CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
平時も非常時も−フェイズフリーという考え方 [2021年09月16日(Thu)]
みなさん、こんにちは。スタッフのなかつです。
毎週木曜日は、市内外の取り組みや団体をご紹介します。


9月半ばを過ぎましたが、まだ台風による災害には注意が必要な時期が続きますね。
東日本大震災から10年半が経過し、震災を経験した人もしていない人も、もしものときのために、日ごろからの備えが大事ということはわかりつつも、なかなかできていないことがあるかもしれません。
災害が起きたときだけに使う、普段とはちがうモノや仕組みは、いざというときに活用できないことも考えられます。

そこで、普段私たちの身の回りにあるものやサービスを「日常時」と「非常時」という2つの時間(フェーズ)でわけることをやめて、防災のための特別なコトやモノではなく、「日常時」も「非常時」も活用するフェイズフリーという考え方があります。

*いつも使っているモノやサービスを、もしものときに役立てることができれば、いつの間にか備えていることになる。
*普段の生活も、災害発生時も、どちらもより快適に過ごせる。


そんな考え方に基づいたモノ、仕組み、アイデアを賞する「フェイズフリーアワード」が今年初めて行われました。

ウェブサイトでは、フェイズフリーなモノやコトを見ることができます
https://aw.phasefree.net/audience-vote/
フェイズフリーの考え方を詳しく知るにはこちら
https://phasefree.org/


みなさんもフェイズフリーを取り入れて、身近な備えを見直してみてはいかがでしょうか。



当センターでは、9月25日(土)に
Tagajo Sustainable Relationship2021会議
「防災&インクルーシブなまちを考えるシンポジウム」

をオンラインで開催します。

私たちが暮らすまちには、外国人、障害者、転勤族、子育て中の人、LGBTなど、多様な人が暮らしています。今回は、防災の取り組みから、多様性を取り込みながら地域の課題を解決することを考えます。
このシンポジウムでも、災害という非常時だけでなく、平時の取り組みもキーになりそうです。
多賀城で暮らす当事者のみなさん、多賀城で防災を学ぶ高校生のみなさんと一緒に、考えてみませんか。


Tagajo Sustainable Relationship2021会議
「防災&インクルーシブなまちを考えるシンポジウム」>


日時:9月25日(土)14:00〜17:00
オンライン開催
参加無料・要申込
詳細・申込方法はこちらから
| 次へ