CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年05月 | Main | 2021年07月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
多賀城市上下水道部によるパネル展開催! [2021年06月03日(Thu)]
こんにちは、スタッフのおがさわらです。

本日、2回目の更新は、2階フリースペースの展示のご案内です!


6月1日〜6月7日は水道週間です。
水道について国民の理解と関心を高め、公衆衛生の向上と生活環境の改善を図るために制定されているそうです。

この期間内、たがさぽの向かいにある多賀城市上下水道部がパネル展を開催しています!

DSCN0400.JPG

水道水にまつわるパネルや、地震に強い水道管(耐震管)の模型などが展示されています!

DSCN0396.JPG

耐震管の模型は、地震発生時、水道管が伸縮したり折れ曲がることで地盤の変動に対応する様子を、実際に動かして確認できるようになっています。

耐震管は、数々の大地震で高い耐震性を証明しているそうです。
市民のライフラインを守るために、さまざまな工夫が凝らされているんですね!

DSCN0397.JPG


皆さんも、普段あまり考えることのない“水道の蛇口の向こう側”について、思いを馳せてみませんか?


★☆★☆イベント情報★☆★☆
多賀城市上下水道部 第63回水道週間パネル展
日にち:2021年6月1日(火)〜6月7日(月)
時 間: 9:00〜21:30 日曜のみ9:00〜17:00(たがさぽ開館時間内)
会 場:多賀城市市民活動サポートセンター 2階フリースペース
内 容:パネル・模型の展示
費 用:無料
わが家に保護猫がやってくる!?〜トライアル編〜 [2021年06月03日(Thu)]

こんにちは。スタッフの浅野です。

毎週木曜日は市内外の取り組みをご紹介しています。

今回はわが家に保護猫がやってくる!?〜譲渡会編〜 の続きをお届けします。



宮城県内で保護猫活動に取り組む市民グループマオメオ・キャットクラブの譲渡会で出会った子猫たち。

それぞれの性格を理解するため、トライアルとして7日間自宅で一緒に過ごしてみることになりました。




●保護猫を迎える

トライアルスタート当日、保護団体のスタッフの方に連れられて2頭の元気な子猫がやってきました。


好奇心旺盛で物怖じしない 茶トラくん(^・ω・^                                                 

内向的で何事にも慎重な キジトラくん^・・^)

                                                                                                                      

保護された場所は違いますが、預かりボランティアさん宅で兄弟のように仲良く過ごしてきたそうです。わが家は日中留守にすることが多く、寂しい思いをさせてしまうかもしれないので2頭一緒を希望しました。




●飼い主としての心構え

もし猫たちを迎え入れたら、これから10年以上も生活を共にすることになります。ペットのいる生活は楽しいですが、手間のかかること、お金のかかることも増えます。最期まで責任を持って飼い続けられるかどうか、トライアル期間にじっくり考えました。




@P_20210213_110227.jpg



猫は個性の集まりです。初対面のときからは想像もつかない甘えん坊になったり、突然クールになったり、やんちゃになったり。こちらの想像をはるかに超えるおもしろさがあります。新しい家族と過ごす中で、そうした変化のプロセスを楽しめるのも保護猫を迎える醍醐味ですね。



こうしてトライアル終了後、猫にとって快適な環境を守ること、終生飼育などを保護団体と約束して

正式に迎え入れることになりました!



AP_20210213_110155.jpg






猫と人間の共生

猫たちがわが家に来て数か月経ちますが、新しい環境にもすっかり慣れて大切な家族の一員になりました。

保護団体が県内のさまざまな場所に足を運んで保護し、検査や治療などの初期医療を受けさせて、愛情いっぱいに育ててくれたおかげです。団体の方には今でも定期的に成長の様子をお知らせして、猫と楽しく暮らせるコツをおしえていただいています。


昨年のマオメオ・キャットクラブの譲渡総数は100頭で、里親さんから猫を迎え入れたいと考えている方の紹介があったり、新しいご縁が広がり続けているそうです。                              最近はコロナウイルスの影響で譲渡会の開催が難しいようですが、猫との共生を考え、猫も人間も一緒に幸せになることを目指し活動を続けています。






猫の罫線.png


マオメオ・キャットクラブFacebook

★不定期にイベントを開催し、猫グッズの販売を行っています。詳しくはFacebookでの告知をご覧ください。また、猫の預かりボランティア、送迎ボランティアも募集しています。




続きを読む・・・
Posted by 浅野 at 10:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