CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
「tag」85号発行しました! [2020年01月13日(Mon)]
おはようございます!スタッフのわたなべです!!



【表】
カレンダーで届ける 地域の笑顔
東日本大震災の被災者・支援者の皆さんの笑顔や、復興の様子をカレンダーにして全国へ届けるプロジェクト「笑顔カレンダー東北」。活動を始めたきっかけや広がりについてお伺いしました。
●詳しくはこちらもご覧ください。
 笑顔カレンダーオフィシャルサイト

【裏】
「かけがえのないあなた」を大事に
子育て支援や発達障がいのある子どもの支援などに携わる方たちが集まったPrecious One。団体立ち上げのきっかけやか今の活動についてお話をお聞きしました。
●詳しくはこちらもご覧ください。
 Precious Oneブログ
 たがさぽpress『「かけがえのない」あなたに寄り添う』(2019年11月21日掲載)


「tag」は、たがさぽや多賀城市内の公共施設・店舗などに配架しています。また、周辺市町にも配架していますので、ぜひご覧ください。

【「tag」アンケートのお願い】
今後のtagの誌面作成や配架先の参考にするために、アンケートを実施します。ぜひご協力ください。
こちらからお願いします →→ アンケート

【「tag」を置いていただける施設・店舗を募集中!】
現在たがさぽでは、多賀城市内およびその周辺で「tag」を置いていただける施設・店舗を募集しています。枚数は5〜20枚程度。市民活動情報の発信をお手伝いすることで、地域や社会に貢献しませんか。お問合せは、022-368-7745までお願いします。
Posted by わたなべ at 09:00 | ニューズレター | この記事のURL | トラックバック(0)
TAGAJO Future Labo「マイアプローチ発表会」まであと1週間!受講生の発表内容の「キーワード」をご紹介!! [2020年01月12日(Sun)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!

あなたの想いで地域の未来を描く
TAGAJO Future Labo
5th season

TFL5_myapploach_1.jpg


半年間の講座のしめくくり、「マイアプローチ発表会」が
1週間後の1/19(日)に迫ってきました!

詳しくはこちらをご覧ください。 → マイアプローチ発表会


11月の第5回講座のあと、12月には個別相談会を行い、プログラムアドバイザーの津川さんやたがさぽスタッフも一緒に想いやプランを深めたり、発表のしかたや内容について考えてきました。
「今回はどんな発表があるんだろう?」と思っている方もいらっしゃると思いますので、今日は各受講生の想いや考え、発表の内容などをキーワードでご紹介します!

・妄想「おやつ」カフェ
・自分の「色」、人の「色」
・「マジック」で地域を盛り上げる
・「かけがえのない」あなた
・「オーガニック」の良さを広めたい
・「絵本」のちから
・「誰も取り残さない」子育て、教育のために
・「好きなもの」に囲まれて生きる
・「子どもの声」をきく
・「歌」で地域を元気に

※発表内容は、当日変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※発表の順番は、このとおりではありません。

これはぜひ聞いてみたい!と思った方はぜひご参加ください!

お申し込みはこちらからどうぞ。 → お申し込みフォーム
(電話や、たがさぽ窓口でもお申し込みいただけます)

多くの皆さんのご参加、お待ちしています!


【マイアプローチ発表会 概要】
★日時:2020年1月19日(日)13:00〜16:00
★会場:多賀城市市民活動サポートセンター
★ゲスト:眞野 美加さん
     一般社団法人ワカツク/NPOママとシネマ実行委員会 代表/
     新田mama*cafe / 新田宿題サロン 代表
★主な内容:
 ・受講生の「マイアプローチ」の発表 
 ・ゲストによるトーク
 ・参加者同士の交流の時間
★参加費:無料
★お申し込み:
 ・こちらをクリックし、必要事項をご記入ください。
 ・電話(022-368-7745)、たがさぽ窓口でもお申し込めます。
★お問い合わせ:多賀城市市民活動サポートセンター(022-368-7745)
Posted by わたなべ at 13:20 | 事業のご案内 | この記事のURL | トラックバック(0)
社会貢献活動を応援するみやぎスマイル基金 [2020年01月11日(Sat)]

みなさんこんにちは、たがさぽスタッフの齋藤です。

本日は

「COOPトリプルカード    

     みやぎスマイル基金」


をご紹介いたします。



無題.png



これは宮城県でさまざまな社会貢献活動を行っている組織・団体等に対する助成金で、誰もが安心してくらせる地域にしていくことを目的としています。


■COOPトリプルカード みやぎスマイル基金とは■
みやぎ生協と(株)日専連ライフサービスが社会貢献の一環として、創設したもので、みやぎ生協店舗でご利用いただいた「COOPトリプルカード」による決済1回に付き1円を1年間積み立てし、原資としています。

