• もっと見る

«二虎 | Main | 【表彰式】日本自費出版文化賞»
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事
月別の記事一覧
日別の記事一覧
話題の分類
酒呑童子とは何者だ? [2011年10月16日(Sun)]

 10/16、燕市の道の駅久賀美にて第7回になる「酒呑童子行列」が開催されました。
 良寛の五合庵があったことで有名な国上山、その中腹に今もある名刹国上寺で修行をした美しい稚児「外道丸」。後の彼が日本で最も有名な鬼「酒呑童子」なのです。
 その酒呑童子の伝説をイメージした、鬼たちの仮装行列が「酒呑童子行列」です。

 昼の部では、「酒呑童子は何者だ?」と題して高橋郁丸さんのトークイベントが開催。
 高橋さんは良寛の漫画や妖怪の研究など、県の郷土史から民俗学まで幅広く御活躍されています。
 ブログ管理人が前々からお会いしたかった高橋郁丸さん。長岡での木喰上人の講演を逃して以来の念願が叶いました。



 トークで非常に興味深かったのは、天狗や山姥などの化け物を仕立て上げるのは、時の権力者なのかも?という点。出る杭は打つ・・・でしょうか?
 最も定番化した伝説では、源頼光、坂田金時(金太郎!)、陰陽師の安倍晴明らの有名人が、よってたかって酒呑童子を退治に掛かりました。
 しかし、酒呑童子が潜んだ鬼ケ城があったとされる京都の大江町では、薬酒を醸造して民から親しまれれていたという言い伝えが残るそうです。そこからさらに高橋さんが話されたのは、寺で修行をした酒呑童子ですが仏教では酒は禁忌、一方で神道では神事に酒が使用されますから、酒呑童子は日本の古神道に傾倒し、それが仏教徒から疎まれたのではとの内容。
  うーん、凄いロマンですね!国上山中の稚児道を歩き弥彦神社への使いを勤めるうちに感化されたのでしょうか?

 ところで長岡藩家老の河井継之助は、この酒呑童子を尊敬した変わり者です。トークの後でそのことを高橋郁丸さんに質問すると、その時代に酒呑童子を尊敬するのは異例とのことでした。
 哀愁漂うヒールの酒呑童子と河井継之助。思い浮かぶことろは多々ありますが、もしかすると西国遊学の際に訪れた京都で酒呑童子伝説の真実に近づいていたのかもしれませんね。


「ケンオー・ドットコム」酒呑童子行列の記事
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
Google

Web全体
このブログの中
http://www.pecope.com

ジオターゲティング
にほんブログ村 歴史ブログへ