• もっと見る
« 2023年12月 | Main | 2024年02月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2024年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数(2023年12月版) [2024年01月31日(Wed)]
こんにちは!スタッフのカツイです。
毎月恒例、全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数のお知らせです。

NPO法人とは特定非営利活動促進法に基づいて設立された法人です。
したがって、ここで紹介する法人数はあくまでNPO法人格を持っている団体の数であり、一般社団法人など他の法人格を持つ団体や、法人化していない団体も含めますと、NPOの数はさらに多くなります。

★NPO法人の数★
全  国:50,105法人
     ※2023年12月末日現在
     ※前回の記事時点と比較して:−58
宮城県内:781法人
     ※2023年12月末日現在
     ※前回の記事時点と比較して:+3
     ○このうち、仙台市は382法人(+2)

※前回の記事は こちら をご参照ください。


☆多賀城市内のNPO法人一覧☆
 (多賀城市内に主たる事務所を有する団体)
多賀城市民スポーツクラブ
愛護福祉環境対策研究所
地球の楽好
パーフェクトキューブ
日本防災ネットワーク協会
いのちのパン
ドラムカフェ

ライトワーカー宮城

☆参考
みやぎNPO情報ネット
宮城県公式ウェブサイト NPOのページ
内閣府NPOホームページ
「tag」108号発行しました! [2024年01月30日(Tue)]
こんにちは。スタッフのおがさわらです。



「tag」108号発行のお知らせです。

108.jpg

PDFファイルのダウンロードはこちらからお願いします!


【表】


のんびり過ごすインクルーシブなマルシェ


2023年4月に第1回が開催された「スロウ日和」。3月には「家族」をテーマに第2回が開催されます。主催団体SEND.がイベントに込めた想いとは…



【裏】


地域の一員としてできること。


多賀城中学校では、令和5年度からボランティアセンターが開設され、有志の生徒たちが活動しています。


---------------------------------------------------------------------


「tag」は、たがさぽや多賀城市・周辺市町の公共施設・店舗などに配架しています。


また、当センターのホームページでは、すべてのバックナンバーをご覧いただくことができます。


ぜひご覧ください!



●「tag」アンケートのお願い


今後の「tag」の誌面作成や配架先の参考にするために、アンケートを実施します。ぜひご協力ください。


こちらからお願いします!



●「tag」を置いていただける施設・店舗を募集中!


多賀城市内およびその周辺で「tag」を置いていただける施設・店舗を募集しています。部数は5〜20部程度。市民活動情報の発信をお手伝いすることで、地域や社会に貢献しませんか。お問合せは、022-368-7745までお願いします。
次年度に向けて、動き出しています [2024年01月29日(Mon)]
こんにちは、スタッフのカツイです。

2024年が始まり、1月が終わろうととしていますね。今年は辰年です。様々な謂れがありますが、十二支の中でも最も縁起のいい年と言われています。何かに取り組もうかなと考えている方はぜひ挑戦してみてはいかがでいかがでしょうか。天高く昇る竜のごとく、今年を飛躍の年にしましょう。


本日はたがさぽの日常についてお伝えします。


たがさぽでは様々な事業を行っています。

令和5年度で言えば…

・雑貨市 きっずボランティア講座

・防災人ミーティング

・届く、届ける情報発信 広報講座    他………

ブログで報告記事を読むことができます。ぜひアーカイブをご覧ください。


1/17、たがさぽではミーティングを行いました。

この時期は令和5年度で行った事業を振り返りながら、令和6年度へ向けて事業を組み立てていきます。今回は令和5年度事業の振り返りを行いました。


IMG_5709.JPG


みんな真剣に、時に笑いを交えつつ、それぞれの事業の振り返りをしていきます。


e9d3baad-f597-4107-bd02-cef94cbe3e20.jpg


良かった点・改善すべき点などを挙げていきながら次年度に繋げていきます。



よりよい多賀城の未来のために、スタッフ一同邁進してまいります!


