CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
青い鯉のぼりを寄付しませんか? [2021年05月27日(Thu)]

こんにちは。

スタッフのさいじょうです。


屋根より〜高いるんるん鯉のぼり〜るんるん(突然失礼しました)


私がいつも通る道に、4月下旬から大きな鯉のぼりをあげているおうちがあります。

青空で悠々と泳いでいる姿を見て、あ〜もう5月だな〜気持ちよさそうに泳いでいるな〜とついつい時間を忘れて眺めてしまう場所です。


5月に活躍した鯉のぼりは、来年まで大空での遊泳はお預け。そして、子どもが大きくなるなどするともう引退し、物置にしまい込まれてしまうのかなと、思うことありませんか?


今回は、おうち鯉のぼりがまた活躍できる場、

『青い鯉のぼりプロジェクト』をご紹介します。


『青い鯉のぼりプロジェクト』は東日本大震災で犠牲になった子どもたちが天国で寂しくないようにと、鎮魂の祈りを込め、たくさんの青い鯉のぼりを空高くあげるプロジェクトです。

プロジェクトのきっかけは、当時高校2年生だった青年が東松島市にある自宅の庭で見つけた一匹の青い鯉のぼりでした。5歳で犠牲となった彼の弟が大好きだった鯉のぼりを「皆のことはいつまでも忘れない」という想いで空に掲げたことでした。

以来、青い鯉のぼりを、東松島市の街や人々の復興のシンボルと鎮魂の意味を込めて掲揚するイベントなりました。そして地域の絆の再生と青い鯉のぼりに込めた思いが風化されないよう、100年先のお祭りとなっていけるよう取り組んでいます。


なぜ青か?ご存じの方もいるとは思いますが、鯉のぼりは、真鯉(黒)が父親、緋鯉(赤)が母親、一番小さな鯉は子ども、青だからなのです。


そこで!ご自宅に眠っている青い鯉のぼりがある方は『青い鯉のぼりプロジェクト』に寄付をしませんか?


子どもの成長を見守り、もう子どもたちは巣立ってしまった。もう鯉のぼりは空に上げない、いま物置で眠っている、そろそろ処分しようと考えている方がいましたら、ぜひ、青い鯉のぼりを寄付してはいかがでしょうか?


ひらめき送り先は

987-0012 宮城県遠田郡美里町字素山町65

青い鯉のぼりプロジェクト事務局 まで


もっと詳しく知りたいと思った方は、こちらをご覧ください。


青い鯉のぼりプロジェクト - ホーム | Facebook


青い鯉のぼりプロジェクト


koinobori.png


Posted by 西條 at 09:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