CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年03月 | Main | 2020年05月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
「事務用ロッカー」「レターケース」の抽選会は、行いません。 [2020年04月29日(Wed)]
※5/2(土)追記あり

こんにちは!スタッフのわたなべです!!
本日2回目の記事アップです。

4月初めから行っておりました「事務用ブース」「事務用ロッカー」「レターケース」の利用申し込み受付は、先ほど17時をもちまして締め切りました。



【「事務用ロッカー」「レターケース」お申し込みの団体のみなさまへ】
「事務用ロッカー」(定数20)、「レターケース」(定数36)ともに申し込みが定数を越えませんでしたので、
今回は抽選会を行わないことになりました。
・継続利用の団体につきましては、6月以降もこれまでと同じ場所をご利用できます。
・事務用ロッカー使用料の支払い方法も含め、各団体には後ほど詳細をお知らせしますのでお待ちください。

【「事務用ブース」お申し込みの団体のみなさまへ】
・審査につきまして、ご連絡を差し上げますのでお待ちください。


【今後のお申し込みについて】
●「事務用ブース」について
・9月1日(火)より利用開始の団体を、7月初めから募集します。
・詳細は、たがさぽウェブページ・ブログや広報多賀城、市内各所に配置するチラシをご覧ください。

●「レターケース」につきましては、若干空きがありますので、随時申し込みを受け付けます。(先着順・定数に達したら募集終了)
●「事務用ロッカー」につきましては、お申し込み団体が定数に達しましたので受付を終了しました。

●詳しく知りたい方は、たがさぽまでお問い合わせください。
・022-368-7745(多賀城市市民活動サポートセンター)
Posted by わたなべ at 17:01 | 施設利用ご案内 | この記事のURL | トラックバック(0)
全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数(2020年4月版) [2020年04月29日(Wed)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!
毎月月末には、全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数をお知らせしています。

NPO法人とは特定非営利活動促進法に基づいて設立された法人です。
したがって、ここで紹介する法人数はあくまでNPO法人格を持っている団体の数であり、一般社団法人など他の法人格を持つ団体や、法人化していない団体も含めますと、NPOの数はさらに多くなります

★NPO法人の数★
全  国:51,269法人
     ※2020年3月31日現在
     ※前回の記事時点と比較して:−89
宮城県内:819法人
     ※2020年3月31日現在
     ※前回の記事時点と比較して:−2
     ○このうち、仙台市は402法人(−1)
多賀城市:9法人
     ※2020年3月31日現在
     ※前回の記事時点と比較して:±0

※前回の記事は こちら をご参照ください。


☆多賀城市内のNPO法人一覧☆
 (多賀城市内に主たる事務所を有する団体)
多賀城市民スポーツクラブ
season(現在、seasonの活動は株式会社へ移行しています)
愛護福祉環境対策研究所
地球の楽好
日本防災ネットワーク協会
いのちのパン
ドラムカフェ

ライトワーカー宮城

☆参考
みやぎNPO情報ネット
宮城県公式ウェブサイト NPOのページ
内閣府NPOホームページ
Posted by わたなべ at 09:40 | NPO法人の数 | この記事のURL | トラックバック(0)
たがさぽのコロナウイルス対策 〜防護シート編〜 [2020年04月27日(Mon)]
こんにちは。スタッフのさいじょうです。
4月も残すところあと数日。
コロナウィルスの感染情報を毎日耳にして、不安を感じている方も多いと思います。

たがさぽでは、利用者さんとスタッフの安全を考慮して、
窓口に透明なシートを設置しました。手づくりの防護シートです!