地域のために何かを始めたいけど、どうすればいいかわからない…

具体的に考えていくためにも、ヒントがほしい、活動事例をしりたいなどあるときは

そんな方には、「出張いちから塾」を提案します。

市民活動に興味のある方は、是非申し込んでみてくださいね。


たがさぽに相談する (←ぜひクリック!)
子どもたちを対象とした先駆的な取り組みを支援 Y'sファンド D&I基金のお知らせ [2024年01月26日(Fri)]
みなさんこんにちは、たがさぽスタッフの齋藤です。


本日は、子どもたちを対象とした先駆的な取り組みを支援する
「Y'sファンド D&I基金」
をご紹介いたします。


◆基金の目的
今の青少年がこれから生きる社会を考えるとき、日本社会が多様な人材を受け入れ共生する社会(D&I 社会)になると同時に、みんなが世界のどこにあっても、それぞれの置かれた立場の違いを理解し、互いの文化や風習を尊重する人材となって欲しいと考えます。そのためには、人種・国籍・性別・障害の有無・宗教・性的指向・価値観などに関わらず、個人の違い=多様性を認め合い尊重し、誰一人排除することなく共にいきる姿勢を、小さい時から自然に身につけることが必要となります。本基金は、多様な個性を尊重し共生していく D&I 社会の考え方を広げる、新たな試みへのチャレンジを期待しています。
(注)D&I とは、ダイバーシティ&インクルージョンの略


◆支援対象
高校生までの子どもたちを対象に、多様性とインクルーシブな視点の獲得を目指す先駆的な活動を支援することを目的とします。
多様な立場・価値観を持つ人とのふれあいや、「相手も自分も大切にすること」を学べる場づくり・環境づくり・人づくり等を支援いたします。

本助成プログラムにおける“D&I”とは…
@インクルージョンを実現する活動そのもの
A排除されがちな子どもたちを社会に包含するための試み


◆支援対象
〇NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人、公益法人などの非営利組織を対象とします。
※法人格の有無は問いません(任意団体も可)
※国、地方自治体、宗教法人、個人、営利を目的とした株式会社・有限会社、趣旨や活動が政治・宗教・思想・営利などの目的に偏る団体は除きます。
〇助成金の使途は問いません。
〇本基金では、団体がメインに捉える受益者が国内の高校生までの子どもを対象としていることを想定しています。また、外国にルーツがあったり、障害を持っていたりするなどの社会課題を併せ持った子どもたちへの支援も歓迎します。


◆支援金額
○1件 100万円を上限とする助成金支援
(申請内容によって、申請金額を査定させていただく可能性があります。)


◆基金の支援対象■助成対象期間
〇2024年 4 月〜2025 年 3 月末


◆支援団体数
〇4団体程度


◆選考基準
〇団体の信頼性(応募要件をクリアしていること等)
・適切な組織運営がなされているか
・適切な情報公開が行われているか など
〇申請団体の既存事業の活動目的と活動内容が明確か
〇申請事業が“D&I”と呼ぶにふさわしい内容か
〇申請事業の実施内容と目標は本助成の目的に合致しているか
〇申請事業の計画は妥当か、実現可能か


◆応募期間
○2024年 1 月 12 日(金)〜2024 年 2 月 14 日(水)


◆応募締切
○2024 年 2 月 14 日(水)17:00

◆応募方法
「D&I 基金」のウェブサイト(パブリックリソース財団ウェブサイト内)より、オンライン申請フォームに入力してください。
〇提出書類は、オンライン申請フォームよりアップロードしてくださ
〇提出書類のうち「事業費収支内訳」は、同サイトよりダウンロードしてください。
〇郵送やメール添付での応募は受付対象外となります。必ず応募フォームからご応募ください。


◆お問い合わせ先
応募に関してのお問い合わせは、公益財団法人パブリックソース財団特設ウェブサイト内の問い合わせフォームからお問い合わせください。


◆スケジュール(予定)
○2024 年 2 月 14 日 公募締切
○2024 年 3 月末 審査結果の通知
○2024 年 4 月 1 日 助成対象事業開始
○2024 年 4月中旬 助成金お振込み
○2025 年 3 月末 助成対象事業終了
○2025 年 4 月末 終了報告書提出

