CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年03月 | Main | 2021年05月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
子ども食堂を運営する施設・団体を応援!「赤い羽根みやぎ子ども食堂助成事業」募集 [2021年04月17日(Sat)]
こんにちは、スタッフの鈴木です。
子ども食堂を行っている団体向け、助成金のおしらせです。

NPO法人全国子ども食堂支援センターの調査では、子ども食堂は2020年末で5000所を超えており、前年度比で1300か所増えています。コロナ禍の中でも全国で子ども食堂が増えて、それだけニーズが多いことを表しています。ただ、通常の活動が出来ない所も多くて、お弁当の配布など、工夫しながら活動している団体も多いようです。
今回紹介する、むすび丸ピンバッジ募金「赤い羽根みやぎ子ども食堂助成事業」もこのような状況をふまえて、子ども食堂を支援しようと募集を行っています。

むすび丸ピンバッジ募金とは、宮城県観光キャラクター「むすび丸」とコラボしたピンバッジの売上を原資とした募金で、これまで集まったお金を子どもの支援に活用してきました。多くの方の善意に支えられているこの助成金、ぜひ子どもたちのためにご活用ください。

ひらめきこの事業のポイント
・すでに子ども食堂の活動を行っている団体も、これから行う予定の団体もOK!
・子ども食堂開催だけではなく配食・宅食の事業にも活用できます!
・任意団体(法人格のない団体)も申請OK!

以下、概要です。 

むすび丸ピンバッチ募金
「赤い羽根みやぎ子ども食堂助成事業」

omusubimaru.jpg


目的
新型コロナウイルス感染拡大の長期的な影響もあり、子どもたちの「孤食」や「孤立」、また「粗食」や「欠食」が増えるなど、子どもたちを取り巻く社会環境は悪化しています。そこで宮城県共同募金会は「むすび丸ピンバッジ募金」を原資として、県内において「食」の提供と「見守り」をとおして、安心して過ごせる子どもたちの居場所づくりに取り組む団体に、「子ども食堂」、及び「配食・宅食」の運営に掛かる費用などの一部を助成するものです。
さまざまな環境にある子どもたちが地域とつながり、将来に夢や希望を持って健やかに育つ地域環境づくりの促進を目的とします。

助成金対象事業
助成の対象となる事業は、次の要件をすべて満たしているものとします。
(1)宮城県内で実施されること
(2)主な利用者は18歳未満の地域の子どもであること
(3)年間を通じて計画的に運営するとともに、1回あたり2時間以上開催、または2か月に1回以上の配食・宅食を実施し、1年以上の継続的な活動を見込むこと(事業実施初年度は、この限りではありません)
(4)1運営日あたり5食以上提供できるように努めること
(5)食事の提供だけではなく、宿題等の自主学習の支援や生活相談支援、参加者同士が交流することができる環境づくりなどを行い、地域の人たちと安心して過ごすことのできる「居場所づくり」や「見守り」を実施すること
(6)新型コロナウイルス感染防止対策を講じること
(7)子どもの様子を見守り、必要に応じて各種関係機関と連携をとること
(8)事業実施時においては、常駐できる責任者を配置すること
(9)居場所を必要とする子どもを広く受け入れ、事業実施について、チラシの配布等により広く周知を行うこと
(10)協力者や支援者をひろげ、団体の継続発展に努めること(食材寄付等への働きかけや自主研修会の開催等)
(11)子どもに、無料又は低額で食事を提供すること。ただし、利用者から食事等の実費相当額を徴収することはできるものとする
(12)その他この要項の目的に沿った活動を行うこと
※1子ども食堂運営団体の連携を図るネットワーク会議開催事業は上記の限りではない。

助成対象外事業
(1)令和3年度事業共同募金助成を受けている事業
(2)国や地方公共団体等から補助金や助成金を受けている事業
(3)政治、宗教、営利活動を目的とする事業


助成対象団体
助成の対象となる団体は、次の要件をすべて満たしているものとします。
(1)宮城県内に住所を有する地域住民で組織し活動する団体、又は宮城県内で主たる活動の拠点を有する団体であること。
(2)定款・会則等を備えていること
(3)組織の代表者が明確であること
(4)明朗な会計及び経理を実施し、その報告ができる団体であること など

助成対象期間
令和3年4月1日から令和4年3月31日
(令和4年度も継続申請できますが、改めて審査があります)

助成金の内容
(1)助成対象経費
対象事業に要する経費(食料費・会場費・備品購入費・消耗費・研修費など)
(2)助成対象外経費あり

助成額
・令和3年4月以降に新たに事業を開始する団体【上限20万円】
・令和3年以前に事業を開始している団体 【上限15万円】
※ともに助成対象経費の5分の4以下まで


申請スケジュール
受付  受付期間                  交付決定等
第1次 令和3年3月29日(月)〜4月20日(火)交付決定 送金4月下旬(終了
第2次 令和3年5月6日(木)〜5月31日(月) 交付決定6月中旬 送金6月下旬
第3次 令和3年7月1日(木)〜7月30日(金) 交付決定8月中旬 送金8月下旬
    本会必着
1先着順に審査・決定していきます。
2予算の範囲内での助成のため、予算がなくなり次第受付を終了しますので、本会ホームページを注視してください。

提出書類
(1)申請書(様式あり)
(2)事業計画書(様式あり)
(3)収支予算書(様式あり)
(4)助成金送金口座依頼書(様式あり)
(5)団体の定款又は会則等
(6)役員名簿
(7)団体の収支決算書類、団体の活動内容を掲載したパンフレット等
※1既に活動している団体のみ提出すること。
(8)通帳の写し
(9)その他必要に応じて提出書類を求めることがあります。

お問い合わせ
社会福祉法人 宮城県共同募金会
TEL022−292−5001 / FAX022−292−5002
post@akaihane‐miyagi.or.jp

演劇詳しくはこちら→宮城県共同募金会 赤い羽根共同募金HP  
位置情報募集要項PDF ★★★
Posted by 鈴木 at 19:34 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