CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
ブックレビュー『暮らしのなかのSDGs』+新刊コーナーのお知らせ [2021年05月08日(Sat)]
こんにちは。スタッフのおがさわらです。

本たがさぽ文庫本(たがさぽにある貸出図書)に新刊が入荷しました!
NPO、ジェンダー、福祉、まちづくりなど、
皆さんの市民活動を応援するさまざまなジャンルの本が30冊ほど追加になりました。


本日は、その中から、こちらの本を紹介します。


暮らしのなかのSDGs
編集・出版:アノニマ・スタジオ
発行:2020年12月21日



最近、日々のニュースを賑わす機会が増えた「SDGs」。
SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略で、「持続可能な開発目標」という意味です。貧困、格差、気候変動などのさまざまな問題を2030年までに解決し、世界に住む一人一人が「幸せだ」と感じることができるような未来にしていくための目標のことです。
例えば、飛躍的な経済成長を遂げた先進諸国では、環境破壊や公害が社会問題となることがありました。現状のままでは、地球の資源は限界を迎え、経済的にも環境的にも持続困難な社会となります。この「持続困難」な社会を脱却し「持続可能」な社会へ向かうための取り組みがSDGsです。

しかし、この説明だけでは、わかりづらいのが現状です。

こちらの本では、普段の何気ない暮らしのなかから、SDGsが掲げる目標につながる取り組みを紹介しています。

例えば、買い物をする時、
・賞味期限が迫っているものを買う
・地元産のものを買う
・過剰包装のものは買わない
これらに配慮するだけで、貧困、飢餓、健康など、複数分野の目標に働きかけることができます。

このように、毎日のちょっとした工夫が、住みやすい未来を作り上げる立派なアクションであることを、カラフルなイラストを交えながらわかりやすく解説しています。

この本で、手軽にできるSDGsを探してみませんか?


さて。
1階展示スペースで、この本を含めたたがさぽ文庫の新刊紹介コーナー
キーワードからさがす たがさぽ新刊本」を開催しています。

DSCN0290.JPG

ぜひお立ち寄りください!


本たがさぽ文庫本は、簡単な利用登録で、本の貸出が可能になります。
利用登録、貸出は無料です。

たくさんのご利用、お待ちしています!
| 次へ