なお、応募要件等の詳細内容は募集要項をご確認ください


Posted by 齋藤 at 17:03 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
緊急!防災人ミーティングを開催します [2024年01月26日(Fri)]

こんにちは。スタッフの金子です。


たがさぽで不定期で開催している「防災人ミーティング」

地域の防災担当や防災士、企業の防災担当、防災に関心のある方々が集まり、防災に関するテーマで情報交換を開催しています。

昨年は9月に開催し、17名の方々に参加していただきました。

詳細はブログをご覧ください。


今回、防災人のメンバーから能登半島地震について情報交換や私たちにできることを考えたい、今集まりたいとのお話がありました。そこで、急ではありますが、29日(金)の夜に、「緊急!防災人ミーティング」を開催します。


0928防災人.png


みなさん、今回の能登半島地震について、誰かと共有したいと思っていること、考えていることがあると思います。自由にみなさんと情報交換する場としたいと考えています。
今回はたがさぽの会場とオンライン(Zoom)のどちらでも参加OKです。


ぜひお気軽にご参加ください。


「緊急!防災人ミーティング」

日 時:202429日(金)18:0019:00

場 所:多賀城市市民活動サポートセンター301会議室 もしくはオンライン(Zoom)

費 用:無料

申 込:申込フォーム、電話(022-368-7745)、窓口

子ども達のゆめを応援しよう!第19回「ゆめ大会」 [2024年01月25日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。


毎週木曜日は市内外の市民活動の取り組みをご紹介しています。


最強の寒波の影響で多賀城でもかなり積もりました。こんな日は鍋料理でも食べて温まりたいですね。鍋料理といえば多賀城名物「やかもち鍋」「やかもち鍋」は、多賀城で活動している団体「生涯学習100年構想実践委員会」が多賀城を盛り上げたいと考案したオリジナル鍋です(たがさぽのクリスマス雑貨市でもおなじみです)。


そしてこの団体主催の「ゆめ大会」が今年も開催されます。

ゆめ大会とは「これからの社会を担っていく子どもたちにそれぞれ夢や目標を持って大きく成長してもらいたい」という願いを込めて開催される未来のゆめを発表する会です。


昨年は2年ぶりに開催され、今年で19回目を迎えます。



ゆめ大会.png


みなさんは子どもの頃にどんな「ゆめ」を描いていたでしょうか?

「ゆめ大会」では「大きくなったらこんなことしたい!」という未来への希望を持った多賀城市内の小中学生がゆめを熱く語ります。昨年のゆめ大会を聞きに行きましたが、子どもたちがそれぞれ自分の言葉で力強くゆめを語っていたことを覚えています。

未来を担う子ども達を応援しにぜひ会場においでください!



●日  時:令和6年2月10日(土)10:00〜12:00

●場  所:多賀城市文化センター小ホール

●参 加 費:無料

●プログラム:

<第1部>「未来のゆめ」発表:多賀城市立小学校・中学校の生徒10名

<第2部>「多賀城元気モリモリ体操」:多賀城市多賀モリ会

●主  催:生涯学習100年構想実践委員会

●共  催 : 多賀城ロータリークラブ

●後  援:多賀城市教育委員会




ひらめき生涯学習100年構想実践委員会とはひらめき

多賀城市における生涯学習社会の構築に向けて「生き方多彩100年構想」の方針に基づき、市民の手で企画、運営できる生涯学習機会の提供・学習環境の整備等を行うことを目的として1995年4月に設立されました。

多賀城市内の小学4〜6年生を対象とした「あすなろ教室」を開催しています。今年度は科学入門、手芸、イラスト、英会話の4部門です。そのほか他にも大人向けには料理教室や市民講座なども開催しています。



※生涯学習100年構想実践委員会の活動状況などはFacebookをご覧ください。
シジュウカラガン復活プロジェクト presents「おむすびフェスタ with 仙台育英」 [2024年01月22日(Mon)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!
「tag」Vol.105(2023年8月発行)において、「シジュウカラガン復活プロジェクト」のご紹介をしました。

