CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年06月 | Main | 2021年08月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数(2021年6月末現在) [2021年07月31日(Sat)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!

毎月月末恒例、全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数のお知らせです。

NPO法人とは特定非営利活動促進法に基づいて設立された法人です。
したがって、ここで紹介する法人数はあくまでNPO法人格を持っている団体の数であり、一般社団法人など他の法人格を持つ団体や、法人化していない団体も含めますと、NPOの数はさらに多くなります

★NPO法人の数★
全  国:50,810法人
     ※2021年6月末日現在
     ※前回の記事時点と比較して:−19
宮城県内:817法人
     ※2021年6月末日現在
     ※前回の記事時点と比較して:−3
     ○このうち、仙台市は408法人(±0)
多賀城市:9法人
     ※2021年6月末日現在
     ※前回の記事時点と比較して:±0

※前回の記事は こちら をご参照ください。


☆多賀城市内のNPO法人一覧☆
 (多賀城市内に主たる事務所を有する団体)
多賀城市民スポーツクラブ
愛護福祉環境対策研究所
地球の楽好
パーフェクトキューブ
日本防災ネットワーク協会
いのちのパン
ドラムカフェ

ライトワーカー宮城

☆参考
みやぎNPO情報ネット
宮城県公式ウェブサイト NPOのページ
内閣府NPOホームページ
Posted by わたなべ at 12:00 | NPO法人の数 | この記事のURL | トラックバック(0)
まちなかの保護猫カフェ [2021年07月29日(Thu)]

こんにちは。スタッフの浅野です。

海開き、山開きが行われ、夏休みに入る子どもたちは元気いっぱい!

大人たちは夏バテに注意が必要な季節ですね。


わが家の猫たちもご覧の通り、日中は寝てばかりいます^-ω-^

猫写真.jpg



さて、毎週木曜日は市内外の取り組みを掲載しています。
本日は保護猫シェルター「おうちにおいで。」をご紹介します。


保護猫シェルターとは?

このシェルターでは、行き場をなくした猫や多頭飼育崩壊などさまざまな事情で保護された猫たちが暮らしています。

猫カフェスペースは誰でも利用可能で、滞在時間に応じた協力金を支払い、本やソファがあるアットホームな空間で自由に猫とふれあうことができます。


猫たちはある程度人馴れが済んでからカフェデビューするそうですが、何度か通って一緒に過ごすうちに人間に少しずつ心を開いて、寝ころんだり、抱っこしてきたり、ありのままの姿を見せてくれるようになると喜びもひとしおですね。

猫を受け入れる環境が整っていれば里親に応募することもできるそうです。

 

●保護猫とみんなをつなぐ場所

店頭やネット通販ではシェルターオリジナルグッズが販売されており、売上金は保護猫活動に充てられます。事情があって猫を飼うことができないという方も自身のSNSを使って里親探しに協力したりさまざまな方法で猫を支援することができます。


店内はお掃除ボランティアの方々により清潔に保たれ、涼しく快適。また、感染症対策として入店人数を制限して広々と利用できるように工夫されています。 

「夏休みどこに行こう?」と考え中の方は、この機会に保護猫カフェを体験してみてはいかがでしょうか。そしてぜひお気に入りの猫=

推しニャンを見つけてくださいね!



CAT photo school

来月には猫の撮影方法を楽しく学べるイベントが開催されるそうです。プロカメラマンからスマホ、カメラで可愛く撮るコツを教えてもらえるチャンスをどうぞお見逃しなく^•ω•^


日 時:819日(木)13001500

参加費:2,000

主 催:保護猫シェルター「おうちにおいで。」

※ご予約は保護猫カフェの店頭または、ホームページからお問い合わせください。


写真スクール.jfif






猫の顔のレースラインパステルブルー.png

〇保護猫シェルター「おうちにおいで。」HP

住 所 :仙台市宮城野区榴岡4-12-5 第一サクラビル6F

営業時間:13:0020:00 月曜定休(祝日の場合 翌火曜振替)


