CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年12月 | Main | 2022年02月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
こどもたちの未来のゆめを聞こう 〜ゆめ大会〜 [2022年01月18日(Tue)]
みなさんこんにちは、たがさぽスタッフの齋藤です。



木曜日は、NPO主催のイベントをご紹介しています。


「第17回ゆめ大会」

が1月29日(土)に多賀城市文化センター小ホールにて開催されます。
→市内の新型コロナウイルスの影響を受け中止となりました。(1/27)


主催する生涯学習100年構想実践委員会は、市民の手で学びの場を企画し、学習機会の提供、環境整備等を行っています。市内の小学生を対象にしたあすなろ教室の開催や、花の寄せ植え教室や干支の折り紙教室、味噌作りなど様々な市民講座を開催しています。多賀城市内の子どもから高齢の方まで、あらゆる世代に学びの場を提供しています。

また、万葉集の選者のひとり、大伴家持(おおとものやかもち)にちなんで名付けられた多賀城の名物「やかもち鍋」を、市内イベントや学校行事で提供しています。









「ゆめ大会」もその活動のひとつで、多賀城市内の各小中学校の代表者10名が未来のゆめをテーマに、大勢の観衆の前で自分の将来のゆめを発表する貴重な場です。これからの社会を担っていく子どもたちが、一人ひとり夢や目標を持って大きく成長してもらいたいという願いを込めて開催しています。

毎年、この時期に行われるゆめ大会。皆さんもぜひ足を運んでみて下さい。忘れかけていた自分の思いや、今の子どもたちが将来についてどんなことを考えているか、きっとその思いが伝わります。



SKM_C45822012010250.jpg


●日  時:令和4年1月29日(土)10:00〜12:00

●会  場:多賀城市市民会館小ホール(文化センター内)

●参 加 費:入場無料

●プログラム:「未来のゆめ」発表…多賀城市立小学校・中学校の代表者10名

●主  催:生涯学習100年構想実践委員会

●共  催:多賀城ロータリークラブ

●後  援:多賀城市教育委員会

親子でキラキラきらきら光る防災バッグつくりませんか? [2022年01月18日(Tue)]

本日、2度目の投稿です。
スタッフの川口です。
2月11日に開催する防災イベントをご紹介します!

こちらのイベントはオンラインワークショップとなりました!(2022.1.27追記)
防災バッグキットをお届けしますので、ご自宅で一緒につくりましょう!
10:00〜11:00(制作と情報交換)での短時間での開催となりますので、ご参加ください!

家庭での防災意識を高めるべく、「親子でつくる!キラキラ光る防災バックづくり」を開催します!こちらも防災士の資格をもつ郵便局長さんたちとアーティストの方がおしえてくれます!

防災バック1.jpg

防災バッグになにを入れておくかを親子で考えるのもいいですね!


こちらは小学生以下の親子対象になっております!
参加無料で開催します。

15日から募集開始となっておりますので、お電話かフォームからお申込みください。
(コロナウィルスの感染拡大状況によっては、延期や中止になる可能性もございます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 親子でつくろう!
 キラキラ光る防災バッグづくり

防災バック4.jpg

光をあてるとキラリと光る反射シートのパーツを自由に切りはってバッグをつくります


防災バック2.jpg

光をあてるとこんなに光ります!夜でも安心ですね


  と き:2月11日(金・祝)10:00〜11:00
  ところ:多賀城市市民活動サポートセンター
     *参加無料 オンライン開催

   対 象:小学生以下の親子 15組
   準備物:はさみ・アイロン・厚紙など 
       *詳しくはお申込みの方にお知らせいたします!
    申込み:電話・フォームからお申し込みください

防災バッグづくりQR.png


まめまめ保育園・防災士の郵便局局長さんと おさんぽ防災訓練してきました! [2022年01月18日(Tue)]
こんにちは。
スタッフの川口です。

先日の夜中の津波注意報発令、びっくりしましたね。
みなさんは、どのようにお過ごしだったでしょうか。
いつ起こるかわからない災害にどう対応できるか、日頃から考えることが大切ですね。

