CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年12月 | Main | 2022年02月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
フードボックスへのご協力、ありがとうございました! [2022年01月17日(Mon)]
こんにちは、スタッフのおがさわらです。

昨年の10月より、NPO法人いのちのパンとの連携で、たがさぽにフードボックスを設置していました。
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

3回目の実施となり、より多くの方がフードボックス・フードバンク活動に興味関心を持って下さり、たくさんの食料・生活物資が集まりました。

IMG_0100.JPG

【1回目】
米、乾麺、お菓子など、計19kg

【2回目】
米、乾麺、麵つゆ、茶葉、お菓子、ゼリー、洗剤など、計28.6kg

【3回目】
米、乾麺、茶葉、インスタントコーヒー、ふりかけ、缶詰、総菜、お菓子、マスクなど、計16.6kg

【4回目】
米、乾麺、カップラーメン、レトルト食品、マスクなど、計28.6s

【5回目】
インスタントスープ、計3.9kg

【6回目】
インスタントラーメン、乾麺、缶詰、洗剤など、計10.7s

以上、6回にわけて、NPO法人いのちのパンにお渡ししました。


たがさぽのフードボックスは、期間を延長して設置しています。
引き続き、ご協力お願い申し上げます。


●NPO法人 いのちのパン
〒985-0831 多賀城市笠神2-11-45
TEL:022-362-7468
E-mail:info@breadoflife.jp
ホームページ:http://www.breadoflife.jp/

続きを読む・・・
明日の開館について [2022年01月16日(Sun)]
本日は、宮城県内の津波注意報発令と多賀城市内一部地区の避難指示発令に伴い、
臨時休館とさせていただきました。
利用者の皆さまにはご迷惑をおかけしました。

明日、1月17日(月)は、9時より通常通り開館いたします。
臨時休館のお知らせ [2022年01月16日(Sun)]
おはようございます。

宮城県に津波注意報が発令され、多賀城市内におきましても避難指示が出た地区があることから、市の対策本部の決定に基づき、
本日たがさぽは臨時休館とさせていただきます。
(市内他施設も休館となっています。詳しくは下記の市ウェブサイトをご確認ください。)

本日会議室のご利用を予定していた団体には、おってご連絡いたします。
利用者のみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

なお今回の津波注意報についての多賀城市の動きは
下記の多賀城市のウェブサイトをご確認ください。
https://www-city-tagajo-miyagi-jp.cache.yimg.jp/kinkyu/tunami.html
皆さま、お気をつけてお過ごしください。
続きを読む・・・
Posted by わたなべ at 07:30 | 施設利用ご案内 | この記事のURL | トラックバック(0)
多賀城ではたらく外国人のみなさんと日本の正月あそびをしました! [2022年01月15日(Sat)]

こんにちは。スタッフの金子です。


昨年度から実施している「外国人技能実習生との交流サポーター育成講座」を受講したサポーターと、多賀城ではたらくミャンマー人の技能実習生のみなさんで110日(月・祝)に日本の正月あそびをしました。


IMG20220110114319.jpg


主催:大代地区公民館・宮城県国際化協会

共催:多賀城市国際交流協会・多賀城市市民活動サポートセンター


「日本の正月あそび」をテーマに、書き初め、福笑い、カルタ、すごろく、羽根つきの代わりにバドミントンの5つのあそびを体験しました。カルタとすごろくは生涯学習100年構想実践委員会さんからお借りしたものを使いました。遊んだことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみにミャンマーの正月は4月で、正月には水かけ祭りをするそうです。


各遊びの説明などはサポーターのみなさんに担当していただきました。それぞれどうやったら遊び方を上手く伝えられるか、楽しんでもらえるかを工夫しながら、ミャンマーの実習生のみなさんと楽しく交流されていました。どの遊びからも楽しそうな様子が伝わってきました。また、今回は多賀城高等学校語学研究部の生徒も4名参加しました。