★記事はこちらからご覧ください。→「tag」Vol.105

今回「シジュウカラガン復活プロジェクト」では、「世界湿地の日」連動企画として、シジュウカラガンの飛来地のひとつであった多賀城市高橋地区でイベントを開催します。シジュウカラガンや高橋地区についての学び、おむすび交流会、メタバースでシジュウカラガンの目線の体験など盛りだくさんですので、ぜひご参加ください。



おむすびフェスタ with 仙台育英
おむすび食べて アナタの知らない高橋地区のヒミツにせまる!




★日時:2月3日(土)10:00〜13:00
★会場:高橋地区生活センター
★プログラム:
・10:00〜10:30 紙芝居
 仙台育英学園高校の生徒が制作した「ホッカまたナナキタに来てね!」を上演します!
・10:30〜11:30 おはなし
 「日本雁を保護する会」の呉地正行会長が、シジュウカラガンや高橋地区についてお話します!
・11:30〜13:00 おむすび
 多賀城産のお米を七ヶ浜産の海苔で巻いて…おむすび交流会!
・10:00〜13:00 メタバース
 最新技術で、シジュウカラガンと一緒に空を飛んでみよう!

★事前申込不要・参加無料
★お問合せ:シジュウカラガン復活プロジェクト おむすびフェスタ事務局
      (チラシのQRコードからお問合せください)
★主催:シジュウカラガン復活プロジェクト
    (日本雁を保護する会・仙台育英学園・
     東北緑化環境保全(株)・仙台ロータリークラブ)
★協力:高橋4区連合町内会

★シジュウカラガン復活プロジェクト Instagram
 https://www.instagram.com/b.h.leucopareia/
続きを読む・・・
2月15日は国際小児がんデー 小児がんを知ってもらうイベントを開催します! [2024年01月21日(Sun)]

こんにちは。

スタッフの川口です。

今日はご案内いただいたイベントをご紹介します。


国際小児がんデー

IMG_0792.jpg



公益財団法人がんの子どもを守る会というがんの子どもたちを支援している団体があります。1968年に小児がんで子どもを亡くした親たちによって設立されました。小児がんは治るような病気になってほしい、また小児がんの患者・家族の支援をしています。


宮城県では活動がしばらくなかったようですが、最近3人のメンバーで宮城支部の活動がスタートしたそうです。日本では年間2000人の子どもたちが新たに小児がんと診断されています。今でも年間500人の命が失われているのと、資料の副作用などで長期間の支援が必要という状況とのことです。


215日(木)藤崎百貨店本店 一番町玄関前において国際小児がんデーを開催します。この日は世界中で小児がんの子どもたちのための支援を呼びかける活動が行われます。


宮城では小児がんチャリティーグッズの販売、仙台南高生による募金活動、小児がん支援のレモネードスタンド、ゴールドリボンツリーなどが開催されます。


協力に東北大学病院、宮城県立こども病院、仙台南高校ハンドボール部有志、宮城県こどもホスピスプロジェクトなど多数参加します。


ぜひ、足をお運びください!



2.15国際小児がんデー

2024年2月15日(木)10:00〜17:00

藤崎百貨店本店一番町側玄関前


主催:がんの子どもを守る会 宮城支部

協力:東北大学病院 

宮城県立こども病院

仙台南高校ハンドボール部有志

宮城こどもホスピスプロジェクト



公益財団法人がんの子どもを守る会

https://www.ccaj-found.or.jp/


レモネードスタンド普及協会

https://www.lemonadestand-pa.jp/

【講座レポート】NPOいちから塾〜保護猫・地域猫のことを知ろう〜 [2024年01月20日(Sat)]
こんにちは。スタッフのさいじょうです。

本日は1/19(金)に行われた講座のレポートをお届けします。

ひらめき「NPOいちから塾」ひらめきは、たがさぽが開館当初から行っている講座で、何か始めてみたい方が一歩踏み出すきっかけになればと、NPOの基礎知識を学ぶとともにたがさぽの機能や設備について案内しています。
今回は、NPO・市民活動という大きなくくりではなく、
猫保護猫・地域猫猫をテーマにして開催し、9名の方にご参加いただきました。