実はビニールシートを購入するためスタッフがホームセンターに走ったのですが、
ちょうどいい厚みのものは売り切れ・・・やっぱりなぁ。

しかし入荷をのんびり待っているわけには行きません。
館内にあるもの!何か他で代用できないかと考え、いろんなものを引っ張り出してきて
これは?あれは?とスタッフで試行錯誤。

ビニールシートはいいサイズのものがありました。さてどう吊るすか。

これは!と思い提案するも
他スタッフの『却下!!』の声。

またまたいろいろとアイデアを出して試して
『小学生の工作みたいだ・・・』そんな意見にもめげずに

やっとのことでシートを吊るすポールを設置。

DSCN9162.JPG


そしてシートにハトメをつけて〜ポールにリングを通して〜
テグスで吊るしました。
(平行に吊るすって案外ムズカシイ・・・のね)
ちなみにリングは事務用のものを使いました。

DSCN9173.JPG


窓口利用時をイメージして高さを合わせて〜

DSCN9175.JPG


ぴかぴか(新しい)はい!出来上がり!じゃーん!ぴかぴか(新しい)
DSCN9176.JPG

※シートの透明度が微妙なのはゆるしてね。

新型コロナウィルス…
先が見えない不安と不満と、思考はどうしても後ろ向きになってしまいますが、
いつも通りの生活に一日も早く戻れるよう、みなさんの頑張る姿に負けないよう、
たがさぽスタッフも、ちょっとの不安が消えるような工夫をしながら、
そして様々な情報がお伝えできるよう頑張っていきたいと思います。
市民活動団体にも支援の手を [2020年04月25日(Sat)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週土曜日は、お役立ち情報をお伝えしています。

さて、桜を楽しむ時期も過ぎ、例年なら今日から大型連休!さて今年はどこに出かけようかな〜とウキウキする時期ではないでしょうか。
しかし、今年はコロナウイルス感染拡大防止のため全国的に外出を自粛する動きになっています。
たがさぽでも3月から一部休館となっております。
活動する団体の方からは、いつから開館するの?いつから活動ができるのだろうか?とご心配の声もいただいています。

さて、新型コロナウイルスに関しては、先日、県内の4つの中間支援団体が合同で「新型コロナウイルス感染拡大への対応及び支援に関する宮城県内NPO法人等緊急アンケート」を実施しました。

document_data_bunseki.png


たがさぽも、ブログでの告知でお手伝いしました。
ブログはこちら

このアンケート、NPO法人など約150の市民活動団体から回答をいただいたそうです。先日公表された結果を見ると、新型コロナウイルスによって活動に影響が出ていると答えた団体が82%、今後の影響を懸念するという回答を含めると、97%にも達しています。

その結果を踏まえて、以下の4つについて宮城県と仙台市に要望書を提出しました。
1.中小企業等の支援制度をNPOも対象とすること
2.活動継続のための自治体独自の支援金等の創設
3.継続的な雇用維持と事業実施方法への柔軟な対応
4.手続き等の簡素化および、申請書作成支援の強化

宮城県内NPO法人等緊急アンケート調査の集計結果と宮城県、仙台市への緊急要望書はこちら(せんだい・みやぎNPOセンターHPより)

コロナウイルス感染拡大防止の状況はおそらく長引くことでしょう。
この状況が長く続くことで活動団体の様々における心配なことも出てきています。
こんな声も上がっています・・・
○コミュニティ活動ができないことによる高齢者の孤立、認知症などの重症化
○家庭で過ごす時間が長くなる中での、DV、児童虐待
○当事者同士の会合を開催するための施設が閉鎖になること
○人と接する活動(イベント等)ができない。不要不急のことはすべて休止と言われてしまうと活動自体難しい。

などさまざまです。

先が見えないコロナウイルスの終息。いつもの活動ができる日が早く戻ってくることを願いつつ、
今回の要望が何らかの形になり、各団体の後押しとなるといいですね。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


多賀城市の取り組み「たがじょう おうちごはん」

コロナ禍で市内の飲食店などでも売り上げが減少しています。
おうちで過ごす時間が増えている今だからこそ、多賀城のお店を利用することでまちの元気につながるこの取り組みを利用してみませんか?