さて、今日は12月20日(月)にアイリンブループロジェクトと防災士の資格をもつ郵便局長さん、桜木北区にあるまめまめ保育園のみなさんで行った「こども防災の日をつくる会」の防災訓練フィールドワークをレポートします。

この訓練には、多賀城市の交通防災課の方や多賀城市社会福祉協議会、こどもの防災に興味のある活動団体の方なども参加しました。

IMG_0036.jpg

この日の訓練は、まめまめ保育園の園児のみなさんと先生たちがいつも散歩に行くコースで地震が起こった時を想定して訓練は行われました。
0〜2歳児を預かるこの保育園ですが、散歩コースはたくさんあり、なんと約1.2km先もお散歩が当たり前のようです。

ですが、その散歩先でもし地震にあったらどこへ逃げたらよいのでしょうか。
だれも知っている人がいない場合も想定されます。

IMG_0050.jpg


今回は大代地区にあるモウちゃん公園までいつも通りお散歩に行き、そこで地震に合うという想定で訓練はおこなわれました。

保育園をいつも通り出発し、砂押川沿いの土手を歩いて散歩します。
柵はありますが、途中切れているところがないので、どちらに逃げたらよいか心配です。

IMG_0060.jpg

保育園の先生方の不安な点と防災士の視点で確認しながら歩きました


まめまめ保育園のある桜木北区は浸水被害も甚大で、近くで河川の決壊がおこっている地域でもあります。
多賀城は高い場所が少ないため、ビルや建物への垂直避難を中心に避難経路を考えました。

避難経路ははじめ保育園の行っている散歩コースをもとに保育園で計画し、そこから郵便局長やアイリンブループロジェクトのみなさん、多賀城市の交通防災課のみなさんと集まり、いろいろ意見交換し避難経路を決めていきました。

IMG_0069.jpg

今回はもうちゃん公園(大代地区)で地震が起きた想定でした

もうちゃん公園からの避難先の一つは、東日本大震災の時も住民の避難先となった小野屋ホテル。もちろん子どもたちが中に入るのは初めての経験です!


IMG_0081.jpg

避難場所の小野屋ホテルさん。はじめてお邪魔します!

ホテルの中ではお散歩用の移動車から子どもたちを先生が背負い、階段を避難していきます。

IMG_0090.jpg

津波を想定し、標高10mを目安に避難。ホテルの3Fくらいまで避難します。

IMG_0094.jpg

みな揃って一安心。確認も真剣です

次の避難先は共和電業さん。なかなか普段は訪れることはありません。
和やかに出迎えてくださいました!

IMG_0127.jpg

みなさんで記念写真も。顔見知りの関係が大切ですね


地域の一時避難所になっているビルを見せていただき、避難場所を確認させていただきました!地域の人と顔の見える関係ができるととても安心ですね。

大代地区にある小野屋ホテルさんと共和電業さんを繋いでくれたのが、地域の郵便局の局長さんでした!大代地区郵便局の局長さんが会議の後、声がけくださり顔のみえる避難先をつくることができました。

IMG_0113.jpg

今回、このフィールドワークには防災士の資格をもつ多賀城の局長さん、利府の局長さんにご参加いただき、防災士としての視点での保育園の防災訓練をお手伝いいただきました。

IMG_0139.jpg

大代地区の細い道も気を付けます

防災訓練は自分たちだけでやっていると慣れてしまったり、気づかなくなってしまうこともあるので、防災の視点を持つ人たちにお手伝いいただくことで、これまで気づかない危険に気がついたり、いろいろなメリットがあるかと思います。

IMG_0104.jpg

ブロック塀が崩れる危険も確認しました!ブロック塀の側は歩きません!

多賀城にはたくさんの保育園・幼稚園があります。
計画を実践してみることで、地域を巻き込み、周囲の人も子どもたちを守りたいという防災意識を持つのかもしれません。ぜひ、この取り組みが広がっていけばと思います!

たがさぽもだれも取り残さない地域の防災の取り組みを応援します!



| 次へ