まずはNPOいちから塾の根本となる、NPOの言葉の意味や非営利の意味、またどのような活動のことが市民活動と言われるのか、スタッフの齋藤から説明させていただきました。

IMG_5747.JPG


次にゲスト講師の阿部佳代子さん(マオメオ・キャットクラブ代表)より、保護猫・地域猫のことを知ろうと題し、お話をいただきました。

IMG_5765.JPG

IMG_5764.JPG


『猫』と一言でいうけれど、保護猫・地域猫・野良猫など様々な分類があること。
野良猫が嫌われる理由や、繁殖力が強くなっている要因、また猫関連でどのようなボランティアがあるか、情報収集の方法などもお話いただきました。
また、もしこれから活動をする、個人で保護をすると考えている方に向け活動費用についてや助成金についてのお話もありました。

IMG_5774.JPG

IMG_5782.JPG
質問にも丁寧にお答えいただきました


ここまでのお話を聞いていると、猫好きさんに向けての講座かなと感じるかもしれませんが、今回は地域猫という取り組みがあることを知っていただくことも目的にしていました。
地域の野良猫問題をどうにかしたい、解決の糸口になるかもしれないと参加していただいた方もおり、講座のあとに『今回知った情報で、もう一度相談できることがあるかもしれない』とお話をして帰られた方もいました。

受講した方からは
・初めて参加したけど、参考になる情報をいただけた
・NPOとは…からはじまり、知らないことが多すぎて、一つ一つ理解できてとても多くを学んだ
・保護猫事情がネットだけだとよくわからなかったので、実際のお話を聞けて良かった
という感想をいただきました。

また阿部さんからは
「ボランティアをすると考えるとハードルが高いが、自分ができることを考できる範囲でやることが一番」手(チョキ)ともお話しいただきました。
この講座が、まずははじめの一歩、みなさんが踏み出せるきっかけとなればと思っています。

ゲスト講師の阿部さん、参加者のみなさま、このたびはありがとうございました。
おいしいコーヒーを飲みながら介護の相談をしませんか? [2024年01月18日(Thu)]
こんにちは。スタッフのきょうごくです。

本日はNPO法人うみとそらが主催する移動型の交流会「旅するケアカフェ(介護家族の集い)」をご紹介します。


旅するケアカフェ.jpg


NPO法人うみとそらは海洋散骨などに取り組んでいる団体です。「人々の文化や暮らしに関わり、人の美しさを後世に遺す」という想いでエンディングサポート事業などを行っています。近年、老老介護やヤングケアラーなどが社会課題となっており、介護業界における人材不足なども問題となっています。

今回のイベントでは、介護をしている方や福祉専門職の方が介護の合間に心休まるひと時になるよう、悩みを共有したり学びを深める機会を提供します。悩みを抱える人が孤立しないよう、これから介護をする予定の方や介護未経験の方などの情報交換の場としても。

コーヒー好きの現役介護福祉士と一緒に豆をひき、くつろぎながらホッと一息つきませんか?



【旅するケアカフェ(介護家族の集い)】

●日程・場所
2/3(土)塩竈:遊ホール第三会議室
3/3(日)多賀城:多賀城市市民活動サポートセンター301会議室
4/4(木)利府:場所未定
5/1(水)七ヶ浜:場所未定
6/4(火)松島:場所未定
7月以降は日付・場所未定


●時間
14時〜
豆が無くなり次第終了


●参加費
1組 税込500円(豆代、場所代) かわいいコースターのお土産付き
※学生無料
※マイカップお持ちください。
カフェインレスコーヒーもあります

●定員
各回5組


●予約・問い合わせ先  (事前予約制、先着順)
022−200−6315

Posted by きょうごく at 10:00 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