Instagram→保護猫、譲渡会の情報など更新中

Twitter→カフェの様子をリアルタイムで中継


Posted by 浅野 at 10:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
おでかけミニ雑貨市&市民活動相談会 開催しました!! [2021年07月26日(Mon)]
こんにちは、スタッフ齋藤です。

平年より1週間以上も早く梅雨が明け、毎日暑い日が続いています。みなさん夏バテしていませんか?これからが夏本番、体調管理をしっかり行って暑い夏を乗り切りましょう。

本日は、7月3日(土)多賀城市文化センターで行われたロビーステージ&サークルフェア2021に出展させていただいた、おでかけミニ雑貨市とたがさぽの市民活動相談会の報告です。

今年もたがさぽからおでかけミニ雑貨市として、以下の3団体に出展していただきました。

〇 花薫る喫茶処蕾 島おこし(塩釜)
(松島湾に浮かぶ浦戸諸島の花やハーブを使ったパンとお菓子の販売)

〇 珈琲豆と手しごとのモノkyuu 障がい者支援(石巻)
(自家焙煎珈琲豆・レザーアクセサリー・水引アクセサリー・Tシャツの販売)

〇 多賀城イングリッシュ・サポーターズ 社会教育(多賀城)
(松ぼっくりのオーナメントを作るワークショップ)


それぞれの団体がどのような想いを持って活動を続けているのか、この雑貨や食品にはこのような背景や想いがあって生まれたのかなど、社会支援活動を行う団体が出展しているということを来場した方に直接丁寧にお伝えしていました。
 

その様子を少し紹介しましょう❣


DSCN0474.JPG

DSCN0495.JPG

様々なハーブを使用したオリジナルのパンと焼き菓子がイチオシ
花薫る喫茶処蕾




DSCN0478.JPG


IMG_0083.JPG

カラフルなパッケージと素敵なイラストに個性豊かな味わいの5種のストレートコーヒーお手頃な価格で本格コーヒーを家庭でお楽しみいただけます
珈琲豆と手しごとのモノkyuu


IMG_0076.JPG

DSCN0488.JPG

英語を学びながら、松ぼっくりでクリスマスオーナメントを作りましょう
小さなお子さんにはワークショップが大人気です
多賀城イングリッシュ・サポーターズ

来場者の方からは
楽しく買い物しながらお店の人と話せました。
商品購入が団体の支援につながることを知った。
などの感想をいただきました。


また、『たがさぽの市民活動相談会』NPOいちから塾出張編も同時開催し、
出展ブースにいらしていただいた方にお話を伺いました。


IMG_0166.JPG


市民活動相談


今回お話した中では、自分が関わっている活動が市民活動だということが分かった。その活動を自分のできる範囲で続けていきたいという方がいらっしゃいました。その方には、次回のNPOいちから塾のご案内をいたしました。

多賀城市文化センターのみなさまをはじめ、ご協力いただいた出展団体のみなさま、ご来場いただいたみなさま本当にありがとうございました。

12月11日(土)には恒例の冬のクリスマス雑貨市をたがさぽで開催する予定です。みなさま、楽しみにしていてください。ぜひお友達やご家族の方々と一緒にたがさぽにご来場いただきますようお待ちしています。
仙台銀行「まちづくり基金助成金」 9/30まで公募してます! [2021年07月24日(Sat)]
こんにちは。
スタッフの川口です。
土曜は市民活動お役立ち情報です。

今日は仙台銀行の「まちづくり基金助成金」をご紹介します。

この助成金は宮城県内でまちづくり活動等に取り組んでいる方々を応援するため、1992年6月に創業40周年記念事業の一環として、公益信託「仙台銀行まちづくり基金」が創設。

2020年度は、東日本大震災からの地域復興やまちづくりに取り組む宮城県内の団体等16 先、総額300万 円の助成を行いました。

助成先は団体でも個人でも可能ですし、まちづくりに関するものであれば、様々な活動に使える助成金です。
 昨年ですと、自治会町内会の地域誌の編纂や津波被害を受けた農村地域の稲わらを使用したアート制作事業と農業文化体験活動や、個人での屋外での映画観賞会、聴覚障害者へ囲碁将棋での交流の開催など幅広い活動に助成されています。

