• もっと見る
« 2024年03月 | Main | 2024年05月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
tagこぼれ話@加瀬沼公園プレイパーク [2024年04月04日(Thu)]
こんにちは。スタッフのきょうごくです。
本日は4月1日に発行されたtag109号で取り上げた加瀬沼公園プレイパークについて、記事に載せきれなかったこぼれ話をお届けします。

プレイパークとは子どもが自分で遊びを見つけ、作り出すことができるよう工夫された遊び場のことです。子どもの興味や関心を引き出すよう、遊びの環境を作るプレイリーダーがおり、思わぬケガやトラブルがおきないように見守ります。

2023年10月から開設された加瀬沼公園プレイパークを実施運営する冒険あそび場ネット・プレーワーカーズ共同事業体の廣川和紀さんと斉藤信三さんに、印象に残ったエピソードを聞いてきました!

廣川さん「まいぎり式火起こしセットで火起こしに挑戦している親子がいたのですが、慣れない作業に悪戦苦闘。そのうちに父親の方が本気になってきて、親子で真剣に取り組んでいました。そんな親子の周りには自然と人が集まり、成功すると周りも巻き込んで歓声が起きました。その瞬間、初対面の人たちの中にちょっとしたつながりができたことが印象的でした。最近はリピーターも増えてきて、ここで作った工作を持ってきて続きを作る子どももいます」

24077950.jpg

斉藤さん「風が強い日にスズランテープを風の力に任せて飛ばしてみると、あっという間に100mほど伸びていきました。慌てて回収すると、その様子を一部始終見ていた子どもがぐしゃぐしゃに回収したスズランテープを丁寧にほどいていてくれたのです。時間はかかりましたがキレイにほどけたスズランテープを見て、その子はとても満足そうにしていました。大人にとっては面倒と感じたり意味がないように感じることでも、子どもにとっては遊びになるものなんだな、と改めて感じました」

 加瀬沼プレイパークは子どもや保護者のためだけではなく、多世代の方や地域の方も一緒につくりあげる「居場所」になることを目指しています。2024年3月23日からは、砂遊びや水遊びが可能な新たなプレイパークエリアがスタートしました。隣接する管理棟ではプレイパークで遊ぶ子どもを見守りながら休憩することができる多目的スペースやテラス、授乳室、おむつ替えスペースなども設置しています。

「公園へ行っても家族だけで遊んでしまいがち」という方も、周りとのゆるいつながりを感じながら地域とともに子育てを楽しんでいくのもいいかもしれませんね。


line_shibafu.png


加瀬沼プレイパークについてはtag109号で紹介しています。
市内の公共施設やお店で配布しておりますので、ぜひ手に取ってご覧ください!

加瀬沼プレイパークの開催日程などはこちらから → 

Posted by きょうごく at 10:00 | ニューズレター | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