IMG20220110111901.jpg

書道。みなさん真剣に取り組んでいます。


IMG20220110113705.jpg

福笑い。出来上がったおもしろい顔に笑いが起こっていました。


IMG20220110114508.jpg

多賀城カルタ。よーい、どん!で一斉に走り出して絵札を取りに行きます。


IMG20220110111343.jpg

すごろく。「スタートに戻る」、「1回休み」、「2つ戻る」盛り上がりました。


IMG20220110112855.jpg

バドミントン。ミャンマーのみなさんは上手でした。

バドミントンはミャンマーでも人気のようです。


今回は日本の正月あそびを体験しましたが、サポーターの方からミャンマーの正月あそびもしてみたい!という声も上がっていました。(ミャンマーの正月は水かけ祭りをすると聞いたため、今回はしませんでしたが、いつかやってみたいですね)


お互いの国の文化を知ること、交流を通して親しくなることなどでお互いの理解も深まります。同じ地域に住む人同士、お互いを知ることで誰にとっても住みやすいまちになるのではと思います。


当日の様子が河北新報の記事に掲載されました。動画もあります。

ミャンマーの技能実習生、正月遊びを体験 多賀城で交流イベント | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS (kahoku.news)

チョコレートの向こう側に [2022年01月13日(Thu)]

こんにちは。スタッフの浅野です。毎週木曜日は市内外の取り組みをご紹介しています。


本日は、児童労働から子どもを守る認定NPO法人ACE(エース)の活動をご紹介します。




ACEとは?


1997年に学生5人で設立された国際協力NGOで、子どもや若者が自らの意思で人生や社会を築くことができる世界を目指して活動しています。


今、世界では16000万人もの子どもが児童労働に従事しています(ILO/UNICEF推計、2021)ACEフェアトレードオーガニック商品を選ぶことを消費者に働きかけ、原料から商品が消費されるまでの流通の仕組みを変えることを通じて問題解決に取り組んでいます。

私たちの身の回りのファッションやお菓子などの原料はどこの国からきているのかを考えてみませんか。







 world_children.png



〇しあわせへのチョコレートプロジェクト


2009年から始まった生産者を応援する商品を選んでほしいと呼びかけるACE

「しあわせへのチョコレート」プロジェクトは、日本の企業や消費者と協力して、児童労働のないチョコレートがあたりまえに手に入る社会の実現を目指すものです。


食べる側も作り手も幸せになるような商品があると知っておくことで、チョコレートを選ぶときの選択肢は豊かに広がっていきますね!


 星2ガーナの支援につながるチョコレートについてはこちらをご覧ください。




〇私たちにできること


児童労働を解決するには一部の人たちの大きな一歩ではなく、多くの人が一歩を踏み出すことが大切です。日本でチョコレートを食べる私たちだけではなく、カカオの国の子どもたちもハッピーにしたいという願いを込めて、はじめの一歩を踏み出してみませんか。


星2たがさぽ文庫には児童労働を題材にした絵本があります。

『そ の こ』

西アフリカのガーナでカカオを収穫している「そのこ」の日常が描かれています。


出版社:晶文社
初 版:20116

定 価:1500円+税(B5判)

詩・絵:谷川俊太郎、塚本やすし

企画協力:特定非営利活動法人ACE(エース)


※絵本「そのこ」の収益の一部はACEに寄付され、児童労働をなくす活動に使われます。


『そのこ』の動画はYouTubeで公開中です。

谷川俊太郎「そのこ」 〜児童労働のない未来へ〜




 罫線 チョコレート.png

星2認定NPO法人ACE HP

 Facebook

 Twitter

 Instagram


Posted by 浅野 at 10:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
NPOこれから塾〜市民活動のはじめ方〜のお知らせ [2022年01月10日(Mon)]

新年あけましておめでとうございます。

スタッフ鈴木です。


26日に行われる

オンライン開催NPOこれから塾〜市民活動のはじめ方〜」のお知らせです。


2021年は6月・11月とNPOの基礎講座として「NPOいちから塾」を開催してきました。

今回は基礎講座からのステップアップとして、活動をはじめたい方の想いを整理し、次に何をすべきかを学べる講座になっております。


これから塾チラシ.jpg

ひらめきこのような方はぜひご参加ください!