9/30まで公募しています!助成金を探している方はぜひご一読を。

詳しくはこちら→ https://www.sendaibank.co.jp/csr/fund.php

1 対象
(1) 法人又は団体
(2) 個人
※ただし、いずれも営利を目的とする事業又は活動は行わないものであること。

2 助成金額
限度額30万円

3 対象期間
2022年1月〜2022年12月の間に活動を開始しかつ終了する事業

4 対象事業
(1) 快適で文化的なまちづくりに必要な環境整備などの実践活動
 @ 都市空間の緑化推進
  公園、道路、河川、学校等の公共空間及び民有地の緑化、緑地保全等
 A 水空間の保全、美化
  河川、海岸等の保全、美化
 B 都市景観の改善
  ランドマークとなる時計台、彫刻等の設置、ベンチ、街灯、標識等の改善等
 C みち空間の美化
  ガードレールの改善、花壇の設置、街路樹の植樹等
 D 歴史的まちなみの保全等
史跡、遺跡、文化財、伝統的まちなみ、歴史的建造物等の保全及び保存
 E 自然環境の保全
  都市空間における自然環境の保全等
 F まちなみ活性化事業
まちなみ活性化のための各種イベントの開催・参加、市民祭、文化祭、運動会、
  展覧会等の開催

(2) まちづくりのために必要な調査、研究、情報提供
 @ まちづくりに関する創造的かつ自主的な事業又は活動の企画、調査、研究
 A まちづくりに関する広報、講演会等
 B まちづくりに関するリーダーの育成、専門家の招へい等
 C まちの歴史、文化等の調査、研究
 
(3) その他まちづくりの目的を達成するために必要な事業
 @ 公共施設の整備・充実
  学校、公民館、集会所、図書館等における設備、備品、図書等の購入、整備、改善等
スポーツで広がる地域の輪「市民スポーツ大会」 [2021年07月23日(Fri)]
こんにちは、スタッフのおがさわらです。
本日は、たがさぽで自治会・町内会事業を担当している私から、
多賀城の素敵なイベントをレポートさせて頂きます!


梅雨も明け、厳しい暑さとなった18日の日曜日、
「令和3年多賀城市民スポーツ大会」として、行政区対抗のソフトボール大会が行われました!

全11地区が参加し、中央公園多目的グラウンドなど計3ヵ所で試合を行い、各トーナメントの優勝チームが決定しました。

IMG_0293.JPG

【優勝チーム】
・中央公園多目的グラウンドA→新田三区
・中央公園多目的グラウンドB→新田二区
・多賀城八幡小グラウンド→八幡上二

優勝チームのみなさん、おめでとうございます!

IMG_0274.JPG

あるチームの監督にお話を伺ったのですが、
昨年、コロナの影響でこの大会が中止になってしまった分、開催を待ち望んでいたので、
チーム全体で「絶対に優勝するぞ!」と気合が入り、一致団結することができたそうです。

例年は、試合後の打ち上げを含めて、いろいろな世代の交流の場となっているとのことです。
「このご時世で今年は打ち上げはできないけれど、このようなイベントが地域の中で開催できることが素晴らしい」とおっしゃっていました。

実際、幅広い世代の皆さんが参加しており、
聞くところによると、親子二代、三代で参加されている方もいるとか。
以前、父親と参加した子どもが、成長して親となり、さらに自分の子どもを連れてきているというケースもあるそうです。
それだけ伝統のある、地域に根付いたスポーツ大会になっているのですね。

IMG_0267.JPG

「引っ越してきたばかりで知り合いがいないけど思い切って参加してみました」という若い方や「友人に誘われて参加することにしました」という大学生など、
世代や地域の垣根を越えて、スポーツを通して交流している姿は、とても感動的でした。