「たがじょう おうちごはん」についてはこちら(多賀城市HPより)

takuhai_yasai_box.png

コロナウイルスの感染予防ガイドブックに外国語版が登場! [2020年04月24日(Fri)]
みなさんこんにちは、スタッフのささきしょうたです!飛行機

たがさぽは依然として臨時休館を頂いていましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?家

以前のブログでを紹介しました「新型コロナウイルス感染症市民向け感染予防ハンドブック」に外国語版が登場しました。今回の新板は英語・ベトナム語・韓国語・モンゴル語・中国語(簡体字・繁体字)に対応しています。


多言語.jpeg


多賀城で過ごす外国人の皆さんにも、情報に取り残されることなく安心・安全な暮らしを送って頂くため、たさがさぽでも窓口で配架しています。
(臨時休館…と言いつつ窓口は開いているのです…。)


お持ち帰りをご希望の方はご相談ください。数に限りがあります。
Webからも”お持ち帰り”ができますので下記のリンク群をご活用ください。
You Tubeの動画でも説明が紹介されています。


多賀城で技能実習生を受け入れている企業様にもお届けしたいと思います。
必要な企業様もご連絡ください!!



●日本語



●Novel Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Infection Prevention Handbook for the General Public Ver.2.1 【English】



●新型冠状病毒感染症 市民预防手册 第2.1版 【简体中文】



●新型冠狀病毒感染症 市民預防手冊 第2.1版【繁體中文】



●신종 코로나바이러스 감염증 시민들을 위한 감염예방 핸드북 제2.1판 【한국】



●Bệnh truyền nhiễm do chủng mới virus Corona Sổ tay phòng chống lây nhiễm dành cho người dân Phiên bản 2.1 【Tiếng việt】



●Энэ удаа 「“ШИНЭ КОРОНА ВИРУС ХАЛДВАРТ ӨВЧИН (COVID-19)” Олон нийтэд зориулсан.

Та бүгдийн амьдрах орчин болон гэр бүлийн хүрээнд COVID-19-нхалдвар авахгүй байх, амьсгалын замаар халдахаас урьдчилан сэргийлэхэд тань тус нэмэр болно гэж найдаж байна.

“ШИНЭ КОРОНА ВИРУС ХАЛДВАРТ ӨВЧИН (COVID-19)”

Олоннийтэд зориулсан халдвараасурьдчилан сэргийлэх гарын авлага
ХУВИЛБАР 2【Монгол хэл】




ぜひ、日頃の感染予防にご活用ください!


困ったときは連絡しよう! 今、活動している多賀城の団体を紹介します! [2020年04月23日(Thu)]
みなさん、こんにちは。
スタッフの川口です。毎週木曜は市内外の団体の活動を紹介しています。
春の嵐で桜が散ってしまいましたね。いかがお過ごしでしょうか。
新型コロナの影響で、学校の開始も遅くなり、日々の負担も増えているかと思います。

今日は、コロナ禍の中でも活動をしている多賀城の団体を紹介します。

〇NPO法人いのちのパン
まず紹介するのは、18日にもブログで紹介した多賀城でフードバンクを行っているNPO法人いのちのパンです。
NPO法人いのちパンは、震災以降、貧困家庭への支援を継続して行っています。現在も企業などの食糧支援を困っている方々へお届けしています。
HP→ http://www.breadoflife.jp 
食品を困窮家庭、シングルマザー家庭などを中心にお配りしているそうです。多賀城、塩釜、七ヶ浜などの地域の方、大変な時はぜひご連絡してください。

〇ハッピーピース 
発達に凸凹のある子どもたちと子どもたちに関わる全ての方たちの支援を行っている団体です。新型コロナの影響で活動自粛が続いていますが、ハッピーピースさんはストレスがもう限界という保護者の声もあり活動を模索しつつ、オンラインで会議のできるアプリzoomで心理学講座と茶話会を開催するそうです。

★ハッピーピースの4月の活動 
4月22日(水) 子育てがちょっと楽になる心理学講座(仙南地区で開催予定だったもの)
日常生活の中で感情を、どう豊かに育てて…
日々のしつけやルール、関わりをサポートしていくのか?
子どもの感情の育ちについて学びます。
時間:10:00〜12:00 
料金:会員 2,000円 非会員 2,500円

