• もっと見る

«墨に百彩 | Main | 「長谷川泰ものがたり」紹介»
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事
月別の記事一覧
日別の記事一覧
話題の分類
長谷川泰を語る会<事業計画会議> [2011年04月20日(Wed)]

昨晩は、郷土の偉人長谷川泰を語る会の平成23年度事業計画(案)が話し合われました。
これをもとに予算を組んで行きます。

・6月/長谷川泰翁杯親善少年野球大会【タイ・カップ】 第2回
 各地域の偉人をバックに競う少年野球タイ・カップは、昨年に引き続き第2回。参加予定チームは、新組ホワイトソックス(長谷川泰)・刈谷田少年野球クラブ(外山脩造)・分水ベアーズ(鈴木文台)・和島ベースボーククラブ(良寛)の4チーム。

・8月/長岡花火で尺玉打上げ(アナウンス付き)
 花火にあわせて長谷川泰の心をPR。江戸時代から花火師の多かった新組地区の歴史も認知してもらう。

・10月/栃尾羽黒神社へウォーキング
 新組地区から小貫の羽黒神社まで歩き、外山脩造の顕彰碑を見学。このイベントで、同い年の学友である長谷川多一と外山寅太の故郷をつなぐ。
 のぼり等を作って長谷川泰と地域のPRも?

・長谷川泰先生に親しむ集い 第5回〜
 昨年に引き続き、郷土史や医学など、各方面の専門家をお招きした講演。

・「天上大風」凧作り
 長善館史料館での子どもたちによる恒例の凧作りにならい、新組地区でも子ども会と連携し、「天上大風」と「済生救民」の凧を作る。このイベントで良寛の心の継承を表現。


以上の他に、おかげ様で好評の「長谷川泰ものがたり」は、早くも増刷が視野に入ってきました。
新潟県内の学校へ贈呈させていただく事も、順次声掛けを進めなければなりません。

また、活動のテーマとしては、先の東日本大震災後、長谷川泰の「済生救民」(広く民衆を救う)について考えねばならないと思います。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
Google

Web全体
このブログの中
http://www.pecope.com

ジオターゲティング
にほんブログ村 歴史ブログへ