たがさぽでも、地域も人も元気になるようなイベントをやっていきたいです。
今回のスポーツ大会の参加者のみなさん・スタッフのみなさんにたくさんの刺激をいただきました。
ありがとうございました!
続きを読む・・・
障害のある人もない人もともに表現する場ができました! [2021年07月22日(Thu)]
こんにちは。

スタッフの川口です。
木曜日は市内外の取り組みをご紹介します。

 今日、紹介するのは特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパンと仙台市などが主催しています、「障害のあるひととない人がともに表現することができるアトリエ&スタジオ、はじまります」をご紹介します。

エイブル・アート・ジャパンは、「社会の芸術化、芸術の社会化」をキーワードに活動しているNPO法人です。1995年から「エイブル・アート・ムーブメント(可能性の芸術運動)」を提唱し、アートの可能性や人間の可能性を再発見する活動を行っています。障害のある人をはじめ、生きにくさを抱えている人たちと共に、障害の種別や有無をこえて、さまざまな活動を実践しています。


スタジオ「みんなでつくるよ広場の人形劇!」

こちらは仙台を拠点に活動する人形劇団ポンコレラが講師です。

お話、人形、舞台全てが手作りの人形劇団で、即効的アイデアがそのまま具現化したようなキャラクターと気張らないオフビートなユーモアが魅力です。どんな物語が劇場でできあがるか楽しみです!

日時:@7/10(月) A8/8(日祝) B11/20(土) 
   C2022年1/15(土)D2/19(土)

会場:@A青葉の風テラス BCD日立システムズホール仙台アトリエ
時間:14:00〜17:00
対象者:障害のある人、障害のある人と表現活動をすることに関心がある方
定員:各15人程度(障害のある人は10人程度)
参加費:1,000円(材料費込み、オンラインの場合は参加費不要)、要申込


アトリエ「アトリエつくるて」

このアトリエでは、何を描いても、どんなものをつくっても大丈夫です。
みなさんが安心して作品作りができるようにファシリテーターがお手伝いやアドバイスもします。
ファシリテーターは佐竹真紀子さん(美術作家・一般社団法人NOOK)、しょうじこずえさん(アーティスト)です。つくった作品をみんなで見る時間も設けます。振り返りのおしゃべりも含めて、創作を楽しみましょう。

日時:@6/27(日) A9/18(土) B10/30(土)
   C2021年12/25(土) D1/22(土)

会場:@A青葉の風テラス BCD日立システムズホール仙台アトリエ
時間:14:00〜17:00
対象者:障害のある人、障害のある人と表現活動をすることに関心がある方
定員:各15人程度(障害のある人は10人程度)
参加費:1,000円(材料費込み、オンラインの場合は参加費不要)、要申込


オンラインでも参加できて、事前にZoomの使い方のサポートも実施しているそうです!関心のある方はお問合せしてみてください!


そして、8月5日から多賀城市立図書館で ART TO YOU ! in TAGAJO  「東北障がい者芸術全国公募展入賞作品展」多賀城巡回展 があります!

image.jpg

障がいのある人たちの表現活動の広がりと多様性を認め合える社会の実現を目指し、2015 年より公益社団法人東北障がい者芸術支援機構が主催している「Art to You! 東北障がい者芸術全国公募展」。

ルールに縛られることなく自由に表現された作品の数々は、常識や当たり前に囚われた私たちの心をふっと解きほぐしてくれます。アートがもたらす感動に障がいは関係ない。アートは自由。

そんな原点を思い出させてくれる心揺さぶる作品たちにぜひ、会いに来てください。(HPより)

会 期:2021年8月5日(木)〜20日(金)
会 場:多賀城市立図書館
時 間:9:00〜21:30 ※会期中休館無し
入場無料


こちらは全国の入賞作品が多賀城で見ることができる良い機会ですので、ぜひ足を運んでください。


Posted by 川口 at 10:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
【8/20(金)開催】町内会どうする?相談会in山王地区公民館のお知らせ [2021年07月18日(Sun)]