4月30日(木) 手をつなごう茶話会(多賀城で開催予定だったもの)
急に春休みが始まり、5月まで休校!
子どもたちも混乱していますが保護者の私たちも、混乱していませんか?
外出もできなくて、家族以外話しをすることも出来ずストレスが、たまっていませんか?
たくさん話をしてストレス発散、
そしてエネルギー充電しましょう!!
時間: 10:00〜12:00 
料金: 会員 500円 非会員 800円

こちらの2つを、zoomを使いオンラインで開催するそうです。今まで、参加したかったけれど多遠くて参加できなかった方もこの機会にオンラインで参加してみたいですね。
詳しくは→ https://blog.canpan.info/happy-peace/daily/202004/14
Posted by 川口 at 10:54 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
「新型コロナ対策支援カード」のご紹介 [2020年04月20日(Mon)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。

新型コロナウイルスの広がり、そして「緊急事態宣言」にともなって、影響を受けている方も多いと思います。
その対策としてさまざまな支援情報も出てきていますが、今日はこれらをわかりやすくまとめたカードをご紹介します。

新型コロナ対策支援カード

このカードを作成したのは、弁護士で防災士の永野海さん。新型コロナウイルスによって経済的に苦しい状況にある方に、支援制度の全体像をやわらかく伝えられないかと思い作成したそうです。
4月上旬から紹介されていたのですでにご覧になった方もいると思いますが、このたび「事業者向け」を作成し、先に出ていたものを「個人・家族向け」につくり直しました。合わせて、すべてのカードに元情報のQRコードが入りましたので、必要な情報にすぐにアクセスできるようになりました。

カードの詳細やダウンロードにつきましては、こちらをクリックしてください。
弁護士永野海 法律と防災のページ
「新型コロナ対策支援カード」

ぜひ、支援を必要とする方々に、このカードをご活用いただければと思います。
新型コロナウイルス感染拡大の中で「何かできることはあるかな?」と思っている方へ−寄付で活動を応援する [2020年04月18日(Sat)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

新型コロナウイルス感染拡大によって、私たちの暮らしにさまざまな影響が出ています。
普段どおりの活動等ができない今だからこそ「何かできることはないか」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。


学校休校による子どもの居場所、休業による経済状態に不安を抱える方、閉じこもりがちになることで心身の健康状態の悪化など・・・
この状況の中で発生している課題に取り組む活動を寄付というかたちで応援してみませんか。


震災をきっかけに、被災された方や生活に困窮されている方に食料品を届ける活動をしている市内のNPO法人いのちのパンでは、休校になっている子どもたちの居場所づくりの活動のサポートを行っています。
このようなフードバンクの活動には、食料品や活動費の寄付が欠かせません。
→詳しくはこちら



例えば、赤い羽根共同募金では、困りごとを抱える子どもと保護者を支援する活動を応援する「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金」を行っています。
→詳しくはこちら

例えば、病気、災害、自死などで親を亡くした子どもたちと、親が重度障がいで働けない子どもたちの進学を支援している一般財団法人あしなが育英会は、緊急支援金として15万円の給付を決定しましたが、街頭で募金を集めにくい状況の中で、寄付を呼びかけています。
→詳しくはこちら


ほかにもYahoo!JAPANネット募金のページでは、医療機関の応援、途上国の感染予防の活動など、新型コロナウイルスに関する緊急支援として寄付先を紹介しています。
→詳しくはこちら



また、インターネットを通して想いを発信し、共感したり応援したいと思った人から資金を募るクラウドファンディングの一つREADYFORでは、影響を受けている方々をサポートする取り組みなど新型コロナウイルス支援情報をまとめています。
→詳しくはこちら
「tag」88号発行しました! [2020年04月13日(Mon)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!

tag88号発行のお知らせです。
tag88.jpg
PDFファイルのダウンロードはこちらからお願いします!
↓ ↓
tag88号


【表】
子育ての頼れるサポーター!「あんだんて」
子育てで困ったことや悩んだこと、またあの時にちょっと子供を預けられたらいいなあと思ったことはありませんか?「多賀城市家庭教育支援チーム『あんだんて』」は、イベントでの出張託児やお宅に伺っての訪問託児などの活動に取り組んでいます。