・市民活動をはじめたいがどうしたら良いか分からない

・社会課題に向けて、行動を起こしたが活動に行き詰っており、解決するヒントが欲しい

・活動者の実体験を聞きたい

・NPOいちから塾に参加したことがあり、さらに一歩進んだ講座を聞きたいなど


講座の内容

・活動が成り立つための3つの輪を使い想いの整理

・任意団体の立ち上げ時のポイント

・活動の動機や団体立ち上げまでのプロセスなど、ゲストからの実体験のお話


日時:202226() 13:3015:30

会場:多賀城市市民活動サポートセンター 大会議室

※オンライン開催に変更となりました

定員:8(先着順)

参加費:無料

講師:たがさぽスタッフ

ゲスト:ハッピーピース代表 本郷佳江さん 

地球子屋(てらこや)代表 石木田裕子さん


お申し込み

下記の申し込みフォーム、または電話(022-368-7745)窓口にて受付けております。

※お電話で申込の際は、お名前・お住まい(市町村まで)・電話番号・メールアドレスなどお伝えください。

申し込みフォーム

https://forms.gle/TZn7afUxfTx3KJVV7


お問い合わせ

多賀城市市民活動サポートセンター(水曜休館)

TEL:022-368-7745


新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、日程の変更もしくは中止となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

続きを読む・・・
「tag」96号発行しました! [2022年01月09日(Sun)]

こんにちは。スタッフのカツイです。



tag96号発行のお知らせです。


tag96_1面.png


PDFファイルのダウンロードはこちらからお願いします!

↓ ↓

tag_96.pdf



1面】


南門復元に対する市民の想い


現在、市が復元工事を進めている多賀城南門。復元に至るまで、そして完成後の南門・多賀城への想いを「NPOゲートシティ多賀城」高倉さん、「多賀城南門復元の実現を目指す市民の会」星さん、「タガの柵」松村さんに伺いました。



2面】


聴覚障害者の困りごとに心を向け生まれる配慮


多賀城市の聴覚障害者(身体障害者手帳所持者数)は125人(20214月1日時点)。彼らにとって“やさしいまち”とは?多賀城市身体障害者福祉協会聴覚部の岩城栄子さんと石森秋夫さん、多賀城手話サークル「あすなろ」の加藤たみ子さんからお話をうかがいました。



3面】


毛糸がつなぐ心と心

〜編み物が生きる目標に 支え合う力に〜


被災した住民が自らの生きる目標に。誰かを助ける力に。活動拠点「Yarn Aliveハウス」では、そんな想いから作品が編まれています。


--------------------------------------------------------------------- 


tagは、たがさぽや多賀城市内の公共施設・店舗などに配架しています。また、周辺市町にも配架していますので、ぜひご覧ください。


tagアンケートのお願い】


今後のtagの誌面作成や配架先の参考にするために、アンケートを実施します。ぜひご協力ください。


こちらからお願いします →→ アンケート



【「tag」を置いていただける施設・店舗を募集中!】


現在たがさぽでは、多賀城市内およびその周辺で「tag」を置いていただける施設・店舗を募集しています。枚数は520枚程度。市民活動情報の発信をお手伝いすることで、地域や社会に貢献しませんか。お問合せは、022-368-7745までお願いします。
「さをりひろば余暇よか」による作品展・販売会・ワークショップ開催中です! [2022年01月08日(Sat)]

こんにちは。スタッフのカツイです。

本日2回目の更新となります。



「さをりひろば余暇よか」の作品展・販売会・ワークショップが本日から明後日まで開催中です。


多賀城市、塩釜市、利府町を中心に「さをり織り」を通した自己表現の場を提供している「さをりひろば余暇よか」。子どもから大人まで気軽に体験できる「さをり織り」、みなさんも好きな色を使って自分だけの作品を作ったり、ほかの人の作品を見て心の交流を楽しんでみませんか。