こんにちは。スタッフの鈴木です。


梅雨明けし、本格的に暑くなってきましたね。                                  

79日(金)に大代地区公民館で町内会どうする?相談会を行いました。


相談内容の例として…

町内会の情報発信として、イベントごとに撮っている写真を使った広報紙を作りたいという相談などがありました。


今回は山王地区にお邪魔し、

町内会どうする相談会in山王地区公民館を行います。



ひらめき「これからどうしよう?」ということをお聞かせください。

  • 町内会運営
  • 広報紙の情報発信
  • コロナ禍での活動や夏祭り
  • 敬老会運営
  • LINEの活用方法など

山王町内会相談会.png


チラシPDFはこちらです。


◆日時:2021820日(金)14:00〜16:00


◆場所:山王地区公民館

◆参加費:無料(申込み不要です)



◆対象:自治会・町内会役員の方、町内会に関心のある方どなたでも


◆定員:なし


◆相談対応:たがさぽスタッフ


電話1(プッシュホン)問い合わせ:多賀城市市民活動サポートセンター

                022-368-7745


かわいいお待ちしております!


いまこそ防災!あらためて防災について考える本を紹介します! [2021年07月17日(Sat)]

こんにちは。スタッフの川口です。

土曜日はお役立ち情報の日です。

今日は、たがさぽ文庫にある本の中から「防災」関連の本をご紹介します。


土砂崩れや線状降水帯による大雨での川の氾濫など、毎年災害が起きています。これまでの経験では語れないような災害が毎年起きていますので、これまで以上の防災減災の意識をもっていなくてはいけないとつくづく思っているこの頃です。


さて、地域で取り組みを見直すことも一つですが、個人での意識的な取り組みが必要になってきます。そこでたがさぽ文庫の防災の本をご紹介します!


「防災かあさん」わたしの家族はわたしが守る! 


著者:みんなの防災部 発行:羽鳥書店 2015


防災かあさん.jpg


この本の著書、みんなの防災部は「自然災害から一人でも多くの人の命を救うこと」を使命として、「日本にいまこそ必要な新しい防災のかたちを、みんなで一緒につくること」を活動目的に生まれました。


この本のすごいところは、「いざという時、わたしは、家族はどうするだろう」と想像して、自分で考えるきっかけになる本なのです!


まずは災害全般の基本問題から、災害発生前・発生時、避難時・避難所生活まで、シーン別にチェックできます!


たとえば…

東日本大震災で、児童や生徒がすばやく避難できたことで注目されている「津波避難の三原則」とはなんでしょう? 3つ選んでください。


みなさんはどれだと思いますか?

1.想定にとらわれるな  

2.公式の指示を待て

3.共助の精神で助け合え

4.最善を尽くせ

5.率先避難者たれ 



正解は、1・4・5です!

1.ハザードマップはあくまで参考。地意識は大事だけど、あとは自分で判断することが

  自助の考え方の基本です。

4.釜石の子どもたちは決められた避難所にたどり着いても、より高い場所を目指して走

  り続けました。今その時にできる最善を尽くすこと。

5.率先して逃げ出す勇気を持つこと。

  津波避難の場合、「自助」の心構えだと考えましょう。


日本は災害大国。地震以外にも津波、台風、豪雨、竜巻、噴火、土砂災害、雪害など毎年のように各地で起こります。「ヒトゴト」と思わず、「わがこと」と考えるのが「自助」の第一歩なのです。


ぜひ読んで、自分、家族のことをチェックしてみてくださいね!