【裏】
子供の心の声に耳を傾ける「子どもアドボカシー」
「子どもアドボカシー」という言葉、知っていますか? 宮城、そして東北でこの取り組みを広めようとアクションを起こし始めた「TAGAJO『子どもの声を聴く』プロジェクト」の檀崎さんにお話を伺いました。

※4/14(火)追記
裏面でご紹介しておりました「子どもアドボカシー」講演会は、新型コロナウイルスの影響のために延期となりました。



「tag」は、たがさぽや多賀城市内の公共施設・店舗などに配架しています。また、周辺市町にも配架していますので、ぜひご覧ください。

【「tag」アンケートのお願い】
今後のtagの誌面作成や配架先の参考にするために、アンケートを実施します。ぜひご協力ください。
こちらからお願いします →→ アンケート

【「tag」を置いていただける施設・店舗を募集中!】
現在たがさぽでは、多賀城市内およびその周辺で「tag」を置いていただける施設・店舗を募集しています。枚数は5〜20枚程度。市民活動情報の発信をお手伝いすることで、地域や社会に貢献しませんか。お問合せは、022-368-7745までお願いします。
Posted by わたなべ at 10:00 | ニューズレター | この記事のURL | トラックバック(0)
新型コロナウイルス感染症の現状と対策 [2020年04月11日(Sat)]
みなさんこんにちは、たがさぽスタッフの齋藤です。

本日は、新型コロナウイルス感染症の現状と日頃心がけたい対策についてお知らせいたします。
新型コロナウイルス感染症について、様々なメディアで取り上げられています。
宮城県内でも連日新たな感染者が見つかっており、感染拡大を防ぐためにも一人一人の徹底した対応が必要となっています。

■新型コロナウイルス感染症の現状
◉感染者数
全国感染者数:5,000名以上
全国死者数:100名以上
宮城県内感染者数:38名【2020年4月10日現在】
宮城県内死亡者数: 0名

◉致死率【2020年3月4日 世界保健機関(WHO)】
全年齢平均の致死率は3.4%で、高齢になるほど確率は上がる。
しかし、高齢者だけが危ないわけではなく、全ての年齢で、新型コロナウイルスの致死率は季節性インフルエンザよりも高いことがわかっており、50歳未満の致死率はインフルエンザより6〜10倍も高いのです。死に至らないまでも、若年層の重症患者は意外と多いのです。各国でどこまで検査を徹底するかによって感染者数も左右されるため、致死率が実態を完全に表しているわけではありません。

◉感染経路
一般的には飛沫感染、接触感染で感染する。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。

@飛沫感染◉
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
A接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

■新型コロナウイルス感染症対策
◉換気
人は通常、1時間に6畳〜8畳分ぐらいの新鮮な空気を必要としているとのことです。
効率の良い換気は、対角線上に2カ所の開放口を作り、窓際で外に向けてサーキュレーターや扇風機を回すこと。難しければ1カ所窓を開けて空気の入り口を作り、換気扇を回すのでもOK。これでだいたい、5分から10分で空気が入れ替わります。
理想では2時間おきぐらいの換気が望ましいそうです。密閉された空間では、マイクロ飛沫と呼ばれる細かい粒子が20分以上も空気中に浮遊しています。マイクロ飛沫はくしゃみや咳だけでなく、普通の会話でも発生することがわかっています。マイクロ飛沫の中に多く存在する新型コロナウイルスが感染に関わっている可能性が指摘されています。簡単にできる換気をこころがけることで、感染のリスクをかなり下げることができます。

◉感染拡大を防ぐためには、飛沫感染と接触感染を避けること大事です。
上記の換気はもちろん手洗いやうがいの励行など、一人一人の徹底した対応が必要となっています。
また、栄養価の高い食事をして、しっかりと睡眠時間をとることが免疫機能を高め、感染拡大の防止につながります。

| 次へ