IMG_0004.JPG

IMG_0013加工.jpg


「さをりひろば余暇よか」についてはぜひYouTubeもご覧ください!→https://youtu.be/qC1VqxB_KiA



★☆★☆イベント情報★☆★☆

さをりひろば余暇よか 作品展&販売会&ワークショップ

日にち:202218日(土)〜110日(月・祝)

時 間:10:0016:00(体験受付は15:00まで)

会 場:多賀城市市民活動サポートセンター 3階フリースペース

内 容:さをり織り作品展、作品販売、ワークショップ

費 用:ワークショップ1時間500

連絡先:下記URLからご確認ください。

https://www.tagasapo.org/search/shosai.php?id=71


市民活動はじめの一歩におすすめ [2022年01月08日(Sat)]
こんにちは。スタッフのさいじょうです。
令和4年、2022年、寅年!はじまりましたね〜

さて、本日は市民活動お役立ち情報として、
たがさぽのホームページに発行物・成果物を掲載しているページを紹介します

このページに掲載してあるものは、市民活動や地域活動に関わる人、これから関わろうとしている人に向け活用してもらうことを目的にし発行しています。
そのなかから、これから市民活動をはじめていきたいと考えている方2つご紹介したいと思います。

まずは、

『市民活動入門ガイドブックIPPO』です

IMG_5601.JPG

市民活動、関心があるのに何からはじめたらいいんだろう
地域のために何かしたいけど何をしたらいいんだろう
そんな人に向けて、市民活動の入口を案内しています

市民活動4つのステップをはじめ、プロジェクト方式のイベント企画のポイントなどもあり、なんだか難しそう、私なんかにできるの?と思っている方の背中をそっと押してくれる1冊です。発行は2013年3月と9年前のものになりますが、こちらは残念ながら在庫がなく、ホームページでご覧いただくか


↑こちらからダウンロードしプリントしていただいてもよいかな〜と思います


さて、もう一つのご紹介は

『TAGAJO Future view 〜多賀城未来図〜』です

IMG_5602.JPG

この冊子は平成27年度にたがさぽで開催した【TAGAJO Future Labo 〜多賀城未来実験室〜】の実施内容をまとめたものです。

こちらは、さらに一歩進んで、地域のため社会のために自分のやりたいことや想いを整理するワークシートと、想いをカタチにするワークシートが添付されています。

自分がやってみたいことは何か探し、イメージしながら具体的名行動に移すために必要なことを書き出していくシートです。新しい年、何か動きだそうと考えているという方、その想いを整理してみるのもいいかもしれません。
こちらを


他の冊子も気になる方はこちらからぜひ!
   ↓
本日より開館 今年もよろしくお願いいたします [2022年01月06日(Thu)]
多賀城市市民活動サポートセンターは、本日1月6日(木)9時より開館しております。

2021年はコロナ禍2年目となり、今までのように活動ができないからこそ、情報発信に力を入れたり、オンラインなど新たな手法を取り入れるなど、工夫をしながら活動する団体が多くみられるようになりました。
当センターも、宣言期間中に利用を制限することはありましたが、主催講座やイベントはオフラインでも開催したり、活動の現場におじゃましたりして、久しぶりに地域のみなさんと顔を合わせることができました。


2022年、新たな年に「何か始めてみたい」という方は、地域で活動する団体やイベントの情報収集にぜひお立ち寄りください。フリーペーパーブログYouTubeでも情報収集できます。

「何か」が少し具体的にある方には、2月6日(日)実施「NPOこれから塾」もおすすめです。活動を始める一歩を踏み出すために必要なことを学びます。

NPOこれから塾〜市民活動のはじめ方〜

日時:2月6日(日)13:30〜15:30
場所:多賀城市市民活動サポートセンター
対象:市民活動を始めたい、これから始めようとしている方
内容:活動を始めるために必要なことや、活動者から立ち上げ時のお話を聞く
定員:8人(先着順)
参加費:無料
申込・問合せ:TEL 022-368-7745


今年もどうぞよろしくお願いいたします。

スタッフ一同

IMG_4909.jpg

年末年始休館の間に積もった雪がまだ残る今朝のようす