次に紹介するのは自治会・町内会の取り組みの参考書です。


仙台・福住町方式 減災の処方箋 一人の犠牲者も出さないために

著書:菅原康雄 三好亜矢子 発行:新評論 2015


減災の処方箋.jpg



私たちは災害を100%防ぐことはできません。被害をできる限り少なくする「減災」に力を入れなくてはなりません。

いざというときに頼りになるのが身近な住民通しのつながりです。仙台市福住町はできて45年の新興住宅地です。梅田川が流れていること、もともと低地であったこと、無秩序に開発が進んだことから水害が多い地域でした。美し河川も大雨が降るとあたりの様子は一変します。

多くの水害と地震に見舞われて生きた経験から、町内会を中心とした自主的な防災活動に本腰を入れはじめ、「福住町方式」というシステムが生まれました。

この本で、画期的な独自の自主防災マニュアルやお祭りのような全員参加型防災訓練、困った時はお互いさまの押しかけ支援、町内会同士の災害時相互協力協定、日常を通じたさりげない見守り活動など、独自の取り組みが掲載されています。


これからどんな災害がおこるのか、わかりません。

いろいろな地域の事例に触れて、地域の防災活動の参考にしてみてください!


この夏は「地球子屋サマーフェスティバル」へレッツゴー [2021年07月15日(Thu)]

こんにちは、スタッフのカツイです

7月も気づけば中盤ですね。


本日は「地球子屋(てらこや)サマーフェスティバル」のご案内です。


チラシ.jpg

ダウンロードはこちら→チラシ.pdf



どんなことをするの

・くじびき・駄菓子・ゲームなどのお楽しみコーナーがあります

・アロマを使った虫よけスプレーが作れます

・ボーちゃん焼きが14時から販売されます(ボーちゃん焼きとは…七ヶ浜特産の魚「ぼっけ」がイメージのゆるキャラ、ボーちゃんのたい焼きです)

・その外にもいろいろ盛りだくさん!!



学区、地域関係なく、親子も地域の人も気軽に立ち寄れる楽しいイベントとなっています。



地球子屋さんは、地域の中で子どもたちを育てたいという想いから、自然の豊かさと人々の温かいつながりで、地域交流の空間と時間を作り出したいと考える有志の集まりです。


コロナ禍で様々なイベントが中止となり、昨年はなんだか物悲しい夏だったかもしれません。ぜひサマーフェスティバルに訪れ、今年の夏を楽しみませんか。



〇地球子屋 サマーフェスティバル

日時 7月25日(日) 13時〜16時

場所 汐見台第二分館(汐見台一丁目1-2 ダイソーさん近く)

電話1(プッシュホン)お問い合わせ…地球子屋(てらこや) 080-5225-7494 いしきだゆうこ



※お越しの際はマスクを着用し、発熱や風邪症状のある方はご遠慮ください。




🗺地図🗺





リンクは こちら から

多賀城中学校美術部展覧会のお知らせです [2021年07月12日(Mon)]
こんにちは。スタッフの小林です。
本日は、フリースペースで開催するイベントをお知らせします。

多賀城中学校美術部展覧会


2019年7月に3回目の展覧会を開催しましたが、2020年は新型コロナウイルス感染症の心配があることから、残念ながら開催を見送りました。
今年は2年ぶりの開催となります。

部員のみなさんの日ごろの活動の成果を、地域の方々や保護者のみなさんにも広く見ていただく発表の場として開催します。ぜひお誘いあわせのうえお越しいただき、応援よろしくお願いします!
また、開催期間中は部員が交代で会場にいます。気になる作品がありましたら声をかけてみてはいかがでしょうか?

※こちらは2018年7月に開催した美術部作品展の様子です。

DSCN3582.JPG

今年はどんな作品が展示されるのか楽しみです


DSCN3576.JPG

もしアンケートなどありましたら感想や応援メッセージ、どしどしお寄せ下さい。


○日程:7月26日(月)〜8月3日(火)
       ※7月28日(水)は休館日
      
○会場:たがさぽ 2・3階フリースペース
○お問い合わせ:多賀城中学校(022-365-7411、担当:山本先生)


★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 


たがさぽのフリースペースは、通常の自由利用以外にも、市民が自由に出入り・参加・見学のいずれかができる展示・イベント会場としてご利用いただけます。
詳細は以下のページをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。
 
フリースペースご案内はこちら

多くのお問い合わせ・ご利用、お待ちしています!

| 次へ