全体
このブログの中
http://www.pecope.com

ジオターゲティング
にほんブログ村 歴史ブログへ