■目 的■
宮城県内でさまざまな社会貢献活動を行っている組織・団体等への助成をとおして、宮城県を「誰もが安心してくらせる地域」にしていくことに寄与します。

■助成対象となる事業・活動■
宮城県内で取り組まれる「営利を目的としない社会貢献活動」を対象とします。

■応募資格■
公益を目的とし、宮城県内に活動拠点があり、原則として1年以上活動している組織・団体とします。なお、活動1年未満の団体であっても、申請書類一式(応募方法欄参照)を準備できる場合は応募することができます。
代表者・所在地等、組織や事業の運営の重要事項が定まっている組織・団体とします。申請団体の法人格の有無は問いません。
継続的な活動を行う意思を持っていること。
公的な補助を受けている場合や、他の機関の助成を受けている団体でも、事業の必要性によって助成の対象となります。申請の際、他機関からの助成の有無を明記してください。ただし、「みやぎ生協福祉活動助成金」との重複申請はできません。(同一事業の場合)

■助成対象期間■
2020年年4月1日から2021年3月31日までです。

■助成対象に該当しないもの■
(1)人件費、家賃、地代、水光熱費、電話代など
(2)町内会の運営・活動費、防災備品の購入など

■募集期間■
2019年11月1日から2020年1月31日(必着)までとなります。
募集期間内に申請書類一式を提出してください。

■提出資料■
[1]みやぎスマイル基金助成金申請書 
ダウンロードはこちら 申請書(PDF版) 
[2]会則もしくはそれに準じる文書
[3]会計実績のわかる文書(決算書・予算書など)
[4]活動実績のわかる文書(活動報告・活動計画など)
※ご応募の際の資料は、返却できません。

■書類提出先■
〒981−3112 
仙台市泉区八乙女4−2−2 みやぎ生協 機関運営部内
みやぎスマイル基金事務局
電話:022-771-1590 FAX:022-773-1821
e-mail:m.smile.fund@ml.snet.coop

■助成先の審査■
申請された事業について、選定委員会で審査し、審査結果を3月頃に文書で通知します。
申請組織・団体・事業について、事前に確認させていただきます。さらに詳しい書類の提出や、電話による照会、訪問調査を実施する場合があります。

■助成の基準と贈呈■
助成額は、原則として1組織、1団体30万円が限度となります。
単年度、同一組織・同一団体への助成は1回となります。
同一組織・同一団体への助成回数の上限は、3回となります。
助成団体が決定した後、4月頃に贈呈式を行います。
助成金は4月下旬に指定口座に振り込みます。

■報告書の提出■
助成を受けた組織・団体は2021年5月31日までに報告書を提出して頂きます。
(1)提出物
[1]助成活動報告書
[2]領収書のコピー(助成事業に使用した分)
[3]成果物(活動をまとめた冊子、パンフレットおよび写真・チラシ・レシピなど)

昨年度は、宮城県内の24団体から申請があり、審査の結果、11団体に合計約300万円の助成を行いました。★第3回贈呈式




続きを読む・・・
Posted by 齋藤 at 15:00 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
必要としている人にお知らせください! 聴覚障害教育についてみんなで考えてみませんか? [2020年01月09日(Thu)]

みなさん、こんにちは。

スタッフの川口です。今年もよろしくお願いいたします。


 手話言語条例が全国各地で相次いで制定されていますね。

みなさんは手話を使ったことがあるでしょうか。


昨年のクリスマス雑貨市では、ろうLGBT東北、UDトーク部の出展、またみみサポみやぎの展示もあり、きこえない体験や、言葉を文字で見える化するアプリの体験などができました。


 また、みみサポみやぎさんに教えて頂いた手話!これがとっても楽しかったです!

表情豊かに伝える手話は、英語がわからないからゼスチャーで一生懸命伝えるというような感じで、顔の表情と口の動き、手の動きの大きさなど、体全体で表現できる言語です!


 みなさんも知識だけでなく、気持ちと表情で伝えることにトライしてみてくださいね。

 syuwa.png


さて、今日紹介するのは、

「第23回 みやぎの聴覚障害教育を考えるつどい」です。


なんと、今年は多賀城市市民活動サポートセンターで開催されます。

テーマはきこえない子どもを持つ保護者の当事者研究〜子育てに関わる困りごとから見えてくること」です。講師として、滋賀県立聾学校教諭西垣正展先生がいらっしゃいます。


 午前中は講演で、午後の部では模擬ディスカッションが開催されます。


聴覚障害児の社会的自立について、保護者はどのように関わっていけばよいか、周囲はどのようにサポートしたらよいかを、保護者が感じる困りごとを出し合いながら、聴覚障害児の子育てに必要な視点をみんなで一緒に考えていきます。

 ご興味のある方は、ぜひご参加ください。


申し込みフォームはこちら↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdPBsuLOeLk3vSQwpGtLD9MTewfZKPHMQ9Kt_Zm6La7iasAeA/viewform


チラシはこちら↓

20200201-miyagiroukyouiku.pdf

※参加費:1500円(高校生以下無料)
※託児無料
124日申込〆切、申込フォーム、または下記メールアドレスでの受付。
※問合せ
みやぎの聴覚障害教育を考える会 事務局
E-mail
miyagideafedu@gmail.com

本日9時より開館 今年もよろしくお願いいたします [2020年01月05日(Sun)]
2020年、新しい年が始まりました。

たがさぽは、本日1月5日(日)9時より開館しました。

今年も、情報収集に、相談に、お気軽にお立ち寄りください。
また、地域のイベントやみなさんの活動する現場にもおじゃまさせていただきながら、みなさんの想いを応援してまいります。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

スタッフ一同


DSCN8858.JPG